カテゴリ:お知らせ( 6 )

被災地に物資を届けました その2 トロコンバル、トロコデ、ガンガ村

a0310535_09544319.jpg
9/2 日曜日 最初の震災(リンジャニ山の地震)から1か月すぎた日曜日
前日にこの日行く予定だった トロコンバル村の少し先 Pemonang村に大統領が来るという話を聞いてびっくり
だいたい何時頃来るって 前日にはわかりませんか?日本だったら しかしここはインドネシア、、、
例のごとく 誰に聞いてもわからない(テロとか警戒しているのか?)
車はもう頼んでるし行くしかないということで行ってまいりました。
a0310535_09545155.jpg
ギリが目の前に見える トロコデ トロッコンバル村はギリへの第二の玄関口でもあり(第一はもう少し北のバンサル港) 
本来ならいまごろ 島に渡るお客さんでにぎわってたはずの時期ですが、、、
ビーチには止まったままのスピードボートがいくつもありました。
a0310535_13201683.jpg
隣のトロッコンバルは 村の奥のほうに 集団で避難しているテント村が作られていて マンシットの比じゃない!
すごい数のテントが張られていました(写真ないのです)大きなテントだったので 状況同じで大人数で寝泊まりされているのでしょう。

ここでもがれきが徐々に撤去され まだ床とかが残っているような家は トイレににわか壁をつけて 使えるようにしたり 
やはり各家庭単位に戻ろうとする動きが感じられました。
比べるとあかんのですが マンシット村のほうはもう少し のんびりムードがあったような感じです。
a0310535_09552093.jpg
トロコデ村の子供たち いつもはすっぽんぽんで 海で泳いでた子たちだけど!?
a0310535_09552802.jpg
こちらはトロッコンバル村 日中はめちゃくちゃ暑いので やはりテントのところにはあんまり人いませんね
a0310535_13270558.jpg
トロッコンバルの奥にある避難キャンプ ここは大きな避難所でした、奥にあるので目立たない
こういう場所のほうが多いのでしょう、、、懐かしい顔がいっぱいでした!泣けた
a0310535_13300389.jpg

a0310535_13294150.jpg

a0310535_13310366.jpg
↑ジョコ大統領のおかげで メイン道路が封鎖されて ここに行くのは大渋滞!
もう一台の車が行ってくれました。
結局ジョコさんの乗ったであろうヘリは 午後3時ごろバリ方面から二機飛んできていました。
ご苦労様です~
a0310535_13290918.jpg
今やロンボクの日本人といえば この みどりさん 今回の地震では自宅が被災、今も家族とテント生活を送ってはります。
みどりさんの文字のところから 彼女のブログにつながります 電波電気など かなり不自由な中 現地情報を発信中。




今回の募金では皆様のおかげで25万円というお金が集まりました、本当にありがとうございます。

25万円をルピアへ 約32.500.000ルピア(\=130)

使ったもの(小計1000ルピア以下はしょります)
シート8x10m(A5) Rp560.000x40= Rp22.400.000-
お米 5キロ/1袋 Rp52.500x70= Rp3.675.000
水1.5リットル/ダース Rp78.000x30=Rp2.340.000
野菜 卵などの食品とお菓子類など(今回の2度の支援以外も含む) Rp2.600.000
(卵20トレーRp900.000.テンペ250枚Rp500.000 野菜類Rp500.000、
砂糖 Rp11.000x50=Rp550.000、ほかお菓子など Rp370.000)
要望のあった医薬品(抗生物質、痛み止め、シップ類) Rp425.000 日用品 Rp90.000
輸送用トラックレンタル ガソリン代
Rp580.000 (レンタルRp300.000 ガソリン Rp280.000 )
車代などは 賛否あると思いますが今回は 義援金内で使わせていただきました。
合計 Rp32.105.000-( Rp395.000残、、、数日中に米届けます!)

終わってみての感想、、、自分にできるのか?と半ば自分だめしのような企画でしたが、、、
正直 実際動いてみて 色々考えてうごかねばならないのだなと痛感 
まず現地の状況を知る、だれに託すのか?何を支援するのか?
誰にも相談できないまま動き出してしまいました、その時にFacebookで私のことを知ってくださり
初めのほうにご協力いただいたKさんという女性が マンシット村に友人がいるんですよと メッセージを送ってくださり
その後彼らの無事を確認したことにより なにかにつけ 相談に乗っていただいたのでした。
彼女が支えてくれなかったら、、、きっと動けなかったのではと思います。
というくらい こういうときに 誰かの支援をするというのは 人一倍強くないとできない事だと 実際やってみて思いました
今回は本当にこれでよかったのか?自分自身いまだに考えています。

ロンボクの被災地は やっと1か月 まだ1か月です、、、
地域により復興のスピードも 変わってくると思います、救いは季節が年中温かい事
これから来る雨季が正念場となりそうですが きっと皆乗り越えていく(自分含め)と明るい方向向かないとだめですね!

ギリ、スンギギなどは 再開できるところから 動いています、余震など考えると まだという方もおられると思いますが
よし行きますよ!と9月から 地震前に予約いただいたお客様 ロンボク来ていただいています。
皆様にロンボクに来ていただけることが復興だと思います、どうぞよろしくお願いいたします。

今回は本当にありがとうございました。








[PR]
by bagus_lombok | 2018-09-10 18:03 | お知らせ | Comments(0)

被災地に物資を届けました その1 マンシット村


8/29スンギギのマンシット村に物資届けました。
今回facebookで知り合ったKさんの友人がいる事 私たち家族もゆかりのある人が何人かいて 
つながりがあったことがあり この村を支援することにしました。
RT3というところは 私が訪ねたときは 夜は3つのテントに村人が分散して寝ていて 
1つのテントに約40-45名家族単位で使っているのだとお聞きして絶句。
a0310535_10503810.jpg
日中は各自の家に戻って過ごしているので 昼間はほぼ誰もいませんでした。
a0310535_10491449.jpg
今は乾季でほこりっぽい、でもあと2か月くらいで雨季が来ます それまでになんとかしなくては。
a0310535_10484535.jpg
Rさんは倒壊した家をほぼかたずけて ここに新しいテントを張ってしばらくしのぎたいと、、、
震災後3週間くらいのことでした、各被災地により事情は違うと思いますが そろそろ集団での生活に疲れ 
各家族で生活したいと思う時期です その願いの手助けになれればと感じました。

a0310535_09550500.jpg
a0310535_09545759.jpg
a0310535_09551252.jpg

サイズは8x10をpここで20枚 かなり大きなものです、すべての方にはいきわたりそうにないですが 
少しでもお役に立てればよいなという思いでお渡ししました。


[PR]
by bagus_lombok | 2018-09-10 11:38 | お知らせ | Comments(0)

支援物資きました。

a0310535_11083053.jpg
注文していたブルーシートがとどきました!
ジャワからはるばる、、、満杯です、これもあっという間になくなるんだとか

a0310535_11085563.jpg

こんなに大きいものだと、、、びっくり かなりの重さなので 私では運べません
近所の男衆にお願いして やっとこさ庭に入れました。
8x10m 少し厚手のものです、なるべく長持ちさせたいのでこれにしました。

a0310535_11084512.jpg


a0310535_13150427.jpg
支援予定の村の方が 45名で寝ているテント 1か月たらずですが やぶけたり とにかく品質がよくないのが難点
2枚あると この半分くらいのテントができる!と話されていました。

スンギギ マンシット村、北 ギリ3島近くの トロコデ、トロッコンバルという村に40枚届けます。








[PR]
by bagus_lombok | 2018-08-29 13:20 | お知らせ | Comments(0)

クラウドファンディング 終了いたします。

ロンボクで起こってしまった大きな地震への義援金のご協力 皆様本当にありがとうございます。

私のような個人で本当に協力してくれる方がいるのかな?と思いながらでしたが
2週間たって 蓋をあけたら すごい金額が集まっていました。
本当に皆さんの善意に感謝でいっぱいです。
それと同時に この大切なお金をどのようなことに使えばよいのか? 金額が増えるたびに それがプレッシャーとなっていました。

a0310535_17340581.jpg

今回は個人的な理由がありまして 本震から2週間 いったんここで募金を締め切らせていただきます。
(明日中 20日に終了の手続きをする予定です)
金額はなんと240.100円

この義援金をどのように使うかは 別に書きます。 
とりあえずはお知らせまで、、、



[PR]
by bagus_lombok | 2018-08-19 17:36 | お知らせ | Comments(0)

クラウドファンディング活動中 ご支援お願いします。

a0310535_11522273.jpg
この画像はスンギギの中心部から プリマスやクンチのあるビーチの少し手前 メイン道路沿いの小さな家が全壊している模様です。
これは一部のみで すべてがこのようにはなっていないので誤解がありませんように。

7/29の日曜日と8/5の日曜日に起こったロンボクを震源とした地震

7/29は北部のリンジャニ山の麓の被害が大きく 私たちが住むマタラム スンギギエリアは揺れが強かったものの 大きな被害はありませんでした。

しかし8/5の夜にあった地震は横揺れが強く しかも長い時間続いたため このエリアでも建物の倒壊や半壊などの被害が出ています。

スンギギにはたくさんのホテルがあり こちらも全壊のような大きな被害はないものの そのままでは営業できないようなホテルもでてています。
それらのホテルのスタッフはこの周辺の村にいる人達ですが それらの村の家が被害が出てきています。

家を失った方も地震の翌日 ホテルに出てお客様のケア活動されていて 自分の事だけでも大変なのにと 本当に驚いてしまいました。

北のエリアには国を始め 救援の手がどんどん差し伸べられていますが こちらのエリアは被害が限定されているということもあり まだそのままの状態です。

こんな経験は私も初めてで どうしていいか止まったままでしたが 何かできることがないか?と思ったときに 友人がしていたクラウドファンディングで募金を集めているのを見ました、、、とりあえず時間とともに 必要な物資も変わってきますが やってみることにし
ました。


Polcaというクラウドファンディングで ロンボク スンギギエリアの被災地に送る物資の資金を募っています。

↑この画像をクリックするとアプリに移動します。スマホ用です。
なにとぞ皆さまのご協力をお願いしたい!です。

よろしくお願いいたします。期間は本日8日より1か月とのことです。
それより早く救援したいですが。



[PR]
by bagus_lombok | 2018-08-08 15:38 | お知らせ | Comments(0)

地震ふたたび

もうニュースでもご存知だと思いますが 昨夜8時ごろ ロンボク島でまた大きな地震がありました。
前回が7/29の日曜日ですので どんぴしゃで1週間後の地震、、、油断していました。

今回は家にいましたので 揺れが始まってすぐに建物の外に出て
娘、昨日我家に泊ることになっていた友人と3名で ひたすら揺れがおさまるのをまっていました。
30秒?1分 けっこうな時間ゆれておりました。(主人と2人の娘はスンギギに行っていてそこで夜をあかしました)

その後津波が来るかもというので アタフタと準備しながら車で出発 渋滞でなかなか進まない中1時間半後に津波の警報解除の知らせがありました。(津波はあったようですが10数センチという報道も)
我家はビーチから2キロ程度にあるので 昨夜はもう少し内陸にある別の日本人友人宅に泊めてもらいました。

夜中にも小さな余震が何度かありましたが 大きいのはありませんでした。

今回はマタラム、スンギギでも建物が壊れてしまったところが あちこちにあり
翌日の本日は市民生活も混乱しはじめています、、、、
復旧には少し時間がかかりそうです。

辛いですが 自然災害は誰にも止められません、なんとかするしか仕方ないという状況です。







[PR]
by bagus_lombok | 2018-08-06 14:09 | お知らせ | Comments(4)