タグ:観光 ( 14 ) タグの人気記事

一年中見学できる東ロンボクの塩工場

a0310535_16382551.jpg
前回の塩田は乾季限定、でもそれじゃ 島の需要を賄えない?
以前は市場で塩を見ると 茶色っぽいのごつごつした塩(これが塩田の塩か?)か ゴミのまじったようななんだか汚い塩しかなくて 
スーパーのきれいにパッケージされたスラバヤ産のイルカ印の塩を使っていました。
スラバヤ在住のお客様に聞くと スラバヤにも塩田があったらしいです はて?

塩の原料になる東ロンボクの海水は 何度かブログでもご紹介したとおり 
西の海にくらべ透き通ってとてもきれいなイメージ、たしかに塩作りには適してるかもと思いつつ 
表の通りで塩を買って 作ってるところを聞いてたずねたわけです。(買ったところからすぐのところでした)
a0310535_16390685.jpg
塩工場ーーーー
ぼろぼろのバラック小屋の軒下に巨大なアイスクリームのような塊が並んでました、いやーなんかいい感じじゃないですか。
a0310535_16403244.jpg
一歩作業場におじゃますると 3つの釜が並んでおり 釜口からは赤い炎がもうもうと、、、、
灼熱の空間です!燃料は最初訪ねたと時はもみ殻、次行ったときはトウモロコシの芯 
その時々により農産物から出たものを引き取っているようです! すばらしい二次利用。 
最初の時はもみ殻だったので 畑の土用にズタ袋満杯燻炭をもらって帰りました!
豆腐を作るときに使うにがりも副産物でできるんだけど これももらって帰りました。
これで美味しいロンボクの豆腐ができるんやね!
a0310535_16393466.jpg
工場は家族経営 両親と 息子夫婦や弟君 みんなで24時間休まず火をいれているような話でした、交代でね。 
孫も釜の近くでおとなしく遊んでいました(ひえー)
a0310535_16400247.jpg
主に女衆が結晶化した塩をすくって すくってーすくって~ って 
男衆は何してるんやろ?というくらい お母さんと 息子の嫁?の2名 せっせと働いていました。
すごい汗!乾季の時はましだろうけど 雨季のムシムシの時なんか大変だろうなー

a0310535_16401382.jpg
マタラムではこの釜炊きの塩が1キロ5000ルピア、40円くらい?
ここに来る前は塩だからそんなもんでしょと思ってたけど 彼らが仕事をしている姿見て なんだか申訳なくなりました、、、
この日 アイスクリーム1個分を買いましたが もちろんですが市場価格より もっと安かったです、
重さははからず1個なんぼ、、、だいたい10キロ計算くらいでやってるのか?この辺のアバウトさがすばらしい。
帰って計ったら11キロくらいありました(笑)
a0310535_16411287.jpg
こんな素朴な塩工場 日本にあるかな~?東ロンボクの島めぐりのあと 時間があるようでしたら 
ぜひ ここも見学しましょう!

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


[PR]
by bagus_lombok | 2017-11-17 16:43 | ツアー | Comments(0)

乾季限定 東ロンボクの塩田

a0310535_17484975.jpg
東ロンボク 南東の島々やビーチに行く船が出ている タンジュン・ルアールは
インド洋の大きな回遊魚があがる町としても有名ですが 塩も有名
港の手前の道沿いに昔からある塩田と釜炊きの作業場があります。
以前は塩田が多かったようですが 作業が大変なこともあり 徐々に数が減っているようです。
a0310535_17493488.jpg
8月にも 島々を見ようと お友達とこちらを訪ねた際に 2月に来た時にはなかった塩田に人がいて 
結晶化した塩を集めていました!なるほど雨の降らない乾季限定なんだねー
a0310535_17514659.jpg
しかしこの日は海は季節風が吹き荒れ 海は冬の日本海のような鉛色、、、白波もたってるし^^;
さすがにこの状況で船を出しても 絶対楽しめないってことで急遽島めぐりはとりやめ 
塩を作ってるところ見に行こうということに。
a0310535_17502733.jpg
塩田は近くまでは近づけなくて 遠目に眺めるだけでした。。。

太陽の熱で蒸発してきた塩田の表面の塩をなるべく上澄みだけ 土
混ぜないようにそろーーっとあつめていました、集中力が必要な仕事ですね。

日本の塩田のように 塩水をまいたりしているような感じはなかったです、どうやってこの海水ためたのかな?
a0310535_17504440.jpg
しかし周囲はなんだかドロドロの田んぼみたいだし すぐ横には車やバイクが往来してるし、、、
ゴミもういてる、、うーーーむ な環境でした。
a0310535_17512997.jpg
この目の前で売ってた塩、 以前は市場の塩って なんか汚いなと思ってたんですが 
いつのころからか 綺麗な塩が手に入るようになってたんです。
汚かったのはこの塩田の天然塩だったんでしょうねー

この釜炊きの塩作る作業場もこの近くにあります、次回はこちらのご紹介!
a0310535_17513984.jpg
この塩田の前にある家の子供、、、なんか ほっこりする風景ですよね


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-11-14 17:56 | ツアー | Comments(0)

ウワサのピンクビーチは遠かった

a0310535_18252288.jpg
電柱のある島からの続き
タンジュン・ルアールで船をチャーターすると 砂の道ができる島、海の電柱がある島と 
東ロンボクで数年前に話題になっていた ピンクビーチなるものをめぐるのがセットになっています。

a0310535_17215845.jpg
この日も電柱は見たから じゃ次はピンクビーチに、、、、のはずでしたが 娘たちが 「宿題まだやってへん!」と言い出しました 
海の電柱の島から ピンクビーチはけっこう離れていまして、、、そこまで行くと時間がかかりずぎ!
ボートキャプテンが 皆が行くピンクビーチじゃないけど 近いところにも同じようなところがあるよ、というので 
船で20分くらい行ったところの ピンクビーチかも?に行くことにしたのでした。
a0310535_21451973.jpg
グーグルアースで見ると なるほど同じ海に向かって いくつかビーチが並んでいますよね。
通常皆が行くのが タンジュン・リンギットという東ロンボクの端っこにある岬の近くのが 
ザ・ピンクビーチということになるらしいのですが
以前行った友人がウキウキして出かけたのに どこがピンクビーチやねん(インドネシア語です・笑)
といって帰ってきていたので まぁまぁ状況は分かっておりました。
a0310535_21320541.jpg
ま、こんなもんでしょう 
a0310535_21323445.jpg
綺麗なパウダーサンドに 赤いつぶが少しだけまじってるのが見えました、これが太陽の加減なんかで ピンク?に見えたりするのかな?
a0310535_21331809.jpg
ピンクというよりは サーモンピンクのような感じかな?ちょっとエアブラシで色つけてみましたw

隣のビーチの間が小高い丘になっていたので ちょっと上って見下ろしてみましたけど 
あたり一帯ほんまになーーーーんにもない荒野が広がっております、
ここまではリンジャニ山の水の恵みもないので作物もできないような土地なんだけど 昨今の投資ブームで オンザビーチっていうだけで
a0310535_21350442.jpg
けっこうな値段がついているようです。
将来はクタのような大規模開発が、、、、ないな(笑)

いまだにこんなに何もない土地なんですけど 第二次世界大戦のころ 日本軍が
一時こちらに進駐?していた時期があり(敗戦前の数年間は日本のものだったというお話)
その際に東のこの端っこに日本軍が大砲 をそなえつけていたものが いまだに残っている!んだそうです。
先日お友達のFBでも見てびっくり!すごいな日本人
a0310535_00531064.jpg
次回はゆっくり時間をとって このタンジュン・リンギットの大砲を見に行きたいと思っています。
ついでに ご本家のザ・ピンクビーチも!


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。

[PR]
by bagus_lombok | 2017-11-12 21:51 | ツアー | Comments(2)

海に続く電柱を見に! 

a0310535_16251343.jpg
念願のギリ パシールのあとは 海の中にある???という電柱を見に!
a0310535_16262795.jpg
衛星画像から見ても けっこうすぐのところにあります。
a0310535_16261988.jpg
まさかの海の中の電柱群 ほんまにありましたーーーこんな砂地にどうやって建てたんだろう?

さっきの島は干潮だったけど こちら これから潮が満ちてくるよーって するすると水が入ってきていました、
でもまだまだ序の口なんで Gili Bembek まで じゃぶじゃぶ歩きましたよー
いやー東ロンボクは本当に水がきれいだな~
近くには人が住んでる島もあるし もう少し汚れてるかな?と思ってたけど なんのなんの 
清らかで 透き通っていて くたびれていた心の洗濯ができたような?(笑)
a0310535_16293171.jpg
これが電柱が送ってる電力を使っている島 別の場所にある桟橋から 上陸してみました。

この島の話を書かず 少し前に 「電柱はどこから来てる?」ってのを投稿してしまいました。 
Facebook 見ていただいた人は わかるかもしれませんが ブログだけ見ていただいてる方にはなんのこっちゃ?ですよね 
この島のことなんです。へへへ

まだこちらには再訪できてません これから雨季になるので 東側はなかなか厳しそうです 来年の乾季になってからかな?
a0310535_16280600.jpg



ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-11-06 16:32 | ツアー | Comments(1)

砂の道ができる島 Gili Pasir


a0310535_15594019.jpg
長年ロンボクに住んで 旅行業もしているくせに 実は出不精なママハナでしたが 
同じく在住の長い友人が最近ヒマさえあれば ロンボクの島のいろいろなところに出かけて SNSにアップするのを見て
「私もどっかいきたい!」と 9-10月は その友人も巻き込んでいろいろ行きましたが
その中でも行ってよかったーというのが今回の東ロンボクの島々

東ロンボクといえば 私の中では北東にある
a0310535_16114897.png
このあたりの島でした こちらはダイビングポイント(ダイバーのヨメです・笑)で お客さんと何度もいろんな島に行ってきていましたが 
今回のGili Pasir は 同じ東でも南東のエリアです、以前は道もよくないし 治安もよいイメージがなく 足がむいていませんでしたが、、、
友人の投稿みて これは行かなければと(笑)
a0310535_16135314.jpg
私の住んでいるマタラムからは 車で1.5時間 スンギギからだと2時間くらいかかります。 
途中 乾季だったのでタバコ畑を見ながら ドライブ 到着したのは Tanjung Luar という港町、
ここはインド洋で釣った大きな魚があがる港としても有名です。ここで島をめぐる船をチャーター 
a0310535_16143421.jpg
途中 養殖いかだなんかを見ながら 20分くらいで、、、見えてきたよーーー
a0310535_16152844.jpg
朝出発がやや遅く 私たちが到着したときは すでにお昼すぎ、、、
朝早いインドネシア人はさっさときてもう次の場所に移動したあとだっのか?
無人状態!祝日だったんで いっぱい人いるのかと思ったけど、、、拍子抜けでした。
a0310535_16164900.jpg
干潮時だったので 向かいのGili Kere の間にある 砂の道ができてました!
a0310535_16161968.jpg
チャーターした船には船頭さんとアシスタントの2名が乗ってて アシスタントの若いお兄さんがガイドもしてくれます(インドネシア語)
島につくと 指さしたのが、、、ヒトデ君、、、なんでか ものすごくよい位置にいたので そのまま写真撮ったんだけど 
あとから考えるときっと先に来た人がセットしたのかも?しかしヒトデって海の中にいると意外と逃げ足早かったりするのです。 
a0310535_16173539.jpg
このページです!(クリックすると別ページで開きます)
今回は満潮時ではなかったんだけど インスタなどで検索すると いろいろ出てきますよ
満潮の時は砂の道は見えないけど 膝くらいまでつかる程度で 向かいの島まで歩いて行けそうな感じです。
a0310535_16191348.jpg
この日は 午後1-2時 天気も最高によくて あまりの暑さに歩くのは断念したのですが。
私たちのあとに来た船 島と島の間に船をとめて お客さんがそこで降りて こちら側まで歩いてきた!
そして彼らを乗せてた船が私たちのいるところまできてお客さんが来るのを待ってましたよ
なるほどそういう手もあるよなーと(歩けるところまで歩いて 途中ピックアップしてもらう)
あとで気が付いたけど これはまた次回でしょうかね?
a0310535_17030435.jpg
この画像は一通り島めぐりをして 港に向かっているとき、朝一でここに行ってから ぐるっとタンジュンリンギットの岬まで行き
帰りにもう一度こちらの島に来るというのもありみたいです、けっこう時間差があるので 干潮時、満潮になりかけとか
ちょっと違う表情が見れるはずですよ。

インスタのおかげ?でロンボク中のきれいな場所が紹介されて 実はどこもかしこも ローカルが押し寄せ捨てていく大量のゴミでどこもえらいことになっているのですが この島だけは仮にゴミをポイ捨てしても満潮時に 波がきれいに掃除してくれるので(笑)
ゴミ一つおちてなくて ものすごくきれいでした(笑)

a0310535_16201651.jpg
そーじゃないやろ!ゴミは持ち帰りましょうね。

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-11-05 16:22 | ツアー | Comments(0)

絶景 GanggaのTreeHouse も行こう

a0310535_17185941.jpg
ガンガの滝から 10分程度走ったところにあるのが TreeHouse [RumahPohon ]
滝からまだ少し高いところに行くので 眺めはより素晴らしいです!
a0310535_17212403.jpg
5月にやはり日本人会でこの滝に来たのですが その時はこのツリーハウスには行かなかったので 
今回エレファントパークが意外と早く終了したので まだ燃焼しきれてない皆で 「いっちゃえー」(当初は予定になかった・笑)

二車線道路から 最後のほうは ほんまにこっちでいいのかー?ってくらい細い道を進みましたが 
要所要所にちゃんと RumahPohonはあっち みたいな小さな看板があって迷わず行けました。
a0310535_17211436.jpg
ツリーハウスってどんなんやろ?と思ってたけど 要するに今どきのインスタ映えしそうな自撮り用の台が
きわどい位置にいくつも設置されているという、、、、場所でした。
星形や葉っぱ型のステージ仕様(手すりなし) 竹で組んだハックルベリーになれそうな?物見台など 
インスタ見て人数が増えるごとに作ったんであろう このような台が10か所ほど、、
ものによっては Max 1orang と珍しく注意書きしてたり、、いや ほんと落ちたら 谷底にまっさかさまですからね、、、
やんちゃ盛りの子供を連れて行くのはちょいと気をつけたほういがよいかも?
a0310535_17213651.jpg
皆でワイワイ キャーキャーいいながら 各場所でポーズとりながら記念撮影
ええ年齢のおっちゃん おばちゃんですが、、、気分は小学生か?(笑)
a0310535_17214554.jpg
ガンガの滝もですが ここだけの訪問だと うーむな感じですが ここ行って景色眺めてから 
ガンガの滝で汗流してなんていうのがよいと思います。
a0310535_17215671.jpg
何度も書きますが週末は インスタグラムやFB用の写真を撮りに来るローカルで混雑しそうなので 平日がおすすめ。
a0310535_17220613.jpg
子供さんでも大丈夫そうな きわどくないところにある 正真正銘の木の家もありましたよ!

ここでは入場料 Rp5.000/1名(=40円)が徴収されます。(外国人価格があったらすみません 確認していませんでした)


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-27 17:25 | ツアー | Comments(0)

象さんのあとに?ガンガの滝

a0310535_16251679.jpg
エレファントパークはのんびりと回って食事をして 3時間程度あればちょうどよい感じでした(10/18の日本人会の遠足)
このまま帰ってもいいけど 近くになんかない?というので目指したのが ガンガの滝 
グーグルマップで見ると 40分くらいかかるような感じです。
a0310535_16255362.png
ガンガの滝は純粋に滝を見て 小高いところから風景を眺めるところと
ここからまだ少し車で走ったところにある もう少し高い場所に Tree House
名の通り木の上に小屋のようなものがある場所があります、TreeHouseから滝に行くのはちょいと大変

今回は純粋に滝の ガンガの滝のレポート(画像は今年5月に撮りました)

最近はこういうところも行政が整備してくれて 快適になっているところが増えてきました 
このガンガの滝も駐車場や道などが整備されていました。
自然の姿を残しつつというのがよいと思うのだけど あっちもこっちもその観光地の地名を大きな文字で飾るのが好きなようで 
このガンガの一番目の滝の真横にも Air Terjun Gangga みたいな文字があり 日本人一同 いけてないー!
a0310535_16505330.jpg
お友達のFBより拝借 これは南部のクタビーチ ここは小高い丘のところにもデカ文字ありますよーどんだけ↑

滝の向かって右にオレンジの鳥居みたいに見えるのがそれ今やロンボク中 どこにいってもこの文字看板、、、
(空港から始まって ギリクタ スンバルンの山の上まで デカ文字看板あります、、、オイオイ)
a0310535_16263372.jpg
駐車場から一番目の滝までは 緩やかな坂道歩いて10分もかかりません 滝の反対側は いい眺めです!
(上にあるTreeHouseはこれよりもっと上 眺めは抜群)
a0310535_16302935.jpg
そこからすぐに二番目の滝、 小さな橋を渡って 岩の隠れたところをのぞいたら
a0310535_16280494.jpg
一番目の滝と並行してある別の流れなんでしょうかねー 
この橋そんな古い感じではなかったので 道を整備したときに作られたものかもしれません 一つ目の滝だけじゃ 物足りないですもんね。
a0310535_16283760.jpg
この二番目の滝の橋の下はもう一つ小さな滝があって下がプールになってて 
ここからまた下にどかーんと落ちているところに 木の板が、、、
ここでローカルが自撮りでインスタの画像撮るのが想像できる(笑)↓↓
a0310535_16295611.jpg
落ちたらかなり危なさそうだけど 柵もなにもない、、、(笑)落ちたら自己責任の国ですからね 

このあと最後にめちゃいい!という三番目の滝があるってことで 希望者のみLet's GoGoGo
わかりにくいのでガイド君をお願いしていました。
ガイドは駐車場のところでたむろってるお兄さんたち(お願いするときに値段交渉忘れずに)
a0310535_16304999.jpg
こちらも途中まで階段ができていました 行きやすくなる=大勢の人が行ける=ゴミが、、、って図になりそうだよね 
途中からは元のまま 獣道のようなところを下りていくことに、、、10分程度で沢におりてきました。
a0310535_16315484.jpg
やっぱりここまでくる人はなかなかいない(平日だし)貸し切り状態。そして自然なそのままで 静かで とってもいい感じ
a0310535_16323798.jpg
a0310535_16580261.jpg
川の中を歩くので ここはぬれてもいいような足元が必須(1番目と2番目だけならぬれません)
森林浴が気持ち良い場所でした、途中ちょっとよじ登っていかないとダメなところなどがあるので 気をつけていきましょう。

a0310535_16583229.jpg
そして 三番目の滝の前まで!
a0310535_16592592.jpg

しかし 滝は2番目と一緒で正面からは岩がじゃまして見えないんです。
何も整備されていない場所なんで滝にたどり着くには 渡してある丸太棒を歩いていかんとあきません!
しっかりぬれてもいいような装備してきた私 丸太棒渡るのがかなり怖かったですが好奇心のほうが勝ちました(笑)
ここでもガイド君 ナイスサポートで 無事先までたどり着きました!
a0310535_17002007.jpg
この画像は先に行った友人、私は壁側顔向けて カニ歩き(笑)K嬢すばらしい!
誰も防水のカメラをもっていなかったので この先にある滝の姿は今回なし 残念

この先は丸いホールのようになっていて 光とともに上から滝の水が降り注いでくる感じ
神秘的な場所でした、、、写真撮りたかったなぁ

次回はあるのか?ですが 次回行くことがあったら リポートしたいと思います。

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。




[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-26 17:07 | ツアー | Comments(0)

ロンボクで象さんにのろう(エレファントパーク)その4

a0310535_17362855.jpg
せっかくこんな遠いところまできたんだから(?)お土産でも買う?

a0310535_17370886.jpg
園内には2か所 お土産の帰るところがあって 中央のクジャクさんやしかさんがいるエリアの中に メインのお土産ものの建物があります。

a0310535_17374075.jpg
a0310535_17392944.jpg
Tシャツがメインで ほか欧米人が喜びそうな エスニック柄の布バッグや おこちゃま用の小物やぬいぐるみ、、そんな量は多くないです。
とりあえず象さんのモチーフのものが多数!象さん好きにはたまりませんね
a0310535_17382553.jpg
つっこみどころは、、そこそこ広い店内なのに Tシャツ売ってるのに 鏡がないんですよね^^;

a0310535_17395272.jpg
2回とも 自分用にTシャツとタンクトップを購入 20%オフにつられたー。
TシャツはXL、気持ち大き目でお尻がかくれる 私にはナイスなサイズw
タンクトップは見た目が大き目だったのでMだったけど、 帰って着てみたら なんと パツパツのジャストサイズ! 
スレンダーなお姉さんだったら それもかっこいいんだろうけど 
50代のおばちゃん そのままでは外では着れそうもない、、、 ということで出番なさそう
a0310535_17405160.jpg
かわいいオリジナルの巾着袋に入れてくれます、そのままほい!と渡すより こういうのちょっとうれしい?
Tシャツにはパークのオリジナルロゴが入ってました!ちゃんと Lombok って書いてありますからね。
a0310535_17401761.jpg
もうひとつは正面玄関入ってすぐ左にあるところ こじんまりとTシャツ 帽子 布バックなどおいています。 
ここの床のタイルが象さん模様で超かわいいかったです。
a0310535_17403117.jpg
ロンボクでよくどこに行ったらよいですか~なんて聞かれるのですが 
一日コースなら この象さんと+近くの滝のセットがのんびり回れて(しかもトイレもきれい)おすすめです。

エレファントパークの公式ウェブサイトはこちらから 別窓で開きます。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-23 17:47 | ツアー | Comments(0)

ロンボクで象さんにのろう(エレファントパーク)その3

がんばって毎日書くつもりが・・・(笑)さぼり癖がつくとなかなかですねぇ
a0310535_13062640.jpg
北ロンボクにあるエレファントパークの続きです、今回はレストラン編
実は 10/18にNTB州日本人会の遠足でこちらに再訪しました。
前回は9/21なので1か月ぶり、前回は昼から出たので到着が2時、食事はしなかったので 今回皆が食べたものを激写しました。

a0310535_13135072.jpg
肝心のレストランの画像をほとんど撮っていないので公式webサイトより拝借 ^^;

a0310535_13182245.jpg
余談ですが このレストランの奥にあるトイレ、エアコンが効いてて きれい!ここで昼寝したかったくらい(笑)
18日は朝から行ったのでお昼の時間がめちゃくちゃ暑かったのです。オアシスのような場所でした。
a0310535_13181331.jpg
こchらはオープンエアー。レストランの中央には私たちのようなグループに便利な大きなテーブルもあって
 時間帯によりますが 象さんと写真を撮る場所を見下ろすような場所にあるので 象見ながらのお食事もできます。
a0310535_13152003.jpg
1日前の予約が必要ですが 象さんと朝ごはん というパッケージ(Rp380.000/pax 子供Rp304.000/pax)もあります。
場所はもうひとつあるカフェにて 間近で象さんとオランウータンを独り占め?(ほかにお客さんがあるとシェア)
で朝ごはんがいただけます。(朝8-10時)
a0310535_13194182.jpg
通常は9時オープンなので 8時から食事の予約をしておけば 本当に貸し切りになる可能性は大きそう 
なかなかこんな経験できないんじゃないでしょうか?
http://lombokelephantpark.com/tickets-packages/

18日の私たちのお昼ご飯!暑かったのでメニューにビール(ビンタン大Rp40.000/本)の文字が169.png
冷たくしたジョッキとよく冷えたビールで 一部の呑んべえで乾杯167.png ぷはーーーーおいしい~~!(写真なし・笑)
a0310535_13202992.jpg
カルボナーラはベーコンが豚、牛 どちらか選べます(ムスリム対応)この下のまな板のようなプレート流行り?(笑)
a0310535_13213149.jpg
a0310535_13214475.jpg
a0310535_13215097.jpg
a0310535_13220486.jpg
a0310535_13221769.jpg
こんな風にいろいろ頼んだ&ほかにも欧米人が数グループ 同じような時間に入ったので きっと厨房は大忙しだったんでしょう、、、
皆の分そろって出してもらいましたが待った時間が長かったです ヘタすると小一時間、、、
(この辺の心使いは評価すべきか?ばらばらでもできた順に運ぶか聞いてほしかったかも?といううわさも) 
まー皆おしゃべり好きな主婦が多かったのですが、それでも待たされた感が大。

ランチは時間をずらすか 入場券にランチセットがついてるパッケージで皆同じのを食べるのが 待たずにすむコツかもしれません。
通常の入場券がRp200.000/pax 子供Rp150.000/pax (象ライドはついてない)
ランチパックがRp300.000/pax 子供Rp240.000/pax(象ライドはついてない)
象乗りとお土産のついた豪華版ランチパックが Rp550.000/pax 子供 Rp450.000/pax(2-12歳)

あとは全体的に量が少な目です^^ 付け合わせの野菜とクラッカーやソースで
大きなお皿が一応満杯になっているように見えますが フィッシュアンドチップスの魚は えっ?というくらい小さかった(笑)
ま、、、ま(笑)
パスタとアイスティでRp100.000程度だったので 入場券+ランチのパッケージが
お得で ロンボクらしいものが食べれるかも(隣の欧米人のをのぞき見)
a0310535_13310651.jpg
前回行ったときはインドネシアの祝日だったから=お客が多い ショーケースにはケーキが並んでいて 
これを3種食べ比べましたが どれも美味しかったので今回の遠足も皆に宣伝していたのですが 
この日は残り物みたいなのが3切れのみで残念、、、  
このほかオランウータンをツーショット撮影のそばにある TessyCafeではおいしいアイスクリームが食べれます。
ひとすくい味見もさせてもらえますよ111.png
a0310535_13374920.jpg
前回は2時に入って 象ーオランウータンー爬虫類~象さんライドとのんびり回っていたら あっという間に閉館時間の5時になってしまい 食事する時間もなかったのですが 今回は10時すぎに入って 1時間もランチで待たされたけど 
13時にはもう帰ろうかという雰囲気になっていました。(こちらも3時間)
動物見てた時間が実質2時間くらいということになります。今回も皆象に乗ってたら もう少し時間使ったのかな??? 
参加者の方 タイですでに象は乗ったという経験者がいたので 今回は親子1組だけしか乗らなかったんでした。

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-22 13:43 | ツアー | Comments(0)

ロンボクで象さんにのろう(エレファントパーク)その2

a0310535_17323342.jpg
名前はエレファントパークですが さすがに象だけじゃない
かといって バリのサファリのように広大な土地に いろんな動物がわんさか
、、、というわけでもなく(笑)そこがロンボクらしくてよいんです。

園にはほかに オランウータン、くまさん、小さなかばさん、立派な角がある鹿?クジャクさんや おさるさんなど 
個人的には動物園は大好きってわけではないんだけど できたからにはお客さんにたくさん行ってもらって 
動物たちが大事にされるように(餌代が、、、)なってほしいと願っています。 
インドネシアはスラバヤの動物園が世界で最低な動物園って言われるくらいひどい環境だしね、、、(ここは国が管理している)
バリのサファリみたいにお客さんだらけなのも ちょっとなので 今くらい(よりもちょっとにぎやか?)で 
長らくがんばっていただきたいです。足を運ぶのが応援になりますよね。
a0310535_17343823.jpg
園内でツーショット写真が撮れるのが昨日の象さん(スマトラ象が4頭)
そしてカリマンタンから来たオランウータン この日写真撮ったのは ♂のオランウータン君でした(名前忘れちゃった)
a0310535_17355337.jpg
特に並ぶわけでもなく お客さん 順番に好きなだけ 撮ってました。
最初はおりこうさんにしてくれてたけど 後半はさすがに飽きちゃうよね たいくつそうにしてました。

バッグからのぞいてた ペットボトルを見つけて取られたり(笑)手に持ってるのがそれ、上手に飲んでました。
私はサングラス 取られそうになりました。イヤリングとかも引っ張られるみたいなんで そういうものははずしとくのが無難
一緒に写真撮らせてくれてありがとうね。

a0310535_17415721.jpg

そして爬虫類コーナー(笑)ここは好き嫌いが別れそうなところで 閑散としていたんで 
けっこうな時間 遊ばせていただきましたよ(爬虫類好き・笑)
a0310535_17420802.jpg
南米からはるばる来られたという イグアナ君 目を離してると やっぱり逃げようとしてるし(笑) 
係員さんに連れ戻されていました、、、ごめんよぉ
a0310535_17434702.jpg
パイソン柄でおなじみの大蛇様 脱皮したばかりということでつやつやしてました! 
大昔シンガポールのロープウェイ乗場かで 大蛇と写真撮れるコーナー
があり 嬉しそうに首にまきつけてもらって撮ったのを思い出しましたw
a0310535_17422773.jpg
ここなら首に大蛇様 横に大きなイグアナちゃんはべらせて写真撮れますよ。

なんてだらだらしていると 時間ももう4時すぎて もう少しで閉館時間がせまってる
早く象に乗ってくださいとお呼びがかかりまして 急いで象さんに乗れる場所までー
a0310535_17442182.jpg
念願?の象さん 初乗りです やっぱり乗るときは安定しないので 気をつけて乗らないと、、 ちょっとドキドキでした。
a0310535_17440465.jpg
限られた園内のコースを 10分くらいでしょうかね?のせてもらいました。
後ろに手を伸ばして お尻の上のあたり触ったら、、、ざらざら ちくちく!!
そして 象さんの尻尾でばしっ!!! 女の子だったからね ごめんごめん
a0310535_17443102.jpg
途中動かなくなった、、、と思ったら、、、 

トイレタイムでした、、、、じょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たぶんバケツ5杯以上分くらい?すごく長いこと音が聞こえてた。
園内はフンが固まって落ちてるなんてことはなかったんで しちゃったら 即お掃除隊員さん出動なんだろうな

こういうハプニングも思い出になりますよね。
つづく

ランキングがじわじわ上がってきてます いつも押してくださってありがとうございます!
今日もポチっと よろしくお願いします。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-17 17:57 | ツアー | Comments(0)