カテゴリ:その他( 19 )

ロンボク島で地震発生

a0310535_13022317.jpg
7/29 日曜日の朝 ロンボクで地震が発生したと ヤフーニュースで報道されました。

朝7時すぎ???その前にも6時前に小さな地震はあったようですが。。。

私と言えば その大きな地震発生時は子供を送ったあとのバイクに乗っており
大通りを走っていると 日曜日の朝なのにたくさん道沿いに人がいるなーと不思議に思いながら家に帰ったのでした。
家についたら子供が 「ママ 今の地震 怖かったーーーー!」と
えぇぇぇ????
それで皆家の外に出ていたのかー、、、

私が住むマタラム市やスンギギなどは 震源地から少し離れていたので 被害はないような感じですが
震源地の東部 リンジャニ山の山麓(上の写真はスンバルンから撮ったもの:友人撮影)
こちらのふもとにある村では建物の倒壊や 亡くなった方もおられるとの情報入っています。

火山性のものなのか?調査中です。

このあとも小さな余震が続いています。
このままおさまってくれますように。。。



[PR]
by bagus_lombok | 2018-07-29 13:08 | その他 | Comments(0)

ローカルエリアのウォールアート


a0310535_14283175.jpg

マタラム市のはずれの とある場所に現れた ウォールアート
ここで バンク・サンパ・マンディリという 環境問題に取り組んでいる方とその仲間が描いたもの

a0310535_14284321.jpg
大通りから入った道の壁 数百メートルにわたって 南国の絵やな~という色彩が並んでます。
聞いてみると ほぼ全員素人 3日間くらいかけてあっという間に描き上げてしまいました!

a0310535_14284848.jpg
a0310535_14290089.jpg
a0310535_14290620.jpg
Facebookの投稿を見て 翌日行ったときには まだ下書きの絵も多く
絵を見に来ていた子供に ちょっとそこたってみてーとお願いして写真を撮らせてもらいました。
日本だったら 変なおばさんこわーいって逃げられそうだけど そこはインドネシアの子供
色んな人とかかわりながら生きてる子が多いからか?人なれしてる子供が多い

a0310535_14291979.jpg
 この絵は翌日行くと 神々しい鳥様になっていましたよ

a0310535_14292698.jpg


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

[PR]
by bagus_lombok | 2017-05-28 14:40 | その他 | Comments(2)

船着き場の男の子

ブルーウォーターに乗ってバリに行くお客さんを送っていってました。
ふと見たら3歳くらいの小さな男の子が一人船をじーーーーーっとみてた。
a0310535_12342030.jpg
繁華街のマタラムやスンギギから車で1時間かかる田舎の村に毎日たくさんの外人、ローカルの観光客がひっきりなしに行きかうトロコデ(Telukkodek)
私は日本の田舎町育ちで外人を見るなんてことはほぼない子供時代だったから こうやって育った(外人見るのがフツー)って子がこれからどう育っていくのか?興味津々w
a0310535_12343411.jpg
それにしても この村もギリへの玄関口になってお金持ちになったなーと 子供の身なりを見て思うのだった、、、
昔(20年前)なら ほぼボロボロの服やったもんなぁ~

a0310535_12373667.jpg
去年までこのあたりから出航してたスピードボートは現在 パブリック港であるバンサルに移動している会社が多いですが
うちが一押ししているブルーウォーターは乗船はまだトロコデから(DreamDiversの看板が目印)
バリ行きの船は ギリ・アイル~トロコデ~ギリ・トラワンガンの順でお客を乗せて 最後にバンサル港でお客さんのリポートを港の事務所に報告してからバリに向かっています(2017/2月現在の状況)


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村

[PR]
by bagus_lombok | 2017-02-26 12:48 | その他 | Comments(0)

インドネシアのコンセント事情

海外に行くと気になるのが携帯やカメラの充電
インドネシアは日本みたいにコンセントの形状が2種類くらいあって めんどくさいんです。
基本丸くてちょっと太めのものが2またになっていますが ひょろっと細いのがあったり・・
たまに3つまたのものとかあって・・・

a0310535_18174942.jpg
したがひょろっとしたタイプ、真ん中がちょいと太めのタイプ、2つの棒の距離はほとんど同じです。

日本からこれに適したアダプターを持ってくるのを忘れたー!という場合 

a0310535_18180099.jpg
こんな形や

a0310535_18191495.jpg
こんな形のアダプターがロンボクでも(インドネシアどこでも)買えます、これ日本のコンセントの形にもちゃんと合うすぐれもの
インドネシアの上記の二種のコンセントの形状にも、下に並んだ2つのやつはシンガポールとかで使う三又にも対応できます。
お値段も100円程度! なので日本から持ってくるの忘れた~という時でも スーパーなどで簡単に調達できるので ご心配なく!

一番下の2個並んだやつの右側は 手元スイッチもついててなお便利(笑)


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-12-06 18:28 | その他 | Comments(0)

ロンボクで 安心して替えられる両替屋さん その1

たまーにお客さんが 「成田でルピアに両替してきました」という方がおられますが バリのサギ両替も真っ青のひどいレートなので 絶対替えないほうがよいです。
、という私もインドネシア初心者の頃はやってしまっていましたけど(5千円だけ・笑)
ちなみにインドネシアの空港でも 聞いていると ジャカルタはあまりよくないようで 乗り継ぎでロンボクに夜おそくに到着、なんて場合は仕方ないですが
空港使用料も現在はエアチケット込みになっているので よっぽどでない限り 両替は現地(ロンボク)でするのがよいかと思います。

a0310535_13572420.jpg
ロンボク、バリですっかり安定した地位を築いている 安心できる両替屋さん BMC(←クリックすると別窓で開きます)

a0310535_15184884.jpg
レートも毎日ウェッブで確かめられるのでホンマ助かります~!
どのお店もエアコンが効いていて 店内もきれいだし 本当にお勧めです。

ロンボクには 空港の外ゲート出て スンギギ方面に少し車で走ったところと スンギギエリアに2店舗ありますよ。

それにしても ルピアは弱いですね、また暴落したりして・・


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。
インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-09-28 15:19 | その他 | Comments(0)

飯塚さんのアトリエにおじゃましました。

a0310535_1728345.jpg


先日 ブログでロンボク在住 日本人アーティストの飯塚さんの起上り小法師の話を紹介したら 
それを見ていたお客さんが飯塚さんのアトリエに行きたいとおっしゃるので ダイビングのあとにご案内してきました。

a0310535_17302378.jpg


ジャカルタに単身赴任している方ですが 娘さんが今中3で来年受験、、、、今度日本に帰る時のお土産に 験担ぎになる 起上り小法師がぴったり!じゃないかー、飯塚さんの絵も見てみたかったんだそうです。

上の画像は去年の年末にうちに来た 起上り小法師のお猿さん、 

a0310535_17341975.jpg


そしてこちらが飯塚さんのところにいた 過去(右)と現在、
初めてこの起上り小法師を作った時 球体に絵を描くのがこんなに難しかったのかーとご本人びっくりされたそうで 記念に、、と第一作目のお猿さんを大事に置いてるんだそうです(笑) 
やっぱり作れば作るほど手慣れた感ありますよね^^ 最新作のは 尻尾が立体でついていました、以前のは描いた尻尾で平面

a0310535_1737473.jpg


お手製のテーブルをおもむろに上げると 中に小法師ちゃんがいっぱいいました(この下にもまだいます!)
一個一個手作りなので すべてちょっとずつ変化があって 見てて飽きません。

a0310535_17393752.jpg


絵も色々見せていただきました、 こちらも ずーーっと飯塚さんの絵を見ているのでわかるんですけど 描き方とかも旬があるようで 最近はアクリル絵の具べったりの濃い~感じの作風ではなく 軽い色の乗せ方だけど ディティールが細かいものが多い感じです。

a0310535_17395041.jpg


↑ これはけっこう昔に見せてもらった絵、昔は可愛い女の子の絵とか 村の風景まるごと、、、今回そのような絵は画像にはないですが たとえば川で選択する女達の横に素っ裸で泳ぐ子供たち その近くで闘鶏してるオッサン、お祈りに行く人 屋台のお兄さん、、、いろんな人の描写がキャンバス一枚にひしめいてるような絵(笑) これぞ飯塚さんの絵というイメージでしたが 最近はそういうのは描いてないみたい。

a0310535_17475869.jpg


けっこうあっさりしています(笑)風景画、、、でも牛を引く人や なにやら語らってる恋人??の飯塚節がちらちら

a0310535_17491391.jpg


地図シリーズも バリ、ロンボク もう何枚も描いているようで こちらも書く度に違う味で面白いです。
こちらは原本は売らず 小さくしてプリントしたものを スンギギのバヤンで買うことができます。

a0310535_17505125.jpg


うぅぅ でもやっぱりこの原本の色使いがいいんですよね、ほしいなぁー

a0310535_17514029.jpg


こちらはロンボクの地図、空港が中部に移ったからと描いたものだそうです(笑) もっと大きい物は スンギギのバヤン(土産物屋)の隣の両替所の壁にやはり非売品ですがかかっていますので ぜひ見てください これは昔の空港バージョンです (両替はしなくてもいいですよ・笑)

a0310535_1753162.jpg


a0310535_17532786.jpg


地図に描かれている生き物、、、、かわいい~~

a0310535_17545215.jpg


ツバメもよく絵の中に登場しています(笑) これは今回お客さんがお買い上げの リンジャニ山の絵の中で飛んでいた子です。

a0310535_17565159.jpg


ツバメの背景も この砂浜のつぶつぶも 一粒一粒こんもり盛り上がってる、、、、細かいです。

飯塚さんと言えば前にも書きましたが 子供の送り迎えとか ちょっとした待ち時間でも スケッチブックを持ちあるき ヒマさえあれば 何か描いてられるイメージです。。。そんなに打ち込める事がない私には 羨ましい限り、絵描いてみたいんですけど 何描いていいのかがさっぱりわからない(笑)

a0310535_17595097.jpg


心から楽しんで描いてるから 見てるこっちもウキウキするんですよね♪

a0310535_1803254.jpg


絵談義に花が咲きまして 最近 遊びで描いてみたという 軍艦シリーズも裏から出てきて(笑) 私は一番下のくじらの潜水艦??がお気に入り

クニンガン(バリヒンドゥのお祭り、日本で言う送り盆みたいな行事)前で 奥さんがお供えものつくりでお忙しい中おじゃましちゃって^^;; 
でも いろんなお話を聞かせてもらって 楽しい時間を過ごしました。

飯塚さんも「ロンボクで描く、飯塚正彦」というブログをされているのですが ロンボクの地図を 他のサイトで勝手に使われてしまい 安易に作品をブログに載せるのもどうなんだろうと疑問を感じ 今まで載せたものをけっこうな数削除してしまったそうです。

今回の私の画像は ちょっと斜めから撮ったりとか 真正面まるまま写らないようにして 許可をいただいて掲載しています、私も以前 すごくがんばって撮ったカメや魚の画像を断りなく使われて いい気はしなかったので お気持ちよくわかります。。。

a0310535_1822299.jpg


しかし 自分はこういう絵を描いています!と世界中の人に知ってもらいたい、という気持ちもあるのも事実、、、このあたりのさじ加減がとても難しいところかな?と思います。

私も飯塚さんの素敵な絵 沢山の人に知ってほしいですからねー!

飯塚さんの絵は スンギギのサントサホテル入口横にある バヤンというお土産物屋さんに お手頃な大きさとお値段のものがあり 気軽に見ていただけます、起上り小法師も良心価格で置いてますので ぜひスンギギにお立ち寄りの際はご覧になってください。夜10時くらいまで開いていますよ。
ご自宅に置いてあるものは サイズも大きく お値段もご相談(非売品も多い)のもの多し、、です。



ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2015-07-25 18:36 | その他 | Comments(0)

極楽ねこカレンダー フォトコンテスト2016

カレンダーのコンテストに応募中ー!
ご協力お願いいたしまーす!

a0310535_2218618.jpg

http://bit.ly/1SaQHWb
こちらから入って ぽちっと、、お願いします。
数年前に屋根からおっこちて 死んじゃったトラキチ まだチビの時のあくびの瞬間・・・・
これ見ると すぐあくびがうつります、、、

a0310535_22221099.jpg


もう一枚・・・・これもトラキチです。
http://bit.ly/1UEGiWZ
こちらも応援よろしくお願いしまーす♪

過去には 「いぬめくり」の表紙から2枚目(笑) 去年は 「しあわせのねこまじない」にも(めっちゃ小さいけど)にも 掲載してもらいましたー!




かわいいニャンコちゃんがいっぱい載ってます♪ 

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2015-07-09 22:37 | その他 | Comments(2)

ロンボクのアーティスト飯塚さんのツブヤキ メイキング起き上り小法師 その3

ゲスト投稿のロンボクの日本人アーティスト 飯塚正彦さん 3回目 これ最終回です。

a0310535_1317100.jpg


a0310535_165113.jpg


この先の沼地、いわゆる試行錯誤は、家内制手工業から更に前段階の問屋制手工業の形態を取る僕にとっては、一応業務上の秘密といったところなので詳細は控えますが、重心が安定しないものを固定し、曲面に綺麗な線を引くことがことのほか難しく、工夫のみならず技量を求められるものだと実感しました。

a0310535_162960.jpg


初の納品に行った時に、他のところから納品された小物入れの配色の一つが良くないと思ったのでおかみさんにその旨を伝えたら、面白い返事をもらえました。

a0310535_171579.jpg

a0310535_175181.jpg


「うん、でもね、お客さんが選べるってことも大事だから。」

おおっ、そうか。猿だけではいけないのだ。
ちょっと天然が入っていそうなリアクションですが、さらにやる気を出して、猫、鶏、象と現在四種類、ほぼデザインが決まりかけています。

a0310535_181040.jpg

a0310535_183343.jpg


ありがたいことに小物入れのアイデアまで出てきましたが、それにかまけて量産の作業をしていないのは良くない癖です。とは言えまだ小法師が売れ筋のものかどうかもはっきりしていないのですが。

a0310535_19358.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------------------

飯塚さん ありがとうございました!

とりあえず 起き上がり小法師の新作も楽しみです♪ 
これは スンギギのバヤンというお土産物屋さんで購入することができますので スンギギにいらっしゃる方ぜひ サントサホテル入口の横にある Bayan Lombok をのぞいてみてください。
日本に送って欲しいよーと言う方おられましたら コメント欄にメッセしてくださいね!
スンギギでお土産買うなら~
こちら旧ブログの中のバヤンのお話し 値段などはもうめちゃ昔の話なので無視してくださいね~!
日本と違って 毎年どんどん値段は上がり続けてるんですよー。。。。


飯塚さんといえば とにかく時間があれば 紙に向かって黙々と描いているというイメージなんです、お嬢さんを迎えに来て待ってる間や ミーティングの合間など、ほんまに描く事がお好きなんだなぁと 羨ましく思います。
私も子供の頃はマンガのようなものを せっせろ描いていました、ここ数年以前のようにイラストなんかをちょこちょこ描いてみたいなぁなんて思うようになりましたが 思うだけで手は動かず。。。
何描いていいのかわからないんですよねー 飯塚さんのように毎日描き続けてもネタが尽きないって 本当に素敵な事だなぁと思います。(でもその影には↑この葛藤ということですね^^;)


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2015-03-27 01:28 | その他 | Comments(3)

ロンボクのアーティスト飯塚さんのツブヤキ メイキング起き上り小法師 その2

a0310535_16415483.jpg


コスト・技量両方の問題から見て、ベースとなる支持体は工業生産されたもの、できれば廃品の類が望ましいと考えました。そこでとりあえずスーパーの清涼料水及び化粧品コーナーを物色して支持体となる空き容器の候補を探すことにしました。

化粧品の類は確かにいろいろデザインが豊かで面白かったのですが、常に香料と保湿材を水で溶かしただけのようなものに、面白くない値段が付いていることが多く結局現実的ではありませんでした。
幼児向けの乳製飲料のボトルが最有力候補になり、これも数本購入しましたが結果だけ言えば、どれもこれも立ち上がるところまで持っていけませんでした。
使い終わったあと、飲みきった後、起き上がり小法師に転用できるようにデザインされているものなどあるわけはなく、むしろ可能な限り倒れにくいよう、こぼれにくいよう出来ているはずだと思えば当然の結果であると言えます。

a0310535_1762654.jpg


安いものを作ろうとしているのにこの空き容器の候補探しにかなり投資をしてしまいました。これは悪い夢を見たのだと思って計画そのもの白紙に戻そうかと真剣に考え始めた時に気がつきました。

「一回ネットで起き上がり小法師を検索してみよう。」

a0310535_17104389.jpg


いいデザインや、簡単な作り方が紹介されているはずで、これでまず間違いなく道が開けるだろう、とまずはウィキペディアを開いた僕を待っていたのは残酷な一言でした。


 「購入時には、ちゃんと起き上がるかどうか確かめましょう。」

a0310535_17113561.jpg


この一言が意味することは、結構これってうまく作るのが難しいんですよ、という事にほかなりません。
ここで僕が考えたのは「起き上がらない起き上り小法師を作ることは許されない。」ということでした。

で、この感情に「へえ。」と思ったのです。

a0310535_17115210.jpg


これまでの自分ならば、そのリスクを無視して、作品としてきれいに仕上げることで強引に釣り合いを取ろうとしがちだったはずです。我ながらアプローチの違いをきちんと意識しているなあと評価し、そう考えられるのならば、諦めるのはもう少し後のことにして前に進むことにしました。
そこまで思うなら結論はひとつ、絶対失敗しない形で行こうじゃないか。

ここで小法師の基本のデザイン決まりました。

a0310535_17121081.jpg


球形を採る、ということです。
球形の欠点は失敗しづらい形である反面、その自己完結した形ゆえに起き上がりのダイナミズム、面白みが実感しづらいところにあります。球形プラス・アルファの形でそれを補うというというのは考えるまでもない進行方向でした。

そしてこの島オリジナルのものを作りたいものだと考え始めた頃から、一応の仮想敵はイメージしていたわけで、ここでやっと目に見えそうなところまでつくりたいものがはっきりしてきました。

「打倒バリ猫を掲げ、倒れても倒れても起き上がるロンボク猿。」

a0310535_17124317.jpg


まだまだ沼地は続きます。 [つづく]

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(ここからママハナ記)
のほほーんとした可愛らしい表情の起き上がり小法師たちだけど この形になるまでにこんな苦労と葛藤があったとは、、、我が家にも今4匹の小法師ちゃんたちがいますが 飯塚さんの思い入れがぎゅーっと詰まってるようで 大事にしなくちゃと思いました。

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2015-03-26 00:00 | その他 | Comments(0)

ロンボクのアーティスト 飯塚さんのツブヤキ起き上り小法師 その1

a0310535_1571521.jpg


ロンボク在住のアーティストで私も大好きな絵を描いていらっしゃる飯塚さんという方がおられます。

実は我が家は一番大きな絵をのぞいて 飾ってあるのは すべてこの飯塚さんの絵なんですよね。
モティーフはロンボクの日常の風景や人物が多く 1枚の絵の中に物語がありいろんな話を想像してしまいます、そして何より 色使いがとても気に入っています。
玄関から リビング 脱衣所 トイレ 寝室に至るまで(笑)ロンボクで一番のコレクターじゃないかな?

a0310535_158045.jpg

これが初めて買った飯塚さんの絵 [Gili ] というタイトルがついています。

その飯塚さん ご自身でもブログを運営されているのですが うちのブログで最近制作されてる 起上がり小法師のお話を載せてくれませんか?というお話になりました(笑)
私もコレクションしています。

ということで 特別出演 飯塚さんの登場でーす! 文章は飯塚氏ご自身 画像は今回は私の家のコレクションをご紹介します。

a0310535_15183295.jpg



僕もこの島に居着いてから15年ほどになります。自称、とはいえ絵描きなので色々な絵を描いてきました。


しかしこのままではいけないと思い詰めていた今日この頃でした。というのも2D(二次元)の作品ばかりで、作品同士が共食いを始めているのではないかという危惧を感じ始めていたからです。

a0310535_1519236.jpg



3D、と言えば大げさですが、いわゆる「手に取れる土産物」についても少しその可能性を探らなければいけない、と考えていました。

何より僕という人間が人の絵など買ったことのない人間で、絵を買う人間の気が知れないのですから始
末に悪いと言う故でもあります。旅行者時代に自分でも買ったことがある類のものを自分でも作って売ってみようという方がよほど自然とも言えます。

a0310535_15191668.jpg



芸術家でありたい自負と、土産物屋に過ぎぬ現実の葛藤と言えば格好いいのかもしれませんが、どちらにしても言ってみればサービス業、サービス精神が旺盛であることは求められてもいいわけです。

ところが困ったことに、こと立体(3D)に対しては絵画にもましてセンスが悪いというのが日頃から自覚されていてどうしたものやら、という感じでした。

a0310535_15193029.jpg



美大受験のための予備校に通っていた頃に、立体感を体得するためといって、油絵のコースにもかかわらず塑像の実習が1回ありました。それはそれは目も当てられぬ出来栄えでした。講師の方に「絵に才能がないと思っても、絶対彫刻に転向しようなんて考えないほうがいいぞ。」と釘を刺していただけたほどでした。

a0310535_15195551.jpg



飯塚作品の3D進出は、その出来栄え云々以前に、これまでのように「ありたい自分」を追うのではなく、「自分でもできるもの」の中からいかにモノを作るかという試みでもあるわけです。根本から違うアプローチの物作りを求められるだろうことは始める前から一応自覚はしていました。

また言い換えれば本来自分のテリトリーとしていない領域をわざわざ手がけるわけですから、売れなくても良いものができればいいなどといういつもの発想(あるいは逃げ道)はゆるされません。

a0310535_15202897.jpg


ヒット作を作ること(まあ、それは無理としてもそこそこは売れそうなもの)が必然の課題になります。
能力のない者が売れるものを作る、となれば王道路線はありえません。ニッチあるのみです。価格帯もなるべく安く抑えなければなりません。大した材料は使えないということです。
そこで思い出したのです。新聞のある記事を。
「ムンクの叫びのあるオスロの美術館のお土産店では、日本で作った「叫びくん」の起き上り小法師が売っています。一つ一つが手描きなのだそうです、云々。」

a0310535_15205069.jpg


つまり、起き上り小法師は、日本の特産品であるかもしれない。
カイコの繭を使ったものがその昔は一般的のものだったように記憶しているので、絹とくれば元祖は中国。
どこまで日本のオリジナルかどうかは怪しく思います。しかしその単純なギミックは意外と新鮮な印象をまだ保持しているかもしれない、という期待を記事を思い出した自分に感じさせました。

それに納入先の商品棚を思い出しても、動く置物、玩具の類はまれであった、つまり立派にニッチの要素も備えていることは間違いないと確信が持てたわけです。

で、ここから泥沼が始まるわけです。   <その2に続く>

a0310535_15211290.jpg


こうして絵を撮って並べてみると 改めてすごい数だなーと思います。(まだ他にもあるんですよ~どんだけ!笑)
どれも ぜーんぶ大好きですが お手頃サイズばかりなので いつかは大きめの絵もご縁があれば うちに来て欲しいなぁと思います。
アトリエはもう数年おじゃましてないのですが 以前見せていただいた時はヨダレものの作品がいっぱいありました。

興味のある方は、ママハナにお問い合わせくださいね!

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2015-03-25 15:28 | その他 | Comments(0)