乾季限定 東ロンボクの塩田

a0310535_17484975.jpg
東ロンボク 南東の島々やビーチに行く船が出ている タンジュン・ルアールは
インド洋の大きな回遊魚があがる町としても有名ですが 塩も有名
港の手前の道沿いに昔からある塩田と釜炊きの作業場があります。
以前は塩田が多かったようですが 作業が大変なこともあり 徐々に数が減っているようです。
a0310535_17493488.jpg
8月にも 島々を見ようと お友達とこちらを訪ねた際に 2月に来た時にはなかった塩田に人がいて 
結晶化した塩を集めていました!なるほど雨の降らない乾季限定なんだねー
a0310535_17514659.jpg
しかしこの日は海は季節風が吹き荒れ 海は冬の日本海のような鉛色、、、白波もたってるし^^;
さすがにこの状況で船を出しても 絶対楽しめないってことで急遽島めぐりはとりやめ 
塩を作ってるところ見に行こうということに。
a0310535_17502733.jpg
塩田は近くまでは近づけなくて 遠目に眺めるだけでした。。。

太陽の熱で蒸発してきた塩田の表面の塩をなるべく上澄みだけ 土
混ぜないようにそろーーっとあつめていました、集中力が必要な仕事ですね。

日本の塩田のように 塩水をまいたりしているような感じはなかったです、どうやってこの海水ためたのかな?
a0310535_17504440.jpg
しかし周囲はなんだかドロドロの田んぼみたいだし すぐ横には車やバイクが往来してるし、、、
ゴミもういてる、、うーーーむ な環境でした。
a0310535_17512997.jpg
この目の前で売ってた塩、 以前は市場の塩って なんか汚いなと思ってたんですが 
いつのころからか 綺麗な塩が手に入るようになってたんです。
汚かったのはこの塩田の天然塩だったんでしょうねー

この釜炊きの塩作る作業場もこの近くにあります、次回はこちらのご紹介!
a0310535_17513984.jpg
この塩田の前にある家の子供、、、なんか ほっこりする風景ですよね


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-11-14 17:56 | ツアー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 一年中見学できる東ロンボクの塩工場 ウワサのピンクビーチは遠かった >>