伝説の温泉を訪ねて

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しました、ポチっとお願いします!



ロンボクでリタイヤ後にロングステイされてる方が何人かおられて  その中に第二次世界大戦時に青年将校としてロンボクにいた経験がある方がおられます!
その時に怪我をして 傷がなかなか治らず困っていたところに 傷の治療によいという温泉があり そこにつかったところ 翌日には傷がきれいに治った!
というお話をお聞きして(かれこれ4-5年前?) 是非その温泉に行ってみたい!と長年思っていたんですが そこがどこだか??よく分からなかったのです。

でも久しぶりにまたお話を伺う機会があって その温泉が多分ここだ!というのが分かったとかで ご本人と在住のお仲間で行ってきたのでした!

場所はロンボクの最高峰リンジャニ山の近く スンバルンまであとちょっとという山道から少し入ったところ
実は以前このルートを回った時 ここで車を止めて おさるさんにおにぎりあげてた場所でした(笑)

a0310535_12492547.jpg


看板見てもちょっと行ってみたいって雰囲気はまるでない(笑) 以前来た時もそういやこれ見たけど なんか怖そうなイメージしかなかった(笑)
一緒に行った主役のKMYさんは多分あそこまで歩けそうもないというので 車でお留守番です。

a0310535_12534933.jpg


案内役をしてくれたローカルが「温泉まで歩いて20分」なんて言ってたけど 帰ってこの看板をまじまじみたら 2キロ!ってちゃんと書いてあります(笑)
2キロ20分ってことは 時速10キロ、、、、ムリでしょ。
結局歩いて40分以上かかりました、、、道も若干ゆるかったし 途中沢になってたりして 難関も数カ所あったため・・・途中2名リタイヤで 結局女子3名で行ってまいりました。

a0310535_12541124.jpg


入口から数十メートル セメントで舗装するような工事してました、、、そんなことしたらまたバイクで侵入するアホが出てくるのに!!精霊たちが怒るでぇぇ
途中学生さんの団体さんと会いましたが この日は雨も降りそうだったからか?他に出会う人もなく とても静かでした。

a0310535_12573030.jpg


そしてやっとこさ到着! いい運動になりました 帰りまたこの距離歩くのか・・・・

88才のKMYさんが青年の頃に傷を癒やしたという伝説の温泉は・・・・

a0310535_12592773.jpg


湯の色は真っ黒でした、、、しかもまったく整備されていない 自然なまま??(笑)休憩用の東屋も一応屋根はあるけど 座るとこがない??
以前来たことある メンバーのKさんが 「以前はあったのに??」 もしかして 板はいで燃やしちゃったのか??(ありえるだけに笑え、、、ません)   その東屋の周辺や 周りの木の枝には

a0310535_1324938.jpg


湯治しにきた人らが脱ぎ捨てていったんであろう服や腰巻きなどが捨てられてて なんだかよくない空気が・・・・
以前登ったリンジャニ山の山中にあった温泉もそんなふうで なんで服おいてっちゃうんだろうって思っていました。
聞くところによると 癒やした病気を再び持って帰らないっていうジンクスらしく・・・ナットク
日本でも厄除けに神社に行ったら 反対に厄もらって帰っちゃったって笑えない話もありますもんねぇ。

そんな汚いもんは見ない見ない、、、ことしにして 我々はさっそく湯に足をつけてみることに
温泉はほんまにちっちゃいもので あららってくらいの拍子抜けでしたが(笑)近づくと ぷぅぅ~~んと硫黄の匂いが強烈です、臭っ!(笑)

a0310535_1372428.jpg


真っ黒な湯の中央では底からぷくぷくと泡があがってきてます、、、、なんだかあんまり入るきしない雰囲気(笑)
でもここまで来たからには 行くっきゃない 特に悪いところもないんですが、、強いて言えば物忘れがひどくなってきた頭?(笑)でも頭洗うのはちょっとねぇ

a0310535_1392437.jpg


実はここはもう3度めという Kさんが先陣きって入って行きました 入ってみると 実は入れた足がちゃんと見えてる! でもって温度はぬるま湯~!

温泉の湯の周りにも脱ぎ捨てられた服、、、もうどうにかしてよって感じですが 見ないふりして 5分ほど足湯をさせていただきました。
あがったあとは あらびっくり 疲れた足が軽くなった~!けっこう効果ありそうです。

まったく人がいなかったので 服ぬいで入っちゃおうか?って思ったところに 後続のおじさん~子供の団体さんが到着!ぬがんでよかった(笑)

69年前にここで傷を癒やした時はこの森はどんな風景だったんでしょう???昔のロマンを訪ねる一日となりました!
by bagus_lombok | 2013-12-23 13:24 | ツアー


<< リフレッシュできる 近場の滝へ 日本の製品がジワジワと・・・・ >>