被災地に物資を届けました その2 トロコンバル、トロコデ、ガンガ村

a0310535_09544319.jpg
9/2 日曜日 最初の震災(リンジャニ山の地震)から1か月すぎた日曜日
前日にこの日行く予定だった トロコンバル村の少し先 Pemonang村に大統領が来るという話を聞いてびっくり
だいたい何時頃来るって 前日にはわかりませんか?日本だったら しかしここはインドネシア、、、
例のごとく 誰に聞いてもわからない(テロとか警戒しているのか?)
車はもう頼んでるし行くしかないということで行ってまいりました。
a0310535_09545155.jpg
ギリが目の前に見える トロコデ トロッコンバル村はギリへの第二の玄関口でもあり(第一はもう少し北のバンサル港) 
本来ならいまごろ 島に渡るお客さんでにぎわってたはずの時期ですが、、、
ビーチには止まったままのスピードボートがいくつもありました。
a0310535_13201683.jpg
隣のトロッコンバルは 村の奥のほうに 集団で避難しているテント村が作られていて マンシットの比じゃない!
すごい数のテントが張られていました(写真ないのです)大きなテントだったので 状況同じで大人数で寝泊まりされているのでしょう。

ここでもがれきが徐々に撤去され まだ床とかが残っているような家は トイレににわか壁をつけて 使えるようにしたり 
やはり各家庭単位に戻ろうとする動きが感じられました。
比べるとあかんのですが マンシット村のほうはもう少し のんびりムードがあったような感じです。
a0310535_09552093.jpg
トロコデ村の子供たち いつもはすっぽんぽんで 海で泳いでた子たちだけど!?
a0310535_09552802.jpg
こちらはトロッコンバル村 日中はめちゃくちゃ暑いので やはりテントのところにはあんまり人いませんね
a0310535_13270558.jpg
トロッコンバルの奥にある避難キャンプ ここは大きな避難所でした、奥にあるので目立たない
こういう場所のほうが多いのでしょう、、、懐かしい顔がいっぱいでした!泣けた
a0310535_13300389.jpg

a0310535_13294150.jpg

a0310535_13310366.jpg
↑ジョコ大統領のおかげで メイン道路が封鎖されて ここに行くのは大渋滞!
もう一台の車が行ってくれました。
結局ジョコさんの乗ったであろうヘリは 午後3時ごろバリ方面から二機飛んできていました。
ご苦労様です~
a0310535_13290918.jpg
今やロンボクの日本人といえば この みどりさん 今回の地震では自宅が被災、今も家族とテント生活を送ってはります。
みどりさんの文字のところから 彼女のブログにつながります 電波電気など かなり不自由な中 現地情報を発信中。




今回の募金では皆様のおかげで25万円というお金が集まりました、本当にありがとうございます。

25万円をルピアへ 約32.500.000ルピア(\=130)

使ったもの(小計1000ルピア以下はしょります)
シート8x10m(A5) Rp560.000x40= Rp22.400.000-
お米 5キロ/1袋 Rp52.500x70= Rp3.675.000
水1.5リットル/ダース Rp78.000x30=Rp2.340.000
野菜 卵などの食品とお菓子類など(今回の2度の支援以外も含む) Rp2.600.000
(卵20トレーRp900.000.テンペ250枚Rp500.000 野菜類Rp500.000、
砂糖 Rp11.000x50=Rp550.000、ほかお菓子など Rp370.000)
要望のあった医薬品(抗生物質、痛み止め、シップ類) Rp425.000 日用品 Rp90.000
輸送用トラックレンタル ガソリン代
Rp580.000 (レンタルRp300.000 ガソリン Rp280.000 )
車代などは 賛否あると思いますが今回は 義援金内で使わせていただきました。
合計 Rp32.105.000-( Rp395.000残、、、数日中に米届けます!)

終わってみての感想、、、自分にできるのか?と半ば自分だめしのような企画でしたが、、、
正直 実際動いてみて 色々考えてうごかねばならないのだなと痛感 
まず現地の状況を知る、だれに託すのか?何を支援するのか?
誰にも相談できないまま動き出してしまいました、その時にFacebookで私のことを知ってくださり
初めのほうにご協力いただいたKさんという女性が マンシット村に友人がいるんですよと メッセージを送ってくださり
その後彼らの無事を確認したことにより なにかにつけ 相談に乗っていただいたのでした。
彼女が支えてくれなかったら、、、きっと動けなかったのではと思います。
というくらい こういうときに 誰かの支援をするというのは 人一倍強くないとできない事だと 実際やってみて思いました
今回は本当にこれでよかったのか?自分自身いまだに考えています。

ロンボクの被災地は やっと1か月 まだ1か月です、、、
地域により復興のスピードも 変わってくると思います、救いは季節が年中温かい事
これから来る雨季が正念場となりそうですが きっと皆乗り越えていく(自分含め)と明るい方向向かないとだめですね!

ギリ、スンギギなどは 再開できるところから 動いています、余震など考えると まだという方もおられると思いますが
よし行きますよ!と9月から 地震前に予約いただいたお客様 ロンボク来ていただいています。
皆様にロンボクに来ていただけることが復興だと思います、どうぞよろしくお願いいたします。

今回は本当にありがとうございました。








[PR]
by bagus_lombok | 2018-09-10 18:03 | お知らせ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



被災地に物資を届けました その... >>