タグ:スピードボート ( 6 ) タグの人気記事

船着き場の男の子

ブルーウォーターに乗ってバリに行くお客さんを送っていってました。
ふと見たら3歳くらいの小さな男の子が一人船をじーーーーーっとみてた。
a0310535_12342030.jpg
繁華街のマタラムやスンギギから車で1時間かかる田舎の村に毎日たくさんの外人、ローカルの観光客がひっきりなしに行きかうトロコデ(Telukkodek)
私は日本の田舎町育ちで外人を見るなんてことはほぼない子供時代だったから こうやって育った(外人見るのがフツー)って子がこれからどう育っていくのか?興味津々w
a0310535_12343411.jpg
それにしても この村もギリへの玄関口になってお金持ちになったなーと 子供の身なりを見て思うのだった、、、
昔(20年前)なら ほぼボロボロの服やったもんなぁ~

a0310535_12373667.jpg
去年までこのあたりから出航してたスピードボートは現在 パブリック港であるバンサルに移動している会社が多いですが
うちが一押ししているブルーウォーターは乗船はまだトロコデから(DreamDiversの看板が目印)
バリ行きの船は ギリ・アイル~トロコデ~ギリ・トラワンガンの順でお客を乗せて 最後にバンサル港でお客さんのリポートを港の事務所に報告してからバリに向かっています(2017/2月現在の状況)


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村

[PR]
by bagus_lombok | 2017-02-26 12:48 | その他 | Trackback | Comments(0)

バリ~ロンボク スピードボート体験(ブルーウォーターⅤ編 その2)

昨日の続きです。

a0310535_17513222.jpg
出港は8:00 8:45ごろから 子供連れの家族を先にご案内(こういう細かい気配りがすごい)この日は雨模様だったので 傘もしっかり用意していました(しかもオリジナル傘・笑)荷物はとっくにスタッフが運んでくれています。
a0310535_17531434.jpg
その後ほかの乗客も乗船案内、桟橋までは1-2分というところです。前方をチャナンセット持ったマンクーが! きっと船の安全運航祈願なんでしょう すごいバリらしい!
a0310535_17541200.jpg
桟橋に停泊している ブルーウォーター5号 この船は50人乗り ほかに60人乗り 30人乗りなどあります。この画像はPCで見てる方はクリックでもう少し大きくなります。
a0310535_17553077.jpg
私が以前スランガンまでこの船を利用した時より あきらかに停泊している船が多くて ひしめきあってます(笑) お客さんが間違ってしまわないように こんな札をチェックインの時につけました、乗船前に回収です、人数チェックなどのためにも使われているんでしょうかね?
a0310535_17572280.jpg
船に案内してくれた人、荷物を運んでくれた人 いろんな方にお世話になりました!ありがとう~、さて私も乗りましょうか。
a0310535_18074846.jpg

a0310535_18075760.jpg
シートは長椅子タイプ 座席の間隔も広いとはいえないけど そんなきゅうくつでもない感じ (これも画像大きくなりますよ)
a0310535_18080464.jpg
50名で 3名用シートと2名用シート スランガンからのお客さんは30名くらいだったんで 最後に乗った私は一番前の3人用の席にとりあえず陣取りました サンダルぬいシートに足伸ばして はー楽ちん(笑)
a0310535_18081043.jpg
座席から床にはこの船も足がつきませんでした(笑)でもこの船はフットレストとまではいかないが足の短い人用に足をかけるところがあってよかった(笑)
a0310535_18081637.jpg
トイレももちろんあります、しかもそこそこ広さがあり 清潔!掃除を入念にしてるなってのがわかります。
a0310535_18221278.jpg
200馬力のエンジン5機!エンジン全開で出発~~~~とパダンバイにつくまではよかったのですが 実はこの日はエンジンの調子が悪かったようで 何度かエンジンを止めて そのたびチェック!
8:00スランガン出港 9:00パダンバイでお客さん14名を追加して 出港したすぐに一回目の停止  それから あーまた止まった、またーという感じでした。
皆さん楽しいホリデーで来ているので ちゃんと着けばいいよーてな感じでした、スタッフは焦っていましたが(笑)

メカニックの人も一緒に乗っていたので 何やら相談しながら あーでもないこーでもないと エンジンなだめながら走って 予定より30分くらい遅れて 11:45 ギリ・トラワンガンに到着しました。
このままエンジン動かなくなったらどないしよとか思いましたが いつでもなんとかなるのがインドネシア(笑)無事につけばそれでよし!
船長さんいわく 雨などで波があってコンディションのよくない時はこうなっちゃうことも あるらしいです。

スムーズにいけば それが当たり前って思いますが こういうこともあるんだと言うのをお知らせできてよかったなぁと、、、日本のようにパーフェクトにはいきませんのでー! 
Don't Worry be Happy ですねぇ



ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村

[PR]
by bagus_lombok | 2016-12-12 18:42 | 移動 | Trackback | Comments(0)

バリ~ロンボク スピードボート体験(ブルーウォーターⅤ編 その1)

a0310535_18262559.jpg
ひさしぶりのブルーウォーター乗船リポートです、前回のGiliGili ギリギリ(笑)に続き バリ~ロンボクのルートです。
いつも私がロンボクから乗るので 日本から来て ギリ息の船に乗る方にとっては???マークだよねといつも思ってたんですよね。
個人事情なんでけど せっかくバリに行くんだから 最終日もめいっぱいバリにいたい(最終フライトは19:45・笑)だったんですが 昨今ロンボクにも大きなモールができて バリに行ったらのぞいてたお店がロンボクにも来たので ショッピングの選択肢はなくなったので 朝イチでバリを出発しても 未練がなくなりました(笑)

12月現在 オフシーズンで ブルーウォーターは一日1往復のみ サヌール近くのスランガンから8:00出港 9:00パダンバイ経由 10:00ギリトラワンガン到着 10:30 ロンボク本島(トロコデ)~11:00ギリアイル というスケジュールです。

復路は 11:15 ギリ・アイル発 11:30 ロンボク本島(トロコデ)発 11:45ギリ・トラワンガン発 パダンバイ 13:00到着  スランガン 14:00到着 です。

いったん バリからの乗客を降ろしてから バリに向かうお客さんを乗せるので 10:00にトラワンガンでボートが来ても バリに行くお客さんは乗れないということです。
ちょっと無駄な動きのような気もしますが これだったら 荷物の取り間違えなどないでしょうね ほかの船では 乗る人 降りる人 同時ってのもありました。
a0310535_18551718.jpg
8:00スランガン発 私はクタのホテルに泊まっていて ピックアップは6:30-7:00 基本ほかのお客さんと乗
り合いになりますが この日はクタにはほかのお客さんはいないってことで 私一人だったので 6:45にピックアップでした。

前回の ギリギリでは3組乗り合いで 最初にピックアップのお客さんが寝坊したとかで かなり待ちました。
ブルーウォーターではこういううことがないように 追加料金でプライベートの送迎も往復受けています(2016年現在 Rp150.000/車の追加料金)
a0310535_18554068.jpg
スランガンに直行~ってことで なんと15分くらいで到着! 普段は40分以上はかかるようなところなのに、、、さすが朝ですね
a0310535_18555558.jpg
到着すると とりあえずは 預け荷物をスタッフに渡して カウンターにチェックインです。
a0310535_18572499.jpg
うちのような業者に頼んだ場合でも 名前だけでチェックインOKです。(特にバウチャーなども必要なし)
a0310535_18564098.jpg
向かって右はいつもお世話になってる セールスの女性、この日は土曜日でお休みだったのに わざわざ出勤してくれはって 恐縮でした^^;
いろんな船の方と電話越しで話したりするのですが ブルーウォーターはいつも気持ちよく対応してくれるので 安心です。
a0310535_18565805.jpg
a0310535_18571083.jpg
a0310535_18575842.jpg
待合はテーブルとイスで 無料のコーヒー、紅茶を飲みながらのんびり過ごせます、もちろん フリーwifiもありました。
a0310535_18584471.jpg

6:30-7:00のピックアップだと 普通のホテルは朝食が7:00からというところが多いので この場合前日にブレックファーストボックスを頼んでおくと パンとバター、ジャム バナナと卵など 簡単なものをつめてくれるところは多いので こちらで食べることもできます。ここだとコーヒー飲み放題だし(笑)
a0310535_19013839.jpg
a0310535_18582327.jpg

こちらでも サンドイッチ類がオーダーできるようなので トマトチーズサンドイッチを頼んでみました、時間ぎりぎりの人でも慌てないように お弁当仕様なので安心、お味もまずまずでした、ポテトも揚げたてで美味しかった。 
クラブサンドイッチ、チキンサンドイッチなどは Rp50.000 トマトチーズは Rp350.000(2016/12現在)でした。
a0310535_19023940.jpg
ワンコがじーーーっと見つめる中 さすがにトマトサンドは君は食べないよね(笑)事務所の番犬君?
パダンバイなどは色んな船会社がひしめき合ってて こんなゆったりな待ち時間ではないので こういうところもブルーウォーターのポイントは高いです。
(パダンバイのブルーウォーターの事務所はここよりかなり狭いですが 待合スペースは他とくらべまだゆったりめです)

スランガン島の南には バリのゴミを埋め立てる処分場があり 朝から大雨が降ったこともあり けっこう匂ってきたのが やや辛かったです。
まぁでも 待合のほんの半時間ほどですので 我慢^^;

次回に続く
ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村



[PR]
by bagus_lombok | 2016-12-11 19:12 | 移動 | Trackback | Comments(0)

ロンボク~バリ スピードボート体験 ( GiliGili 編 その2)

a0310535_14392357.jpg
その1から すでに3か月たってしまいました、とほほ、 ママハナ まだ生きてます~!

船に乗り込みました、お席は40席ほどありますが この日はガラガラで どこでも席選び放題。

a0310535_14341482.jpg
a0310535_14352815.jpg
座席はオレンジの明るい色でいい感じなんだけど やや薄汚れてきています、ま こんなもんでしょう。
席の感覚も ブルーウォーターやオンバックギリなどとほぼ同じ。
162cmの私でちょうどくらいですが(それでも狭く感じましたが)欧米人の男性にはかなり狭そうな感じ。

a0310535_14363976.jpg
a0310535_14375898.jpg
座席の一番後ろ 外に出たところにも 後ろ向きに2席あるんですけど ここは向かいにベンチタイプのシートがありますが
この感覚が私が足を思い切り延ばしてつくくらいで けっこう広々~!けっこうねらい目の席かも?
ただし 波が高いときはけっこう水しぶきがかかりそうです、ベンチシートの場所は群れてしまうと思います。

あとお水はほかの船と同様 小さいボトルを1本くれました、ここはさらにチョコパンもついてて ちょっとうれしかったり(笑)

a0310535_14381460.jpg
トイレもコンパクトながらちゃんと水洗、手動ウォシュレットも完備でポイント高い。

a0310535_14380942.jpg
8人様限定ですが 上にも登れるみたいです、この日は上がってる人は、、、いたかな???(もうすっかり記憶が・笑)

a0310535_14382360.jpg
200馬力のエンジン搭載で快調にロンボクに向けて走ります~!

Giligiliのバリからのルートですが 
9:30パダンバイチェックイン  10時出発 11:10 トロックナラ(ロンボク本島)到着
ギリ・アイル 11:20 ギリ・トラワンガン 11:30 となっています。
最初にギリにはいきませんのでご注意

降りたところから バリに行くお客さんも乗せていきますので こんな時間通りにはいかないんじゃ?と思いますが。。。

こちらはロンボク~ギリ~パダンバのスケジュール

トロックナラ 11:00チェックイン 11:10出発
ギリ・アイル 11:20発
最終ギリ・トラワンガンからは 12:00pm出発 13:30パダンバイ到着です。

a0310535_14384943.jpg
トロックナラには立派な桟橋がいつの間にかできていて 船から降りてくる人目当てに出店がいっぱいでて かなりごちゃごちゃしてました。
この日は別の船が入っていたからか? Giligiliのボートは ビーチから降りることに、、、、

a0310535_14384416.jpg
やっぱりこういのはすぐに書かないと その時感じた事とか忘れてしまいますよね~

Giligiliは閑散期でもほとんどちゃんと運航していました、迎えのクルマはほかのお客さんのおかげで やや遅れてしまいましたが
ちゃんと迎えに来てくれましたし 荷物もちゃんとポーターが運んでくれて楽ちん、しかもお値段もお手頃価格(うちは Rp600.000/名)
ファシリティはよいけど おお客がなかなか集まらない オンバックギリ 閑散期はこちらをお勧めして 数名のお客様にご利用いただいて好評でした~!



ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。
インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-09-13 15:15 | 移動 | Comments(0)

ロンボク~バリ スピードボート体験 (ギリ キャット編)

a0310535_14332418.jpg
追記:2016/9/15 ギリキャットが パダンバイ港から出港直後 火災を起こし 3名の乗客が亡くなる事故が発生してしまいました。
2016/12月現在 営業休止中です。
亡くなった乗客はいずれもヨーロッパからのお客さんでした、ご冥福をお祈りいたします。。
http://www.gilicat.com/tmp/rel2.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年末年始まであと1ヶ月というここのところ 日本のお客さんから年末のボートや空港送迎のメールなんかがぽつーぽつーと入ってきてます。
11月にあったリンジャニ山の新山の噴火で 今年の年末はどうなるか?と思いましたが まだ噴火はあるものの 空港閉鎖までにはなってない模様です。

とりあえず バリからギリに入る スピードボートは噴火の影響はないので心配なしですが 
うちがいつもおすすめしている ブルーウォーターは 相変わらずの人気で 12/20すぎから お正月までの予約はもうほとんど埋まっているようで 予約が全然入れられない!

ということで 他にどこかないのかー?ということでブルーウォーターと同じような時期から運行しているギリキャット どんなもんだろうか?と乗ってみました。

a0310535_14413832.jpg

今回はロンボク本島のトロコデから乗ります、スンギギエリアからの送迎はないので各自で向かいます。
タクシーで Rp100.000-120.000(40分くらい) 出発は11:40なので 11:00頃には港でチェックイン、場所は ヴィラオンバックの船着場にあります。(2015/11月現在の出港地、変更になる場合あります)
桟橋ではお兄ちゃんらが釣り糸たらしてました、のんびりしてるなー(笑)

ルートは バリ パダンバイ から ギリ・トラワンガン、対岸のロンボク本島(トロコデ)です。(ギリ・メノ アイルには行きません)

南部エリアのピックアップが6:30-7:30ごろ 8:45 パダンバイでチェックイン 9:15出港 ダイレクトに ギリ・トラワンガンへ 10:45到着
ギリ・トラワンガン 10:50までにチェックイン 11:20 出港  11:30ロンボク本島(トロコデ)到着 10:40トロコデ出港  13:00パダンバイに到着  
そこから 南部エリア、ウブドエリアに車で送迎となります。

a0310535_1452476.jpg


時間通りに来ました~ 何度も船体は見てるけど 乗るのは初めて

船内の画像

a0310535_1453280.jpg


a0310535_14534311.jpg


船内はめちゃくちゃ シンプルです、座席もベンチ式なんで 細い人なら3人 デブの大きな白人だったら2名
前後の感覚もかなり狭いけど 後ろの座席は足元がスキスキなんで 意外と大丈夫?(笑)

荷物もお客さんの座席のところにのせるようで 今回は人数少ないから余裕だったけど 満席になったら 通路のところまで荷物置かれるかもしれません。

a0310535_145334100.jpg


私は入ってすぐのところの席に座りましたが・・・・・

a0310535_14535772.jpg


すぐ目の前の出入口、戸はついてるけど 開けっ放しで走ってました(笑) いい風入ってきてたな~(笑)
この日は海況もよく ほぼベタ凪でしたが 少し波がある時とか風が強い日は波しぶきがどばーっと入ってくるので そういう時はちゃんと扉は閉めてくれます、でもエアコンないし 窓ははめ殺しだから きっと暑いのではと思います。

a0310535_1458420.jpg


走りだしたら お兄さんの緊急時の救命胴衣の付け方の説明など。

パダンバイ~ ギリ・トラワンガン~ロンボク本島~パダンバイとまわって行くので 今回はそのままダイレクトに パダンバイへ向かいます。

a0310535_1510737.jpg

お客には 500MLのペットボトルが1本ずつ配られたんだけど この船には大きな欠点がひとつあり それが・・・
「トイレがない」!!!  スタッフに聞いたので間違いないです、この船は Gili Cat Ⅱなんだけど 1はちゃんとトイレついてますよーって でも基本的にメインで使っているのが2だと思うんだが。。。
だから あー喉乾いたって お水飲んで トイレに行きたくなっても 行けません!水分摂取は気をつけんとあかんーと思うと ますます(笑) これはほんと危険です。


船ももう何度も乗って 途中の景色も毎回同じなんで 感動度が低くて 必要なところ以外 全然写真撮ってませんでしたー(>_<)

a0310535_15145668.jpg


そして1時間半のち 船は無事 パダンバイ港に到着~、海のコンディションがよくてよかった。

a0310535_15164579.jpg

船の外では 飲み物などを売る人がしっかりスタンバイw 

船から出て パダンバイ側のスタッフが点呼とるので 呼ばれたら 指示にしたがって 車の場所まで進みます。

a0310535_15222648.jpg


自分の荷物は自分で確認して さっさと運ぶべし パダンバイはほんといろんな人がいるので ちょっと気を引き締めていかんとあきません。

a0310535_1527332.jpg

ギリキャットがガラガラだったんで 噴火の影響でお客さん全体に少ないのか?と思ったら ギリキャットのあとに来た エカジャヤは 大盛況ー! これからギリに行くぞーというお客さんがいっぱいいました!

a0310535_1526166.jpg


今回は割れ門出て すぐ右のところに車を駐めてくれてたんで まぁまぁ楽ちん

a0310535_1527157.jpg


a0310535_15272052.jpg


自分の会社の専用車持ってます、やや 年季はいってるなーという感じでしたが 大きい車なんで楽ちんでした。

今回南部方面に行くお客が私含め5名いるはず、、だったんだけど いつまでたっても2人が乗って来ない!
ドライバーがトイレに案内して そのあと自分は車に戻ったらしいんですが そのお客さんは行方をくらましてました。
推測するに 個人のトランスポートの人が勝手に誘導して (ギリキャットの送迎のドライバーと間違えてた)乗っていっちゃったんじゃないかしら?という結論に、、、あとでもめそう~
20分以上待っても来なかったので 仕方ないってことで 3名は 南部に向かったのでした。

今回の感想としては ギリ キャット自体は 実績も長く 知名度もそこそこあるので 天候不良以外は お客が少なくて運行できないということはあまりなさそう(この日は往路で15人お客さんがあったとのこと) 

船や車のファシリティに関しては スタンダードレベル 
公示価格 Rp1.200.000-(往復)で オンラインブッキングで Rp1.080.000-(往復) でお値段もまずまず。 (うちの値段も公示とほとんど一緒、、です)

やはり ブルーウォーターのクオリティにまさるものなしですが オペレート的には しっかりしているので 選択肢の一つとしてもOKとな会社だと思いました。

ランガウィサタでも予約できますよ~お問い合わせください。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2015-12-01 16:25 | 移動 | Trackback | Comments(3)

ロンボク-バリ スピードボート体験(ブルーウォーター編)

またもや久しぶりの更新です^^;

a0310535_16562640.jpg

ボートキャプテンの背中、めちゃくちゃボート操作が上手でした。

今や大人気のギリ島 その立役者になったのがバリからギリにダイレクトに入ることができるスピードボート
その中でも老舗中の老舗がこのブルーウォーターです(もうひとつはGILI CAT)
今回ご縁あって ロンボク本島からバリまでのルートに乗ってみました。

ブルーウォーターは バリのスランガン(サヌール)~パダンバイ→ ロンボク島 ギリトラワンガンと向かいのトロコデ湾のルートで運航しています。

a0310535_16581195.jpg


a0310535_177642.jpg


ロンボク島側の乗場はギリが目の前に見える トロコデ(TELUK KODEK)湾から出ます。
一番有名な会社なので タクシーでブルーウォーターの乗場というとたいてい知っていると思います。

a0310535_1723617.jpg


掘っ立て小屋のようなところにチェックインカウンターがあります(笑) ギリと違って それほどお客も多くないので のんびりした雰囲気

トロコデ出発が11:30  チェックインは11:00くらいまでに~ということだったので10分くらい前に来たら 目の前に船が!・・・・しかしこれは降りるお客さん用に寄港したらしく
船はこのあとギリに行って バリからのお客さんをおろして ギリのお客さんを乗せそのあと こちらに戻るんだって(他の船もそういや そうだった) 焦らない焦らない

a0310535_1774286.jpg


そして待つこと30分 11:30出発 ほぼ時間通りにやってきました。 船が来る少し前からスタッフはお客のカバンを桟橋まで運んでスタンバイ

a0310535_1794844.jpg


荷物は船の前のところに大きなスペースがあるようで 船到着と同時に 乗船スタッフが荷物を受け取ってこちらに収めていました、
ロンボク本島からの乗客は私入れて4名のみ あっという間に乗船、、、、のんびり取材してる時間なかった^^;
ギリでも 桟橋を使っているようなので おそらく足を濡らすことはなさそうです。(他の船はビーチからの乗船が多く 足ぬらす覚悟で!)

a0310535_17134285.jpg


いつもながらですが 白人さんチームは船上部を陣取っていましたけど、、、暑くないのかしら?と毎回思う 今回の乗客は 私と娘以外は100%白人でした^^;; 

予定時間の11:30くらいに 船は出港~!午前中は風も波もなく 船はすべるように走りだしました!

a0310535_17184578.jpg


a0310535_17185939.jpg


座席間隔は他の船と同じく かなり狭く 体の大きな白人にはかなりキツイはず 私は船長の操縦席のすぐ後ろに座ったので 少し足を伸ばせるスペースがありました。
走りだしてすぐに 水とキャンディが配られました。

a0310535_17211290.jpg


途中の海況もパダンバイまでは波もうねりも 風もなく 超快調に走っていました! 出発して 45分でバリの東側が見えてきました!アグン山も!!

a0310535_17232943.jpg


12:40ごろ ギリ 東部の港(ロンボク行きのフェリーもここから出る)パダンバイに到着!
船着場は先着の船が2隻着岸してたので むむむ これが出るまで待つのか?と思ってたらその船のヨコに船体をつけて 船つたいで荷物とお客さん2名をおろして・・・・
5分少々で パダンバイを出発! この時の船長の梶さばきが最高でした、、かっこよすぎる!

そしてパダンバイからスランガンですが・・・・
ここからうねりが出てきて スランガン到着までけっこう うにょ~んといううねりの中船は進み ちょっと怖かったです、一緒に乗った 末娘(8才)到着まで私の腕をはなさなかったw全身力入りまくり

あぁぁ 疲れたねぇ ほんま^^;;;

a0310535_1729182.jpg


13:30 ほぼ予定通りに サヌール スランガンに到着

a0310535_17345416.jpg


お客さんを先に誘導して ブルーウォーターの事務所に連れて行きます。すべてのお客が下りてから 今度は荷物を運んでいました。
とにかく荷物とお客をごっちゃにしない、、当たり前のようですが 他の船は荷物がのりきらななくて お客さんの座るところの空きスペースに荷物積んでたり 昇降時に荷物も運んだりって 普通にしてましたので・・・
今回のこのスマートさには ちょっと感心しました、こういうところかなりポイント高いですよ。

a0310535_17372476.jpg


降りたところから徒歩約3分くらいでしょうか?ブルーウォーターのバリ事務所です。

a0310535_17382983.jpg


a0310535_1739414.jpg


a0310535_17411428.jpg


待合には無料のコーヒーサーバーの他 ジュースやアイス、スナックなども有料ですがおいています。
無料のWIFIもあるので 待ち時間も退屈することなく過ごせそうです。

a0310535_17441975.jpg


どの車に どのお客を乗せるかも あらかじめちゃんとリスト化されていて 待っていると名前が呼ばれます。
基本他のお客さんと一緒です、プライベートでの送迎リクエストは追加の料金を払えば可能です。

a0310535_17453179.jpg


こちらはオマケのギリ・トラワンガンブルーウォーターのオフィス パブリックボート乗場の近所にありますのですぐ見つけられます。
ギリから乗船の場合はチェックインはここで!

a0310535_174506.jpg


お値段は公示で片道 Rp690.000- (2013/11月現在の価格)
約7000円近いので うはっ!高い!と思うかもしれませんが(うちはもう少しお安くなります、、とさりげなくセールス・笑)
飛行機を使った場合は [飛行機代]と[ギリ~ロンボクの空港][バリの空港~バリのホテル]の送迎代金
(ギリ~ロンボクの空港までは 車とボートで1万円くらいするのも珍しくない)がかかりますし それぞれの移動の時間、空港での待ち時間も考えると そうベラボーに高いとも言えないかもしれません。

なによりブルーウォーターの場合 保険とサポート体制がかなりしっかりしています。
今回は海況がよかったので 問題ありませんでしたが 風の強い時や荒れるシーズンには 船がオペレートできない、という日もあるようで そんな場合でも 飛行機やフェリーの手配をしてくれたりと フォローはかなりしっかりしていると セールスの方が言っていました。
スピードボートも年々競争が激しく お安い会社もありますが そういう会社も乗り比べての今回 ブルーウォーターはかなりおすすめ度が高いと感じました。


これまで乗った会社のリポートはこちら(旧ブログ ママハナのロンボク日記に飛びます)

KUDA PUTIH編

BALI SEA MARLINE編

これ見ると やっぱりブルーウォーターは クオリティ高いなぁと思うはず?(笑)
Rangga Wisataで このあたりの船はどれでも手配可能 でもって 公示よりお安いです(営業!)

質問などもお気軽にどうぞ~!

2015/2/6追記 ブルーウォーターのイメージビデオです、これ見たら やっぱり行きたくなるかな?



ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2013-11-13 18:03 | 移動 | Trackback | Comments(0)