カテゴリ:ツアー( 26 )

ナングーのついでに ギリ・クディス

a0310535_12072389.jpg

スコトンの小さなギリ3島から帰る途中にある 小さな小さな島 ギリ・クディス  グーグルアースで見ると このあたりです。
a0310535_13171836.jpg

この島が上から見るとハート型??とかいう話になり 最近は訪れる人も増えているらしい。
しかし グーグルアース上で見ても、、、ハート???どこが?てな形なんですけど。
a0310535_13173113.jpg
いろいろ検索してみたけど あんまり情報がなく^^;
a0310535_13145817.jpg
a0310535_12073556.jpg
ただすっかりメジャーになってから 島には掘っ立て小屋(お店?)ができちゃって、、、こういうところロー
カルのやることはまったくもってセンスないので 残念です。

a0310535_14550401.jpg
http://hellolombokku.com/wp-content/uploads/2015/05/42.jpg

このネットで拾った画像を見ると このときはまだ掘っ立て小屋も手前のブルガもない、、この時に行ってみたかったなー

a0310535_14563633.jpg

海の中もサンゴがかなり元気で 魚もナングーほどではないですが 餌やると集まってきましたよ!

ここでも係員がいて 入島料金 Rp5.000/1名が徴収されます^^; ご苦労さんです。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-31 14:58 | ツアー | Trackback | Comments(0)

めっちゃロマンチックな海のブランコ@南ロンボク

南ロンボクにある 観光地としても有名なタンジュンアン・ビーチ
こちらのビーチ 星の砂のイガイガを取ったような まん丸の1ミリくらいのまん丸い砂と超きれいな海の色が名物。
けっこう広いビーチですが ビーチの真ん中にある 丘のようなところを境に 海側に向かって左がそのまん丸砂 右が真っ白のパウダーサンドビーチ
この丘に上がって 左右を見ると明らかに砂の色が違ってて 不思議で面白い場所です。
その白いパウダーサンドビーチほうに最近???現れた 海の中にあるブランコが とっても素敵

a0310535_00375977.jpg
写真撮った時そんなに潮も入ってきていなかったんで ちょっと海の中って感じでもないんですが。
素敵な水着の美女が乗ってくれて ここぞとばかりに写真撮らせてもらいました(笑)彼女の前は野郎2人組、やっぱり若いお姉さんのほうが絵になるな

a0310535_00384669.jpg
今までこっちのパウダーサンドのほうにはほとんど来た事なかったんですが しばらくこちらのビーチも人気者でしょうね!
PCで見ている方は画像クリックで大きな画像になりますよ


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-17 00:47 | ツアー | Trackback | Comments(0)

おぉーこんなんあります、北ロンボクの農産物

a0310535_01400154.jpg
↑ 下りトレエアンルートで見た 渓谷のV字の真ん中に1本の大木と その後ろにはまっすぐの雲がひとつ!絵のような風景でした。
a0310535_01414245.jpg
ところで リンジャニ トレッキングの出発地は リンジャニ山の北側にある スナルとスンバルン

このあたりは標高が高く 涼しいので 色んな野菜や果物などが作られてます。

今回 トレッキングのスタートとゴール間際にも 山で作られてる作物に出会いました。

スナルは歩き始めてまもなく ジャスミンの花のような けっこうキョーレツなカオリがプンプンしてて なんだろうなーと思ってたら・・・
a0310535_01430836.jpg
なんと道の両脇の農園では コーヒーの花が満開を迎えていて その花の香でした! 

a0310535_01441204.jpg
実をつけてる枝も、、、コーヒーって コーヒー豆っていうくらいやから この果肉の中にあのコーヒー豆の形をしたものが2つ対で入ってるんですよね
以前生の実から豆取り出して口に入れてみたけど、、、お腹痛くなりました(苦笑)でもちゃんとコーヒーの味してた!
スナルでは花が満開でしたけど トレアンのふもとの村では コーヒー豆がたわわに実ってたり、、、コーヒーって季節ないのかな?

3日目の最終日 麓の村の手前に農園があって、、、カカオがあっちにもこっちにも こちらも収穫の季節みたいでした。

a0310535_01480010.jpg
これもこの果物みたいなんの中にカカオ豆がいっぱいつまってて、、、周りの黄色くなった果物の部分も食べれます。
これ取り出して発酵させてからチョコレートの原料になっていくんですねぇ。。。



a0310535_01495810.jpg
カカオの実 はこれまで何度も見たことがあるんだけど お花はまだ見たことなくて、一緒に歩いた友人が教えてくれました、
上の実がなってる木と同じ枝に 小さな花が この実が並んでるのと同じように一つの枝に3つ咲いてて。。。
おしえてもらわなかったら 見逃してしまうところでした。

以前のトレッキングではこんな木の下にバニラの花が咲いてたり、、、 とにかくロンボクの北側は豊かな感じです。

スナルやスンバルンに行く道の途中にいっぱいあるのが・・・・

a0310535_02021587.jpg
大きな木にこんな実がいっぱいぶら下がってます、こちらは1年でこの時期に実がなるようです。

このカシューナッツがロンボクのお勧めのお土産でもありますよ~マタラムでは Fhoenix food という会社が土産用に
5種の味 (インドネシアの味って感じのスパイシー味=お勧め 塩味、はちみつ味、ロースト、甘い味のもの)があって
大きさも 飛行機の機内で配られるような バラマキ用のサイズから ちょっとお徳用復路、箱入りと 大きさもいろいろあってGOOD
スンギギの最近できてきた大型の土産物の店でも必ずこの会社のカシューナッツ(ほかピーナツとかいろいろ)おいてますが
マタラムの工場直営店は 土産物屋の半額くらいで購入することができます。 大量に買うなら直営店がお得です。
a0310535_02141080.jpg
肝心の商品の画像が、、、ないです(笑) 食感はクリスピーで もりもり食べれちゃいます^^; 

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-12 02:22 | ツアー | Comments(0)

2年ぶり 3度目のリジャニ山歩き その4

3度目のリンジャニの山歩き最終日 3日目早朝 西の空の満月をまた見ることができました。

a0310535_18445392.jpg

今日も早朝からの出発 今回はスナルとスンバルンの間にある トレアン・ルートを行きます。
こちらのルートは主にローカルが湯治やお祈り用に利用するルート

a0310535_18451425.jpg

今回ガイドを兼任してくれた ポーター頭、毎回お世話になって 今回で3回目
20キロくらいの荷物をかついで一緒に歩いてくれました、おかげで通常の荷物抱えては到底歩けない私もマイペースで歩かせてもらうことができます。
これ日本でやると かなりの費用になりますが リンジャニは1日20ドルx日数+チップでこんな殿様トレッキングができます ^^;本当にありがたい存在です。

a0310535_18453200.jpg

山歩きの途中では けっこうな数のローカルと出会いましたが ほとんどが湯治のための山登り、下り出して 少ししたところにも いくつも温泉がありました。

a0310535_18455060.jpg

いつもは のほほんとしたポーターさんたち いつもと違うルートというのもあるんだけど このルート 渓谷沿いを歩くので 足を滑らせたら最後、、、、というような箇所がいくつもあるので 「写真は撮らないで、歩くことに集中してー!」と何度も言われてしまって^^;

a0310535_18460657.jpg
a0310535_18463692.jpg
中間地点のところは あーーほんま危ないなぁってところがあって いったん止まって 写真撮ってからは 集中して歩いてました。
↑この画像のあと 一歩足を進めると

a0310535_18464367.jpg
こんな感じ、、、もちろん手すりなんてないです(あっても怖いから使いませんが) 
バリのヒンドゥー教の聖地でもあるこの山 たまに大人数で湖まで登ってお祈りしたりするらしいんだけど ここから落ちちゃう人っていないのかなーと思います。

そんな地形なので 実は見晴らしもとてもよく 途中 3つの滝も見ることができました!

a0310535_18584356.jpg

一番目は細~~い水が可憐に流れる女神のような滝、そこそこ高さがありました。 パンチョルマスの滝

a0310535_18585917.jpg
2番目はプニンブン

a0310535_18592584.jpg

3番目は真打! プロポッの滝 すばらしい滝でした、神様絶対いてるーーー!
高さも100mはあるんじゃないでしょうか? 上から見下ろすような角度で見ておりました。
この滝 以前空港に飾っている写真で見たことがあり この滝見てきたい、どこにあるんだろうと思ってたところだったんで 感動100倍! この滝つぼに行くにはきっと何時間もかかりそうで 人間を寄せ付けない荘厳さがまた魅力、、、、いつか下の道(あるのか?)で滝つぼに行ってみたいけど、、、、


このあとは 熱帯雨林に入って行って ここの中をまた3時間ほど歩き、、、、結局ふもとの村まで8時間くらいかかってしまった。。。足が遅いのもあるんだけど 予想よりはるかに距離があってびっくりでした。。。。

森の中でもこれから上に上がるローカルにたくさん出会いました、下で会う人は軽装の人が多かったんだけど、、、どこまで行くのだろう?


a0310535_19072741.jpg
変な話ですが このローカルルートは 途中ラーメンやお菓子の袋が散乱してる箇所があちこちあったんですが 普通のルートの道脇にあるトイレットペーパーが皆無(笑) ローカルも外国人トレッカー(主に女子か?)もそれぞれ ゴミを減らすことを考えないとですねーー。
a0310535_00545793.jpg
無事3日間の山歩きを終えることができました! 次はいつかな~?


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。




インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-09 19:17 | ツアー | Trackback | Comments(0)

2年ぶり 3度目のリジャニ山歩き その3

a0310535_17224017.jpg
今年は8月初旬と 私たちが登ったあと10日後 27日に噴火したカルデラ湖にある新山(Gunung Barujari)
活火山なので ずっと噴煙をあげてます、2年前は山肌の横に穴が開いてたのが 8月の噴火で大きくなってました。

a0310535_17224993.jpg

2日目 スナル側のクレーター上に9時ごろ到着
ここでちょっと休憩したあと 湖に降りていきます、去年 GeoPark指定になったので その審査前に整備したのか 下りのちょっと危険そうな箇所には鉄柵が設置されたりして 整備されていました。
でも色んな人がすごい負荷をかけて 手すりをつかむのを想定していなかったからか あちこち鉄柵が壊れてたんで あんまり信用しないほうがよさそう。

2時間半くらいで湖に到着

a0310535_17231216.jpg

ランチをいただいて 向かったのが今回のお楽しみの温泉

a0310535_17230216.jpg
キャンプ場から5分ほど下ったところにあります。

a0310535_17231970.jpg
2年前はスンバルン側の往復のみで 湖には下りなかったので 6年ぶりの温泉でした。
6年前は乾季の最後の時期ということもあり 通常は雨がないので 温泉も水が全然なくてへ入れるところが一か所しかなかったんだけど、、、ほかにもあったけど熱湯状態でとても入れたもんじゃなかった
a0310535_17241128.jpg
6年前の場所は ローカルの湯治場になっていて テントが張られ 湖で釣ったんだろう魚が開きにされて岩の上で干物状態に・・・(笑)6年前には全然見かけなかった=お湯がなかったからかな?
午後3時すぎだったので 岩場の隅でお祈りするお母さんの姿も(笑)
a0310535_17241657.jpg
今年は乾季らしくなく 雨が降る日もけっこうあったので 山でもけっこう雨があったんでしょうか?普通にたくさん入れるところがありました。


前に入ったところはそんな感じで ローカルが占拠状態だったので 今回もうひとつ下にあるというところに連れていってもらいましたよ。

a0310535_17250206.jpg
おぉぉぉーー温泉の滝の下には大きな温泉が!いやーこれはすごい
私たちのほかには ジャワから来たという 若い男子3人組だけで のんびりつかりました。
ただ足元が見えないし 入ってみるとけっこう、、深い!ひえーーー実は溺れた人もいるらしい、、、

a0310535_17250876.jpg
お湯加減は温水プールより 少しぬくいかな~ってレベルで ずっと入ってられそうだけど 
日本人としては やはり上のきゅっと熱いお湯に入りたかったな

温泉から帰ってほどなくすると今夜のお月さまが東の山の陰から登ってきました、月明りでクレーターの回りがてらされて幻想的な雰囲気でした。(写真暗すぎてムリ)
a0310535_17254331.jpg
今宵もありがとうございました!




おまけ:今回 悲しかったのが キャンプ場、
キャンプを張る場所は6年前もゴミがたくさんあって 汚かったんですが 今回のこの湖は最悪の汚さで びっくりしてしまった。

a0310535_17260990.jpg


原因は 6年前にはいなかったローカル(ジャワあたりから)のポーターをつけない個人客が増えたからか?この日もキャンプをあとにする ローカルの若いお兄ちゃんがゴミをそのまま置き去りにしようとしたので「ゴミ持って帰らんとあかんよー」って注意したんだけど 持って帰らず。
a0310535_17261525.jpg
そのほかには6年前にはなかったゴミ箱がある! きっとGeoParkの審査の時に設置したんだろうけど
ゴミ箱がある=ゴミおいていっていいよって意味ですよね? 回収に来るなら問題なしだけど 審査の頃は毎週のようんにあった回収人員が GeoParkに決まってからは1か月に1度くらいしかなく、、、 そりゃゴミだらけにもなりますわな、、、じゃぁゴミバコ撤去しろよと言いたくなります。
外国人からは Rp125.000/名もの入山料を払わせておきながら (1日何百人も入山しているはずです)そのお金は何に使ってるのか?って聞きたくなるような話です。

湖も食器を洗ったりするので 6年前に比べて水がとても汚くなっていて 魚も以前は入れ食いで釣れたのが ほとんどつれなくなってきてるらしく 早急に手を打たないと大変なことになるんじゃないかなと、、、
今年2度の噴火も この惨状を見たら 山の神様が怒っているようにしか思えないです。




ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。じわじわと順位が上がって毎日の楽しみになっています(笑) 


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

9/27の噴火についてのロシア?のウェブ記事 389人がミッシングとあるけど その記事の中に
Sutopo Purwo Nugroho @Sutopo_BNPB

Wisatawan banyak yang turun dari puncak Gunung Rinjani melalui pintu Semaru. Semua selamat dan baik kondisinya.
全員無事とインドネシア語で書かれています、見出しの修正しろーって言いたいです。
私も10/3にスナルとスンバルンのふもとに行きましたが 山からの噴煙は見えず(曇りでしたが)現場はいたって平常でした。

メディアが適当な事書いて困るのは 地元のポーター、ガイドです、、、こんな報道のおかげで1週間仕事がありません。


https://www.rt.com/news/360912-tourists-missing-volcano-indonesia/
こういう記事も不安をあおるだけ、、、削除 もしくは正しい情報に修正してほしい。





[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-05 17:47 | ツアー | Trackback | Comments(0)

2年ぶり 3度目のリジャニ山歩き その2

a0310535_01015817.jpg

2日目 早めにクレーター上まで上がり 湖や山頂をスナルのクレーター側から見ようと朝6時前に出発

林の中をゆるゆると進んでいくと 西の空にはまだ満月さんがいました。

a0310535_14542851.jpg
ここから上は木もまばらな標高になってきたので 一気に視界が広がって はるか下に海も一望できるように
同時に太陽もサンサンとてりつけてくるから 暑いーーー(笑)やっぱり森の中は歩きやすかったよ。

a0310535_14545215.jpg

a0310535_14571441.jpg
写真じゃわかりずらいけど眼下には雲の下に海も見えます! 森の涼しさと森林浴もいいけど やっぱり絶景も捨てがたい

a0310535_14550327.jpg
こちらの画像はパノラマ、PCで見ていただいてる方は画像クリックでけっこう大きな画面になります、迫力あるよ!


そして黙々と歩いて2時間ちょっと やーっとスナルのクレーターリム(2600m)に到達

a0310535_14572095.jpg

早起きしたおかげで 湖にもまだ雲はかかっておらず はっきりくっきり美しい姿を見ることができました!

a0310535_14572619.jpg
この画像もパノラマ撮影 クリックで大きな画面が開きますよ。

スナルからは上がり坂がスンバルンに比べて傾斜がゆるく 熱帯雨林の中を歩くので 途中眺めは期待できないものの 太陽の日差しであちーーということもなく 鳥のさえずりや たまに聞こえてくる水の音などを聞きながら歩け 最後はぱーっとひらけた2500mあたりからの絶景も見れるので 最近はスナルのクレーター側の往復のお客さんも多いんだとか。
せっかくロンボクまではるばる来たんだったら 山頂もと思ったりもしますが 日程がそれほど長く取れない 山歩き初心者なら これでもいいかも?と思いました。

ちなみに うちの旅行社 ランガウィサタでは ほぼ希望がないのでウェブサイトには スナルのクレーターリムの往復1泊2日の文字はありません。
行ってみたいかも?という方は http://jalan2lombok.com/Inquiry.html に ブログで見ましたよ!とお問合せくださいねー。

a0310535_14582100.jpg

ここから カルデラ湖のあるクレーターの中を下っていきます。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。
インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-04 15:07 | ツアー | Trackback | Comments(0)

2年ぶり 3度目のリジャニ山歩き その1

2010年10月の3泊4日 2014年7月の2泊3日 2年ぶりにリンジャニ山に行ってきました。

過去2回は お客さんのオマケ(通訳?・笑)でしたが 今回はFcacebook でつぶやいた友人の、、、

a0310535_13161621.jpg
この一言になんだかわからないけど 飛びついて(笑) 
3日後の中秋の名月をスナルの山麓ホテルで、その後2泊3日でスナル~スナルのクレーター~湖~下山 という日程で 強行決定
ちなみに 全然歩いたり 近くの山に行ったりなんて 足慣らししてる時間もなし(笑)
でも リンジャニで満月見るなんて やっぱりワクワクするもんねぇ~ 誘ってくれた友人も2度目のリンジャニ
以前からリンジャニ登ってみたい!と言ってた 長女も連れていくことに・・

15日の午後出発して 明日は早朝に出発するので スナル山麓のホテルに一泊 ここで中秋の名月をおがみます。

友人のつぶやき 「中秋の名月は、あの宿泊先で海側へ昇るのを見る!  そして16日スナルの頂上2,700m?でほぼ満月!
頭の中で その場面がぷわ~~っとわいてきたんです、これは絶対見れると思ったんですが・・・

a0310535_13240097.jpg
が、荷物をまとめたりなんやかんやしてるうちに 「きゃ~もう月がこんなところにー」・・・・
しかしその週から 天候がアヤシくて マタラムでも毎日夕方にスコールが降ったりしてたんで 月の出どころか月見えるんか?って状態でしたが
最初曇ってた空が ぱーーーっと晴れてきて 無事目的の スナルで中秋の名月を拝むことができました。
澄んだ空気&標高も500mくらいあるので とってもきれいでした!月の明かりで薄闇に浮かぶリンジャニ山の頂上も見れて感激。


a0310535_13312783.jpg
早朝朝日を浴びて赤く輝くリンジャニ山山頂 向かって左の山がそうです、  今回はこの山頂には行かない(もう行きたくないかも・笑)ですが やはりいつみてもきれいな山だなぁと思います。

そして 山歩きスタート! 

a0310535_13333202.jpg
ホテルから リンジャニ山の管理事務所までは車の荷台に乗せてもらって約5分、そこからこのリンジャニ・ナショナルパークの門まで30分以上かかって やっと到着!

6年前は スンバルン側から登って カルデラ湖を経て こちらのスナル側を下ってきたけど 今回はスナル側から登っていきます。
a0310535_13361795.jpg
6年前にご一緒した東京の登山クラブの皆さん、ゴールのスナルの門でパチリ! とても楽しい気持ちのよいメンバーでした、みんな元気にしてはるかな~?

今回はうちら3人 ポーターさんが4名 7人で登るんだよーーガイドはポーターさんが兼ねてくれます。(通訳いらんからね・笑)荷物も全部かついでいただきました。
a0310535_13412847.jpg

これから山に入るという前に もう一度ストレッチタイムー 娘を指導してくれる K嬢 


a0310535_13390062.jpg
6年前に撮ったPOS1の看板 あぁここまで下りてきたんやなーという安堵した気持ちで撮った素敵な写真(笑)

a0310535_13402080.jpg
そして 時間は経ち 6年後の同じ看板、、、ずいぶんくたびれてる(笑) 落書きも増えてて、、、ここ国立公園やぞーーー!

a0310535_13435895.jpg
一度通った道、、、 そして ずーーっと森なので 今回ほとんど写真撮ってません、、、森の中では鳥の声と時たま頭上でガサガサとおサルの群れに遭遇したり
森林浴楽しみました、、、、心配してたお天気も しっかり晴れ晴れーーー!森の中なので 日差しにやられることもなく マイペースで歩きました。

予定では スナルのクレーター上でキャンプのはずでしたが、、、水の問題(食事用の水は沸き水使いますがクレーター上は確保が大変)もあって
この日は POS3 (2000M)にてキャンプとなりました。

6年前は3日目のランチタイムでいた場所、 ここについたとたんに土砂降りの雨! 今でも忘れられない
a0310535_13485605.jpg
6年後は雨もなく 寒さもそれほどでもなく(15度くらいはあったと思う、今回温度計持参せず) この日は満月?を拝みます。 
夕食を済ませたあとに 東の空から上がってきたまん丸のお月さま、、うぅぅ 携帯のカメラではこれが限界(コンデジでも難しい)

a0310535_13505379.jpg
きれいなお月さま 見せてくれてありがとうーーー!

明日も早起きだーさっさと寝るでぇぇ (つづく)


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。
インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村





[PR]
by bagus_lombok | 2016-09-30 13:57 | ツアー | Trackback | Comments(0)

ギリ・アイルから見たリンジャニ山

a0310535_20572538.jpg


3月にひさしぶりに家族でギリ・アイルに1泊しに行ってきました、バリ ヒンドゥのニュピの日という事もあったんですが、、、いやー 賑わっていました。

そして 港から東側 数百メートルに至るあたりは 以前何もなかったのに あっという間にお店がいっぱいできていて 10年くらい前のギリ・トラワンガンのような雰囲気になっててこれまたびっくり ちょっと見ないとほんと風景変わっちゃってます、、、、環境大丈夫なんだろうかと ほんとずっと心配してますねぇ・・・

a0310535_2144332.jpg


今回は島の東側の サンライズ・ホテルに泊まっていました、その名の通り 日の出ポイントです、本島がじゃまをしてるので山の上から日が上るのを見ることになりますが。。。
朝 5:30 いつもの時間に目が覚めて ビーチに行くとしらじらと東の方面が明るくなっていました。
山からおひさまが見えたのが6時頃

a0310535_215469.jpg


リンジャニの山頂から かなり左にずれて登ってました、、、お正月くらいにリンジャニ山頂に朝日が登ったりするのかなー?

a0310535_2163120.jpg


この画像はクリックするともうちょい大きくなります。

夕日もよいけど 朝日が朝の静かな空気のなか かーーーっと光の帯を放って あがってくるのを見るのも 体の中のエネルギーがふつふつ湧いてくる感じがしてよいですね!


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2015-04-12 21:13 | ツアー | Trackback | Comments(1)

4年ぶりの リンジャニトレッキング その3

a0310535_1952074.jpg


ツアーも3日目 最終日です。

今日も5時半に朝食 6時過ぎに出発 今回は元来た道を戻るのみ
スナルの下り道は 傾斜もゆるくて 楽なんですが スンバルンの急斜面 考えただけでも ひえええええーーー!
しかも日本の登山道のような整備はほとんどといっていいほどされおらず すっ転ばないように気をつけねば。。。

しかし歩き始めてすぐに 左足の膝に違和感! 昨日の山頂アタックの帰りで すでにちょいと変な感じだったんですが。。。。
登りはまったくどうもないのに 下る時に膝に痛みが走ります。皆さん 軽快に下って行かれるのに これはまずーい!
まだ歩き始めの 最初の休憩で 途中遅れたら皆に迷惑かけるので 先頭のリーダーに膝の不調を伝えると、、、
「早めに聞いてよかった 今手当しましょう!」

a0310535_19522593.jpg


不調を我慢していると 最後足が動かなくなって もっと迷惑かける事になることもあるそうで
今回は その方面のプロの方もおられて 皆さんその時のためのテーピングもしっかりお持ちで
膝の固定をしていただきました! これをしてもらったおかげで 痛みが軽減して なんとか下りる事が出来ました。
何人かの方が履いていたタイツが そのため(膝を固定する役目がある)のもので これを使うだけで
随分足が楽になるんだよーと教えてもらいました、なるほどーほんまいろんなものがあるんですねぇ

a0310535_19524994.jpg


右の靴も 前回4年前にはいたきりで そのままにしていたら 底がぺろ~んとはずれてしまい。。。
これも 有吉さんが何かのためにと持っていた(ストックにまきつけておられた)配管パイプ用の粘着テープを
ぐるぐる巻にしていただいて、、、(普通のガムテだと砂ですぐにダメになるそうです、さすがエキスパート)
お客さんより おまけの私が一番 世話焼かせて とほほ、、、、皆様本当にありがとうございます。

a0310535_195377.jpg


少し遅れながらも ランチの場所POS2までたどり着きました。
最後のランチは具だくさんのラーメン(笑) これにもご飯ついてきました!毎回量多すぎです。

a0310535_19532069.jpg


ここで 荷物を運んでくれたポーターさんともお別れ!ということで 食後はお礼とチップを渡す会になりました。
ここでは何事もクリアに公平に、、ということで 目の前で一人ずつ渡すのがよいのです。(個人的に世話になったガイドには 誰も見てないところでこそっと、、、、が鉄則)
皆で 記念写真をとって ポーターさんとはここでサヨナラ!

a0310535_19533715.jpg


目指すゴールはあとちょっとだ!!!

a0310535_19535875.jpg


最後までやや遅れ気味で サブガイドのアミンにフォローしてもらって 私も無事 ゴールすることができました!!
皆様 カメな私にお付き合いいただき 本当にありがとうございました!

しばらくリンジャニはいいです(笑)今のところお腹いっぱいです。

a0310535_19542763.jpg

こちら翌日予定外のギリちょっとだけ観光の模様

今回のトレッキングは 2600mまでの高度と山頂アタックで 高山病の症状が出られた方がおられました。
漢方などで症状を抑えられていた方もおられましたが 基本は息を吐くことに意識を集中 口からふーっと音がでるくらいに
そうすると 勝手に酸素が入ってくるようで 私もここがんばって息していました。
今まで高山病になったという報告はなかったので やっぱりあるんだーと思った次第
とにかく 水分をたくさんとる事 水分取りぎると血中の塩分が薄くなるので ポカリのようなものを飲むか
今回は塩レモンキャンディなんてのを持ってらした方おられましたが そういうのがあるといいなぁと思いました。

私は下山してから なんだか頭がずーっと痛くてw 高山病か?と思ったけど 高山病は高度下げると
うそのように症状なくなるんだとか(笑)下山の時にストック使いすぎて 極度に背中の筋肉使ったのが原因か?

a0310535_1955944.jpg

ギリのあと ブルーウォーターの高速船でバリへ 皆さんさようならーー!

ということで お付き合いありがとうございましたー!

ロンボク島のリンジャニ山登なら ママハナが親切丁寧にお応えする(笑)
ランガウィサタ までー! 是非お待ちしています。

a0310535_19564612.gif


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2014-07-26 20:04 | ツアー | Trackback | Comments(2)

4年ぶりの リンジャニトレッキング その2

トレッキング2日目

a0310535_21465659.jpg


通常のスケジュールは 夜中2時頃起床後 軽く食事 3時頃出発して山頂でご来光を拝む というもの。その時間は当然真っ黒なので ヘッドランプの明かりを頼りに登ります。
今回は 1日かけて 山頂アタックをするスケジュール、、ご来光をアタックキャンプで拝んでから ゆっくり登りましょうーというプランです。

4年前はお初のドキドキと ビュ~~という不気味な風の音であまり眠れなかった記憶があります。今回も寒いのは変わらずでしたが 風もなく とっても静かな夜でした!
ニット帽をかぶって マスク ユニクロのウルトラライトダウンのベストタイツと靴下の重ね履きで なんとか暖かくして寝たら 夜中に↑の早朝出発隊ザクザクという足音とおしゃべり声で少し目を覚ましましたが その後また ぐーと眠りに落ちて 20:30-5:00ごろまで がっつり眠れました。睡眠が一番の疲労回復!いいぞ~~♪

a0310535_21473382.jpg


起きてすぐに食事 フレンチトーストと紅茶、それでも足りない人には カップラーメン!(画像なし)山頂では食事できませんので ここでがっつり食べておきたいところ。
今日も準備体操で体をほぐしてから・・・・いざ出発ー!

アタックキャンプの Pelawangan 2 2639mから 山頂の3726mは約1000mの高低差 最初の1時間がきつく 稜線の登りはまぁまぁ 最後の頂上付近が死ぬほどしんどい 
特に最後の上りは ドッグフードのようなガレ場で  三歩進んで二歩下がる~って どっかの歌(笑)みたいな状態だと いろいろな方から聞かされていて 恐怖でした。

a0310535_2149531.jpg


最初の登りはたしかにかなりな登りで 振り返ったら さっきまで寝てたキャンプのテントがはるか下に見えてる 

a0310535_21491928.jpg


前を行く人達は 昨日の疲れもないのか?スイスイ上がって行きます、、、待ってーーー(笑)
昨日 もうあかんーと言ってた 最高齢今年78才の男性も 気がついたら 昨日一緒に歩いたポーター(今日はサブガイドに変身)と ずっと前をずんずん歩いているじゃーありませんか、うそ~(笑)

a0310535_21494529.jpg


稜線に出ると 更に視界が高くなって バリのアグン山の下にはギリ 3島も見えるように! アグン山の右手には もう少し西側にある バトゥル山も見えてますーすごいー

a0310535_21503672.jpg


とりあえず おしゃべりな私ですが さすがに途中からは口数も少なくw 黙々と登っていました。

a0310535_21505022.jpg


こんな角度やしねぇ

a0310535_21511457.jpg


最後の死ぬほど辛いと言ってたドッグフードのような登りですが、、、、私は一番後ろで 前の方の足元を見ながら 同じ所を踏んで登っていたんですが 意外や??? その三歩進んで二歩下がるがほとんどない!
最後なんてよつんばいになって歩いてましたなんて話も聞いていたんですが ???あのドッグフード地獄はいつくるんだ?と思っている内に、、、、山頂まで来てしまいました。

a0310535_21512656.jpg


憶測ですが 今回登る 数日前にマタラムエリアでは 2-3日雨があったのですが その時にリンジャニの山頂でも 季節外れの雨が降って カラカラの砂地が少し湿ったのかしら???と考えたり?
みんながしんどい きついーというから 想像力が普通の100倍くらい膨らんで そうでもなかったと思えたのか?

a0310535_21515818.jpg


真相は?ですが とにかく 思ったより山頂アタックはきつくなかった (しんどかったですよ、でも 死ぬほだったかといえば 初日の最後の上りのほうが もっとしんどかったです)
通常3時間ちょっとで登る道のりを 5時間かけて 休み休み ゆっくり登ったということもあるかもしれません。

a0310535_2152174.jpg

クリックしていただくと もう少し大きな画像になります、つぎはぎ パノラマ画像です。

とにかく 登り切った瞬間の感想は 感謝感謝 ありがとうございますー!!の一言につきました。
一緒に登っていただいた皆様、気持よく送り出してくれた家族 とにかくいろんなものすべてにという感じ!

a0310535_21523139.jpg


11月に78才になられる 今回一番年上(しつこい・笑)の漫欽丹さんも山頂で満面の笑顔!
(越中家漫欽丹さんで検索すると色々出ますよー!東北の被災地でも笑いをお届けに行っていらっしゃいます)
実はアマチュア落語をやっておられる方で 初日の最後以外(笑)は つねに皆を笑わせるムードメーカー的存在、一緒にいるだけで ずっと笑ってた感じ(笑) ファンになってしまいました。
昨日の事を考えると 山頂なんて絶対ムリと 登る前に言っていたのに、、、登ってしもたや~ん 山頂では思わずハグハグしちゃいましたー ほんとよかったーーー♪♪♪

3726mの位置から眺める360度の景色は 写真にはおさまりきりませんし あの臨場感はその場にいるものでないと けっして味わえないと、、、、空気その他含めて みんなの嬉しいオーラとか。。。

a0310535_21525671.jpg


年齢50前の 普段運動もほとんどしない私でも ゆっくりだったら登れました!と言ったら きっと登ってくれる方増えるかなー?(笑) 

a0310535_21533449.jpg


登ったら、、、当然 帰りは下るのみですが 実は普段足腰鍛えてない私にはこっちのほうがきつかったんでした(笑)
皆さん ものすごい速さで降りていくのに、、、まったくついていけませんでした。 とほほ

登り5時間 下りも休み休みだったので 2.5時間 合計7.5時間 キャンプについたのは 13:30ごろ 
到着後 すぐにランチタイム、、、その後 少し仮眠 zzzzz

a0310535_21535947.jpg


夕刻からは 薪に火を灯して キャンプファイヤーしながら 山頂登頂成功の祝杯(富山の日本酒 立山!美味しかったー)をあげました~♪ 

a0310535_21541942.jpg


山頂までがんばった漫欽丹さんの落語、、、ではなく 実はハモニカの名手?でもあり 親指ほどのちっさーいハモニカを持参されていて これで 童謡や歌謡曲などをどんどん吹いてくださって 皆童心に戻って 大合唱大会で夜は更けました。(翌日の早朝アタック隊もいたので 8時前には終了~!)
 
つづく 

トレッキング ツアーは ママハナが親切丁寧にお応えできる(なんせ登ってますからw)
じゃらんじゃらんロンボクが手配しますよ~♪ 

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2014-07-21 22:09 | ツアー | Trackback | Comments(0)