<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

4年ぶりの リンジャニトレッキング その3

a0310535_1952074.jpg


ツアーも3日目 最終日です。

今日も5時半に朝食 6時過ぎに出発 今回は元来た道を戻るのみ
スナルの下り道は 傾斜もゆるくて 楽なんですが スンバルンの急斜面 考えただけでも ひえええええーーー!
しかも日本の登山道のような整備はほとんどといっていいほどされおらず すっ転ばないように気をつけねば。。。

しかし歩き始めてすぐに 左足の膝に違和感! 昨日の山頂アタックの帰りで すでにちょいと変な感じだったんですが。。。。
登りはまったくどうもないのに 下る時に膝に痛みが走ります。皆さん 軽快に下って行かれるのに これはまずーい!
まだ歩き始めの 最初の休憩で 途中遅れたら皆に迷惑かけるので 先頭のリーダーに膝の不調を伝えると、、、
「早めに聞いてよかった 今手当しましょう!」

a0310535_19522593.jpg


不調を我慢していると 最後足が動かなくなって もっと迷惑かける事になることもあるそうで
今回は その方面のプロの方もおられて 皆さんその時のためのテーピングもしっかりお持ちで
膝の固定をしていただきました! これをしてもらったおかげで 痛みが軽減して なんとか下りる事が出来ました。
何人かの方が履いていたタイツが そのため(膝を固定する役目がある)のもので これを使うだけで
随分足が楽になるんだよーと教えてもらいました、なるほどーほんまいろんなものがあるんですねぇ

a0310535_19524994.jpg


右の靴も 前回4年前にはいたきりで そのままにしていたら 底がぺろ~んとはずれてしまい。。。
これも 有吉さんが何かのためにと持っていた(ストックにまきつけておられた)配管パイプ用の粘着テープを
ぐるぐる巻にしていただいて、、、(普通のガムテだと砂ですぐにダメになるそうです、さすがエキスパート)
お客さんより おまけの私が一番 世話焼かせて とほほ、、、、皆様本当にありがとうございます。

a0310535_195377.jpg


少し遅れながらも ランチの場所POS2までたどり着きました。
最後のランチは具だくさんのラーメン(笑) これにもご飯ついてきました!毎回量多すぎです。

a0310535_19532069.jpg


ここで 荷物を運んでくれたポーターさんともお別れ!ということで 食後はお礼とチップを渡す会になりました。
ここでは何事もクリアに公平に、、ということで 目の前で一人ずつ渡すのがよいのです。(個人的に世話になったガイドには 誰も見てないところでこそっと、、、、が鉄則)
皆で 記念写真をとって ポーターさんとはここでサヨナラ!

a0310535_19533715.jpg


目指すゴールはあとちょっとだ!!!

a0310535_19535875.jpg


最後までやや遅れ気味で サブガイドのアミンにフォローしてもらって 私も無事 ゴールすることができました!!
皆様 カメな私にお付き合いいただき 本当にありがとうございました!

しばらくリンジャニはいいです(笑)今のところお腹いっぱいです。

a0310535_19542763.jpg

こちら翌日予定外のギリちょっとだけ観光の模様

今回のトレッキングは 2600mまでの高度と山頂アタックで 高山病の症状が出られた方がおられました。
漢方などで症状を抑えられていた方もおられましたが 基本は息を吐くことに意識を集中 口からふーっと音がでるくらいに
そうすると 勝手に酸素が入ってくるようで 私もここがんばって息していました。
今まで高山病になったという報告はなかったので やっぱりあるんだーと思った次第
とにかく 水分をたくさんとる事 水分取りぎると血中の塩分が薄くなるので ポカリのようなものを飲むか
今回は塩レモンキャンディなんてのを持ってらした方おられましたが そういうのがあるといいなぁと思いました。

私は下山してから なんだか頭がずーっと痛くてw 高山病か?と思ったけど 高山病は高度下げると
うそのように症状なくなるんだとか(笑)下山の時にストック使いすぎて 極度に背中の筋肉使ったのが原因か?

a0310535_1955944.jpg

ギリのあと ブルーウォーターの高速船でバリへ 皆さんさようならーー!

ということで お付き合いありがとうございましたー!

ロンボク島のリンジャニ山登なら ママハナが親切丁寧にお応えする(笑)
ランガウィサタ までー! 是非お待ちしています。

a0310535_19564612.gif


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2014-07-26 20:04 | ツアー

4年ぶりの リンジャニトレッキング その2

トレッキング2日目

a0310535_21465659.jpg


通常のスケジュールは 夜中2時頃起床後 軽く食事 3時頃出発して山頂でご来光を拝む というもの。その時間は当然真っ黒なので ヘッドランプの明かりを頼りに登ります。
今回は 1日かけて 山頂アタックをするスケジュール、、ご来光をアタックキャンプで拝んでから ゆっくり登りましょうーというプランです。

4年前はお初のドキドキと ビュ~~という不気味な風の音であまり眠れなかった記憶があります。今回も寒いのは変わらずでしたが 風もなく とっても静かな夜でした!
ニット帽をかぶって マスク ユニクロのウルトラライトダウンのベストタイツと靴下の重ね履きで なんとか暖かくして寝たら 夜中に↑の早朝出発隊ザクザクという足音とおしゃべり声で少し目を覚ましましたが その後また ぐーと眠りに落ちて 20:30-5:00ごろまで がっつり眠れました。睡眠が一番の疲労回復!いいぞ~~♪

a0310535_21473382.jpg


起きてすぐに食事 フレンチトーストと紅茶、それでも足りない人には カップラーメン!(画像なし)山頂では食事できませんので ここでがっつり食べておきたいところ。
今日も準備体操で体をほぐしてから・・・・いざ出発ー!

アタックキャンプの Pelawangan 2 2639mから 山頂の3726mは約1000mの高低差 最初の1時間がきつく 稜線の登りはまぁまぁ 最後の頂上付近が死ぬほどしんどい 
特に最後の上りは ドッグフードのようなガレ場で  三歩進んで二歩下がる~って どっかの歌(笑)みたいな状態だと いろいろな方から聞かされていて 恐怖でした。

a0310535_2149531.jpg


最初の登りはたしかにかなりな登りで 振り返ったら さっきまで寝てたキャンプのテントがはるか下に見えてる 

a0310535_21491928.jpg


前を行く人達は 昨日の疲れもないのか?スイスイ上がって行きます、、、待ってーーー(笑)
昨日 もうあかんーと言ってた 最高齢今年78才の男性も 気がついたら 昨日一緒に歩いたポーター(今日はサブガイドに変身)と ずっと前をずんずん歩いているじゃーありませんか、うそ~(笑)

a0310535_21494529.jpg


稜線に出ると 更に視界が高くなって バリのアグン山の下にはギリ 3島も見えるように! アグン山の右手には もう少し西側にある バトゥル山も見えてますーすごいー

a0310535_21503672.jpg


とりあえず おしゃべりな私ですが さすがに途中からは口数も少なくw 黙々と登っていました。

a0310535_21505022.jpg


こんな角度やしねぇ

a0310535_21511457.jpg


最後の死ぬほど辛いと言ってたドッグフードのような登りですが、、、、私は一番後ろで 前の方の足元を見ながら 同じ所を踏んで登っていたんですが 意外や??? その三歩進んで二歩下がるがほとんどない!
最後なんてよつんばいになって歩いてましたなんて話も聞いていたんですが ???あのドッグフード地獄はいつくるんだ?と思っている内に、、、、山頂まで来てしまいました。

a0310535_21512656.jpg


憶測ですが 今回登る 数日前にマタラムエリアでは 2-3日雨があったのですが その時にリンジャニの山頂でも 季節外れの雨が降って カラカラの砂地が少し湿ったのかしら???と考えたり?
みんながしんどい きついーというから 想像力が普通の100倍くらい膨らんで そうでもなかったと思えたのか?

a0310535_21515818.jpg


真相は?ですが とにかく 思ったより山頂アタックはきつくなかった (しんどかったですよ、でも 死ぬほだったかといえば 初日の最後の上りのほうが もっとしんどかったです)
通常3時間ちょっとで登る道のりを 5時間かけて 休み休み ゆっくり登ったということもあるかもしれません。

a0310535_2152174.jpg

クリックしていただくと もう少し大きな画像になります、つぎはぎ パノラマ画像です。

とにかく 登り切った瞬間の感想は 感謝感謝 ありがとうございますー!!の一言につきました。
一緒に登っていただいた皆様、気持よく送り出してくれた家族 とにかくいろんなものすべてにという感じ!

a0310535_21523139.jpg


11月に78才になられる 今回一番年上(しつこい・笑)の漫欽丹さんも山頂で満面の笑顔!
(越中家漫欽丹さんで検索すると色々出ますよー!東北の被災地でも笑いをお届けに行っていらっしゃいます)
実はアマチュア落語をやっておられる方で 初日の最後以外(笑)は つねに皆を笑わせるムードメーカー的存在、一緒にいるだけで ずっと笑ってた感じ(笑) ファンになってしまいました。
昨日の事を考えると 山頂なんて絶対ムリと 登る前に言っていたのに、、、登ってしもたや~ん 山頂では思わずハグハグしちゃいましたー ほんとよかったーーー♪♪♪

3726mの位置から眺める360度の景色は 写真にはおさまりきりませんし あの臨場感はその場にいるものでないと けっして味わえないと、、、、空気その他含めて みんなの嬉しいオーラとか。。。

a0310535_21525671.jpg


年齢50前の 普段運動もほとんどしない私でも ゆっくりだったら登れました!と言ったら きっと登ってくれる方増えるかなー?(笑) 

a0310535_21533449.jpg


登ったら、、、当然 帰りは下るのみですが 実は普段足腰鍛えてない私にはこっちのほうがきつかったんでした(笑)
皆さん ものすごい速さで降りていくのに、、、まったくついていけませんでした。 とほほ

登り5時間 下りも休み休みだったので 2.5時間 合計7.5時間 キャンプについたのは 13:30ごろ 
到着後 すぐにランチタイム、、、その後 少し仮眠 zzzzz

a0310535_21535947.jpg


夕刻からは 薪に火を灯して キャンプファイヤーしながら 山頂登頂成功の祝杯(富山の日本酒 立山!美味しかったー)をあげました~♪ 

a0310535_21541942.jpg


山頂までがんばった漫欽丹さんの落語、、、ではなく 実はハモニカの名手?でもあり 親指ほどのちっさーいハモニカを持参されていて これで 童謡や歌謡曲などをどんどん吹いてくださって 皆童心に戻って 大合唱大会で夜は更けました。(翌日の早朝アタック隊もいたので 8時前には終了~!)
 
つづく 

トレッキング ツアーは ママハナが親切丁寧にお応えできる(なんせ登ってますからw)
じゃらんじゃらんロンボクが手配しますよ~♪ 

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2014-07-21 22:09 | ツアー

4年ぶりの リンジャニトレッキング その1

a0310535_1435369.jpg


リンジャニ山に登ってきました 2度目の挑戦でやっと山頂に立てました~!

前回は2010年10月に東京のグループに同行させていただきました。
この時は初めてということもあり 他の方々に迷惑をおかけできないと山頂アタックは断念(今回登ってみて やめといて正解だったと再確認・笑)

4年ぶりの今回は 富山からのお客様 ウォーキング冒険塾 の14名様 平均年齢 66才! 普段から 歩く事を基本に楽しんでおられる方ばかり。

ツアーをコーディネイトされた 「歩くエコツアー」の有吉さん以外 全員60才以上のメンバーさんでした!最高年齢は今年78才の男性
前回2010年が74才?の男性だったので うちのお客様での最高年齢記録更新。
この78才の男性は 58歳から山登り始めたんだそうで、、、、50を手前に もうこれからじゃムリなんて思ってた自分が恥ずかしくなっちゃった。

今回のツアーは3日間で スンバルン側から登り 山頂アタックして そのまま同じ道を戻るスンバルン戻りの 通常なら1泊2日を2泊3日にした
かなりゆったり登りましょうというプランでした。 それでも 私はその中でも一番カメでしたが、、、とほほ。

今は乾季真っ盛りのはず、なのですが お客さんが来られる3日ほど前にマタラムでもけっこうな雨が降ったり ちょっと天候的に怪しい感じで ドキドキでした。
(実はこの雨が そののち よかったのかも?ということになったりしました)

a0310535_14323797.jpg


今回はマタラムのホテルに宿泊して 朝5時ピックアップ!西回りで走ること3時間で スンバルンの村に到着~! 到着後 準備体操をして出発。
詳しい模様は前回2010年のとそんなに変わらないので おおまかに。

2010年10月のブログです、さすが初回 かなり細かく書けています(自画自賛・笑)
その1(前泊スンバルン) その2(1日目) その3(2日目1) その4(2日目2)その5(3日目1) その6(3日目2) その7(4日目) その8(番外編 山頂アタック)

地図で説明すると 今回は左の Sembalung Lawang (1156m)から Sembalung Creater Rim (pelawagan2) 2639m をへて 3726mの山頂アタック

a0310535_14332070.jpg


標準的な早さで
Sembalung Lawang -2H- POS1 -1H- POS 2 -1.5H- POS3 -3H- Creater RIM
Creater RIM - Summit は3.5時間 下り1.5時間 


a0310535_14334182.jpg


そんなこんなで 登り始めました 2度目のリンジャニ山!今日のルートは4年前と同じなので だいたいのイメージは頭の中にあった分若干楽に感じました。 

a0310535_14334916.jpg


途中からガスが出てきて 曇った中と同じような感じで 日差しも受けずだったので快適でした。途中 チュマラの木から風がふくたび  ガスで溜まった水滴が
雨粒みたいにポタポタと落ちてくるので その度に雨?とドキドキしましたが結局この日は 雨はふらず。

問題はPOS3からの急激な上り坂 ここから 打ち合わせどおり うさぎさんチームとカメさんチームに別れて登る事になりまして 私は当然ですがカメさんチームで、、、(笑)
当初から 車酔いで調子の悪かった女性1名と 最高齢の方が途中でペースが落ちましたが
カメさんチームのガイドと ポーターが手をとって一緒に登ってくれたおかげで2名さんも脱落することなく アタックキャンプに到着しました!

a0310535_14343491.jpg


クレーターの上にきて ほっとしたお二人 パチリ! ほんまによかったです。

a0310535_1434141.jpg


途中2000mすぎたあたりから ガスの層を抜けて 雲の上に・・・・眼下に広がる雲海が めーっちゃ綺麗でした♪遠くのスンバワの山も見えていました。

今回びっくりしたのが 道の途中で ジュースやビールを売る店があったこと(笑)店と言っても簡易テントの前にゴザひいて 飲み物並べてるだけなんですけど
アタックキャンプにももちろんありまして! 地上では1本 16000ルピアの缶ビールがここでは5万ルピアに!(笑) 運ぶ苦労を考えたら それも納得のお値段ですが(笑)

a0310535_14352079.jpg


4年前にはこんなものはなかったので 地元の人もなかなか知恵をつけてきている模様、、私も1本もらいました! 明日のために飲みすぎ禁物(てかお金が・・・笑)
私(1名女子なのでお分かりいただけると思いますが)の右手のあたり ちょっと後ろにとんがってるのが
バリ島のアグン山 ロンボクから見える姿はまさに富士山!

a0310535_171048100.jpg


綺麗に焼けていました。

本日のお食事 初日のガドガドに唐辛子がちょっと入っていたので 以後チャベ(唐辛子)なしでお願いしました、
ピリ辛はインドネシア人にとっては 辛いうちに入っていないので辛いのが苦手な方は no chili と最初に言っておくとよいでしょう~!
a0310535_14352792.jpg


a0310535_14353119.jpg

翌日は日の出のあとに出発ということで この日20:30ごろ就寝 
朝方2-3時ごろのご来光見物チーム(通常はこの時間から登ります)のザクザク歩く音で目覚めましたが そのあとまた ひとねむり。。。いつもよりよく寝たかも(笑)
今回はホカホカカイロがなかったので ニット帽に手袋 タイツばきとかなり重ね着で寒さをしのぎました、、、、風がなく静かな夜なのがよかった(前回は風がびゅーびゅー)

つづく

トレッキング ツアーは ママハナが親切丁寧にお応えできる(なんせ登ってますからw)
じゃらんじゃらんロンボクが手配しますよ~♪ 

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2014-07-20 14:52 | ツアー

2014 プリマスの新しいスパメニュー チョバ

a0310535_17363100.jpg


プリマスの新しいスパメニューを是非試してーというお誘いがあり海側のプリマス ホテルではなく 
山側?最近プライベートヴィラが増えている クランダンガンにあるプリマス スパ リゾートに行ってきました。

a0310535_17361929.jpg


以前は 広~い土地に4室だけのヴィラだったのですが 更に敷地も広がり その代わり客室は2室に減って
スパ用のベッドが2つから 6つ (1棟から3棟へ)  客室の2室のうち1室はお部屋にスパ用のベッドもある
ほぼスパメインのヴィラに変わっていました、入口は昔から扉にカギがかかっていて ふらっと行っても入ることができません プライベート感満点なのは昔から変わらず。

a0310535_17364194.jpg


呼び鈴を押すと いつも庭にいるスタッフがすぐにカギを開けてくれます。
入口入っても 目の前は広いお庭がどどーんとあって 孔雀などがいる大きなケージが点在しているだけです。ヴィラはその先の奥にありまーす。

a0310535_1737913.jpg


ここにいるワンコもたまに 誰かきたーってお出迎えしてくれることも・・・・

以前は鹿とかハリネズミなどがいた事もありますが 今回はオウム、孔雀、小さな鳥達と鳥がメイン
あとは番犬にならないおとなしいワンコが2匹 (ほか探せばなんか出そうですけど今回探索せず)

a0310535_17372937.jpg


オウムたち 腕に乗ってくれないかなーってトライしたけど かるーく指を噛まれて 拒否されちゃった
バード・パークじゃないからムリか、、白いインコちゃんは頭をなでなでさせてくれました♪


a0310535_17374630.jpg


敷地の真ん中にはこじんまりとしたプールがあり 今日はスパのお客さんが3人 プールサイドでのんびりしてました。
お客様はヨーロッパとアジアではダントツ韓国人が多いそう(韓国人はバリでもどこでもスパを絶対利用するみたい 日本人の影はもうこの分野でも薄いー・泣)

今回は新しい方のスパで2時間のトリートメントを体験することになりました。


a0310535_17381887.jpg


以前からあるスパの建物はかなり重厚な感じだけど 新しいのは・・・・(笑)でも こっちも中はなかなかのものです。


a0310535_17384579.jpg


a0310535_17385356.jpg



エアコンの効いた室内と庭の中にカーテンで仕切られただけの場所が2箇所、どちらでも選べるようです。
乾季の今(7-9月 日本が暑いーという時期 こちらは日陰なら最高に気持のよい季節の真っ最中!)のロンボクだと 外のベッドでそよそよと風を受けながらでも充分気持ちいいはず
今日は中のお部屋に通されたので そちちらで。。。
着替えの前に 足を洗ってもらって 手と顔を拭いてくださいと渡されたた ぬれタオルはレモンとタンジェリン(柑橘系の精油)が ほわ~んと香って ここでまず 脱力タイム
香の魔力ですねぇ・・・


a0310535_17391619.jpg


以前からあるスパルームは バスルーム完備でしたが 新しいところは建物が別になっていまして
今回も途中で一旦シャワーを浴びたんですが サロン巻いて バスルームに移動w 誰もいないので問題いけど 
ここでこの格好で移動、、、いいのかーと ちょっとびっくりしてしまいました。(笑)
上の写真を撮った場所から 左の東屋の向こうにあるバスルーム(シャワーとトイレのお部屋)誰かに見られたら、、、見たほうがお気の毒だったから・・・おほほ(笑)

以前にも ロンボクのトラディショナルなものを使っての ローカル療法をおしゃれにしたような パッケージ体験をさせてもらったんですが (その時のブログはこちら

a0310535_17415191.jpg


ここ数年は ちょっと高級路線を意識して フォーシーズンやリッツ系のスパでも採用されているというバボール社(ドイツ)のプロダクトをメインに使ったトリートメントをしています。

今回はエナジーという2時間のトリートメントを受けました。
まず ソルト ピーリングで お肌の古い角質を取り除いて行きます。
足の先から デコルテまで、、、細かい粒子のピーリングで 最初に強弱を聞かれますので 肌の薄い人でゆるめを希望すれば それほど刺激はないはず、、
私はとっても頑丈な肌なので 強めでリクエスト(若干痛い部分ありでした)
これが終わったあとに 一旦シャワーでピーリング剤を洗い流します。(新しい場所の場合はサロン巻いて外にでます) このあとは ローションを使ったマッサージを1.5時間ほど、、、
途中に頭や顔のツボ押しマッサージもあって め~~~っちゃ気持ちよかったです。いつもの事ですが途中意識が、、、、(笑)
最初にスクラブしているので ローションの浸透もかなりよいと思いました、すっと肌に馴染んじゃう感じ! 
さすが一流ホテルで採用されてるプロダクトだけあるなぁという感じ。
テラピストのお姉さんもとてもお上手で なめらかで それでいて 手が暖かくて 手当ってことばがぴったりで 満足でした。(と、、思った場合はチップもよろしく!笑 )

スクラブの場合 今まではマッサージのあとに スクラブでゴシゴシのパターンが普通だったので
今回体験してみて こちらのほうが理にかなってるなぁという印象でした!

a0310535_17421844.jpg


a0310535_17423632.jpg


トリートメント 終了後は あちこちにある 東屋やジャグジーなどで いつまででものんびりしてもOK
食事や飲み物も注文OKですので マッサージのあとにビールでも飲んで 全身ゆるゆる時間あったら 今題の脱法ハーブなんかなしでも 極楽タイムになる事間違いなし!(笑)
誰にも迷惑かけない!
静かな場所にあるので 聞こえてくるのは 風の音と 控えめに流れるBGMだけ ほんとうにのんびりできる思います!
あぁ、、、私も もっとのんびりしたいのに あっちもこっちも写真撮らんとーって 貧乏性丸出し とほほ

普段のマッサージはバイクで10分の町スパなどなんですけど 庭の中の素敵なお部屋でとなると 同じ時でも ほんまに優雅な気持ちになれました。 
看板に書かれていた Wellbeing Retreat (体と心にご馳走 てな意味かな?)はこういうことなんでしょうね
バリにも素敵なスパはいっぱいあるけど プリマスのスパは 自然の中で ゆったり のんびり
いつもがんばってる自分への栄養補給ー!という意味では まじめにオススメしたい 場所だなぁと思いまた。
ロンボクに来たら どんな事がありますか?という どちらかというと アクティビティはなにかない?という
質問はよく受けるのですが 普段から忙しいニッポンジン たまの旅行は こんなところで どっぷり のんびりするもの 一つの時間の過ごし方ではないでしょうか?

気になるお値段ですが これもどんどんメニューが刷新されていくので 2014年7月時点ですが
お手頃な1時間のアロマテラピーマッサージは Rp300.000- (3000円弱)
指圧のみの 日本式マッサージは 1時間 Rp260.000- (2600円弱)
足つぼ 35分 Rp190.000-(1900円弱)
足つぼと顔つぼと手つぼのパッケージ 45分 Rp280.000(2800円弱)

以前ブログでも書いた ロンボクのココナツオイルのマッサージと ロンボクのハーブを使った ハーバルボルコンプレス ボールで ギューギュー押してもらう (ボールは蒸して暑くしたものをツボにあてていく)
トリートメントが 1.5時間 Rp560.000 [以前はパッケージでしたが これはマッサージとハーブボールのみ]

インドネシア式ボレ インドネシアのハーブを使った疲労回復のレシピ マッサージ 2時間 Rp530.000-
インドネシア式 ルルール(スクラブ) -ジャワの王族に伝わる伝統方式 ウコンやその他ハーブをミックス
した ルルール(スクラブ)で肌を滑らかにして ヨーグルトパックで潤いを与えます。 2時間 Rp575.000

バボールを使った フェイシャルや1日まるごと どっぷりスパメニュー(Rp2.100.000=2万円客)などのメニューもてんこ盛りです。プリマス ホテルに滞在のお客さんは 10%オフ!
スンギギエリアでしたら 無料の送迎もあります。

ホテル スパでは イチオシのプリマスのご馳走スパでした!

a0310535_17452720.jpg


今回 私を招待してくれたプリマスのGM イギリス人のサラさんと 愛犬ラデンちゃん
とってもフレンドリーな方です、英語が?な私にも インドネシア語混ぜた ちょーゆっくりなクイーン英語で話してくれます(笑)はいはい 勉強しなきゃね。ま でも話はいつも通じてるからいいか

ママハナのランガ・ウィサタで予約代行はさせていただきます、お気軽にお問合せください。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2014-07-13 17:48 | 癒やし?関係

インドネシア 大統領選挙 

今日はインドネシアで4年に一度行われる 大統領選挙の日!
現大統領の ユドヨノさんは2期8年の任期で再選がないということで 今回はまったく新しい大統領を選びます。
今回も野次馬で 近所の投票所をのぞきにいってきました。
断食の真っ最中だけど 沢山の人が投票所に集まっていました。

a0310535_13163550.jpg


アメリカと同じく 大統領と副大統領のセットです。 
1番は 元スハルト大統領の娘婿(過去形)のプラボウ氏
2番は 現ジャカルタの知事のジョコ・ウィドド氏 副大統領は ユドヨノ大統領の一期目の副大統領やってた人

a0310535_13165842.jpg


近所の空き店舗が今回の投票会場でした。
日本みたいに 投票用の受付用の紙が有権者に配られて 皆さん指定の投票所に行くのは同じ

a0310535_13175917.jpg


受付で 身分書を出して本人確認して 名前が呼ばれるまで待機
日本のように受付済んだら すぐに投票、、、、とはいかないようで
これも不正投票を防ぐための作戦なんでしょうか 皆さんけっこうな時間待っているようでした。

投票は呼ばれた人 一人が記入?(インドネシアは選んだ方に穴を開ける方式だったような?)
投票してから次の人、、、って ちょっと時間かかりすぎでは、、と思いますが。

a0310535_13174022.jpg


↑こちらの机で投票用紙を受け取り 奥の記入(穴あけ?)場に向かいます。


a0310535_13415685.jpg


投票箱も1個だけで、、、用紙を投函したあとは 手前の女性がかがんでいるところで 指にインクをつけて
もう投票しましたよー(2度投票できないようにするため) って印をつけて 終了ー!

今回2番目の ジョコ氏は 幼少期は貧しい家庭で育ったという経歴があり庶民層からかなりの人気を得ているらしい、大昔のスハルト大統領みたいですねー。
選挙用の写真の服装も めちゃめちゃカジュアルで親しみやすさをアピールしてる感じ。

1番目のプラボウは 超エリートな裕福家庭の出身で しかも スハルト大統領の娘婿だったってこともあり
(しかしスハルトの横暴な政治に やめときなはれと言った人でもあるらしい) 一般庶民にはちょいと遠い存在なイメージ。

ジョコさんについて書かれていた記事はこちら
今回の選挙の動向に関しての 一考え方については こちら

私はこちらのテレビはほとんど見ないので どういうふうな選挙キャンペーンがあったのかも 実は知らないのですが 
日本と違って 自分たちのトップを直接選挙で選ぶ!というやり方は 本当に羨ましいなと思うのでした。

日本は自分たちが選んだと思っても 政党内で誰がトップになるか分からないし なんでもかんでもうやむやにして 結局自分らのやりたいようにやってるイメージばかりで 
これで国民に政治に感心を持ってと言ってもムリな話じゃないかーといつも思っています。
こういうふうに 大事な選挙は国民に直接選ばせる、 大事な事(最近の集団的自衛権や原発の再稼働問題など) は国民投票で決めさせてくれたら タレント議員なんか選ばなくても 
政治に感心持つ人がもっと増えると思うんだけどな、、、まぁ それが日本の政治家の「手」なんでしょうねぇ(興味持たれたら困るんでしょ)、、、残念です。

投票は朝7時から 午後1時までと 今 これを書いている時間にも締め切られているはずです。

誰がなっても いい国にしてくれたら 文句ないです、、、インフレちょっと止めてー!(笑)

結果が出るのは 7/21-22頃! さて 時期大統領はどちらに!??

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2014-07-09 14:18 | その他