ロンボクのゴミ事情 その1 

10月にある日本のテレビ局の取材の車チャーターのお仕事で同行した時のお話。
その番組は11月に放送されました。

インドネシアに住んでる人も このブログ見てくれてる方おられると思いますが 見たらゴミ捨てられなくなるかも(笑)

a0310535_17461819.jpg

取材第一日目 10月は雨季 花の季節 しかし取材4日間 ずっと晴れのよい天気でした。

内容は 福岡出身の海外協力青年隊員の女性がロンボクで活躍する姿を追うドキュメンタリー
その女性 Mさんは 協力隊員の中でも環境隊員という名目で ロンボクに去年派遣されました。
以前は看護師、栄養士さんなどが多かったのですが 3年前から 環境隊員の方が来るようになりました。
Mさんは2代目の環境隊員です、活動の内容は いろいろあるようですが 「高倉式コンポスト」の普及ではないかと?勝手に思ってます。

Mさんの前の隊員さんに高倉式コンポストを教えてもおらってから 以前のEMのゴミ処理をやめてもう丸2年
今ではすっかり生活の一部になってる コンポスト生活 年中暖かいので失敗することがありません。
過去の私のブログにも書いています。 「高倉式コンポスト絶好調」(2011年12月)

a0310535_17463880.jpg

こちら Mさんが所属する 州の環境管理局 

まず ごみ収集のおおまかな流れ
各家庭から出たゴミは家の前のコンクリで固めたような場所に 生ごみ、燃えるゴミ なーんでもいっしょっくたに捨てられます。
それを早朝 プラスチックのボトルなど資源ごみを探す人たちが回って ゴミの中から拾い上げ
残りを 馬車(うちはこれ!)やリヤカー 大きなのではトラックの回収車が定期的に回ります。
日本みたいにゴミの日なんてのはないです。 生ごみはニャンコや野良犬があさります。

ちなみに我が家は 生ごみはコンポスト 廃油は石鹸に プラスティック類は分別して分けておき 前を歩いてる そういうのを探してる人にあげてしまいます。
馬車に持っていってもらうのは 落ち葉とビン類 自分なりにかなり努力しているので ゴミは少ないと思います。

1日目の朝7時 マタラム市のゴミの回収現場の取材
a0310535_17465439.jpg


マタラムは街の大きめの通りに 黄色いコンテナのような箱が置かれていますが馬車やリヤカーも 近所にこういうのがあったら 回収ゴミをここに捨てるのだと思います。
たまに川に捨ててる人も見ますが、、、あと川に住んでる人たちも直接川に捨てる人多そうです、、、
昔なら 葉っぱの包み紙に 生ごみ程度で川で朽ちて 魚のエサなんかになったと思うんですけど、、
今はビニール袋などがほとんどで 雨のたびにゴミで川がせき止められて洪水になっちゃうというとここなエリアも・・・どうにかならないんでしょうかね。

a0310535_17471086.jpg


馬車やリヤカーなどで集めた各ゴミは こういう少し大きめの中間集積場にも持ち込まれます。
ここの近所にオットの姉家族の家がありまして、、、、10年ほど前に面積広げてけっこうなゴミが置けるようになったはいいけど、、、雨ざらしで生ごみも野ざらしなので(これはこれで正しいと思うんですけど 理由はかつあいします) ニオイがほんまにキョーレツで 100mほど離れた姉家族の家までニオうことあるんだそうです、、。

a0310535_17472581.jpg
a0310535_1747423.jpg


リヤカーやバイクの回収屋さんが どんどん集まってきます。

a0310535_17475679.jpg


山のようなゴミの中から リサイクルできる資源ごみをここで分別・・・・・
各家庭でできたら ずいぶん手間はぶけると思うんですけどねーーーまったくそういう考えはないようです。

a0310535_1748967.jpg


トラックでこのゴミを マタラムから離れた最終処分場に運びます。

インドネシアには今のところ 日本のような焼却処分場というのはなく 全国全部埋め立てだそうで
近年の経済発展でゴミの量は増え続けるばかり、、、 そういう社会のツケを今回見学できました。

次回は およよの最終処分場です。 今回長いですよ~(笑)

ぽちっと押していただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ
[PR]
by bagus_lombok | 2014-01-10 19:04 | その他 | Comments(2)
Commented by ダイバーの嫁 at 2014-01-15 11:34 x
ママハナさん、こんにちは。
廃油石鹸、いただいた時と比べると少し分離してきたように見えるのですが、
直射日光が当らないように保存しないとだめでしょうか?
使用感も香りも変わらないのですが、石鹸自体は使い続けても問題ないですか?
Commented by bagus_lombok at 2014-01-16 11:59
ダイバーのヨメさん(笑)
こんにちはー!石鹸分離してますか それ自体は問題ないので ぐるぐる混ぜ込んでつかっちゃってください(泡だて器ありますか?) 直射日光は当たらないほうがいいかもですね、、、
今 湿度が高くて いつになく 石鹸にとって厳しい情況です、固形石鹸なんて汗かいてますから、、、乾季はやくきてー
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ロンボクのゴミ事情 その2 金鉱山に潜入(入口しか見えない... >>