人気ブログランキング |

カテゴリ:ツアー( 44 )

西ヌサトゥンガラ州立 イスラミックセンター その2

a0310535_14483599.jpg
受付横にインスタ用?のこんなものが、、、モスクをバックに撮ったりするのだろうか? いやはや今どきなんですね ここも(笑)
a0310535_14491955.jpg
イスラミックセンターは今回で3度目でしたが 塔に上っただけでモスクの中に入ったことはなかったのです、 
今回塔から降りたら 係の人が「モスクの中案内しますよ~」というではないですか?
ちゃんと案内の人もつけてくれると=だから窓口に係員がいないんじゃないのなーという話ですが(笑)
西ヌサトゥンガラ州最大のモスク 見学行ってきま~す。
a0310535_14501241.jpg
a0310535_14502106.jpg
断食中だからか?普段から?中にはけっこうパラパラと人がいて そのほとんどがグータラ横になって寝ています、
個人的には断食してるのに寝てたら意味ないじゃん!(空腹感を感じて耐えてこそ意味がある!と)と思ってたんです。

しかし今回このブログを書くのにいろいろ調べてたら wikiのラマダンのところに 
苦しみを和らげるために、あらゆる方法を取ることは全く問題がない。例えば、仕事の無い日は、日中は礼拝をする時などを除いて、寝ていてもかまわない。」 
えぇっ そうだったんですかーーー在住21年にして知った事実、、、(勉強しなさすぎか?笑)


ほぼ仕事がないようなプラプラしてる人も多いロンボク 仕事がない日=ずっと ちゃうの 106.png 
真面目に断食してる人がアホみたいじゃないですか?それ、、、
なんだかな~神様お願いしますと言いたい気分です。141.png141.png141.png

a0310535_14540414.jpg
中にはアルクルアーンを静かに読んでいるような人もおられて こういうのが正しいモスリム像なのですが??(さっきまで寝てたかもしれないけど・笑)



それはさておき モスクの中はさすがにとっても広かったです、
1階の大フロアは進入禁止(うちら女子だから?異教徒だからか?)2階から見学しましたよ

a0310535_14554121.jpg
a0310535_14553217.jpg
a0310535_14551012.jpg
金曜礼拝の際は下のフロアはもちろん2階まで満員御礼になるんだとか。女性は義務ではないけどお祈りに来てもよいらしく 2階の正面向かって右が女性のお祈り場所って話でした、今度行ってみようかな。(一応ですがムスリムなので162.png


天井にはでっかい装飾が、、、 去年の地震でこのモスクもあちこちひびが入ったりして やや危険な感じ、これ落ちなくてよかったなぁ
少しずつ修復工事はしているようです(さすがに州の建物だしね)

a0310535_14574703.jpg

a0310535_14572160.jpg

私たちがここに入ったのは12時前くらい あと少しで昼のお祈りが始まります 
2階のセンター位置には ここ私の場所ですよって お祈りマットの席取りしてる人いました(笑)特等席なんでしょうかね


a0310535_14581558.jpg
モスクの入り口にはこのあとに表に出すのか?ラマダン期間中信者の寄付の無料の食事を提供する屋台が並んでました、「スデカ(義務ではない喜捨)はあなたのマイナスポイント(Dosa)を消します」と書かれてある。



a0310535_14584121.jpg
モスクの中は土足厳禁、この日はパラパラだったので こんなもんですが 金曜礼拝のこのホールが満杯になる日ってどうなるんだろう?
お祈りの前にはウドゥといって 手足顔などを水で清めるんだけど それで(洗った水のしたたり)床もえらいことになるんじゃないかと(律儀にタオル持参する人は少なそうなので)想像。

a0310535_14583315.jpg
アラビア語で あなたの上に平安をと書かれてます。


西ヌサトゥンガラ州立 イスラミックセンター
塔に上るのには外国人は Rp10.000(80円くらい) 駐車場は決まった料金はなくお布施
金曜礼拝(金曜日の12時すぎから1時過ぎませ)は避ける
訪問の際は女性は特に肌の露出に注意してください。ガウンは基本何人もの人で着回ししているようなので注意
(女性の場合はスカーフなどで頭を覆う配慮も必要)



2つのブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら 

ロンボク島で潜るなら

ママハナがご相談におこたえします! (サイトに移動するには↑この文字をクリックしてください)


姉妹ブログ(ママハナの日常のブログ)ママハナのロンボク日記 にもぜひいらしてください。


by bagus_lombok | 2019-06-07 15:19 | ツアー

西ヌサトゥンガラ州立 イスラミックセンター その1

a0310535_01380592.jpg
断食の最中にマタラム最大のモスク イスラミックセンターに行ってきました。
a0310535_23073457.jpg
Google Earth よりイスラミックセンターを俯瞰

長年ほったらかしていた 旅行会社のウェブサイトを思い切って新しいのにして ついでにツアーなんかも組んでみようかと思ったのはいいけど やはり現地調査は大事だ!!!   
ということで ぶーんとバイクで行ってきました。 我が家からは約10分くらい

朝10時 一番の目的はイスラミックセンターにある高い塔に上ることでした
が、、、、

a0310535_01384936.jpg
えぇぇ~~~~なんとクローズ、係員誰もいてません 断食だから???
困った、、、と ゲートのセキュリティのお兄さんに聞くと 「多分11時ごろには悪んじゃない?」
ツアーでこんなことなったら すごく困るんだけどなぁと ぶつぶつつぶやきながら 
11時まで約1時間 どうして時間つぶそうかな~とブラブラしてたら 隣に市場発見! 
a0310535_01544240.jpg
a0310535_01545339.jpg

買い物客を乗せるロンボクの名物チドモ(馬車)も けっこういてる(笑) 
a0310535_01385830.jpg
走ってるのを激写したり 169.png
a0310535_01390775.jpg
イスラミックセンターをバックにいい位置に客待ちで止まっているのを撮ったり けっこう楽しめました、
係員さん普通におられたら この場所発見できなかったわ(なんでもいいように考えよう169.png・笑)

戻ってみると 欧米の女性3人組もエレベーター動くのを待ってて、、、^^;
しばらくすると やっと係員のお兄さん帰ってきました。ほかの欧米のお客さんを案内してたんだって、、、105.png
a0310535_01391866.jpg
欧米女性はオランダから、その格好でモスクに来る?ってくらいのホットパンツ(って通じるんか?今時)
さすがにそれはまずい!ので 上から羽織る服を貸し出ししてまして(無料)3人それを羽織っていざ上へ、、、
鼠色のフード長袖 足の下までの服は まるでねずみ男(笑)もうちょっとどうにかならなかったのか?です。暑いしね!
インドネシアでモスクやヒンドゥの寺院を訪問の際は服は気を付けたほうがよいですね 

エレベーターでまずは13階(13!!!笑)へ 
ここはガラス張り ガラスも少しくもっていて写真も撮りにくいので ぐるっとみて9階へ、(9!!苦 笑)

a0310535_01582350.jpg
9階はガラスなしで解放感があります。
a0310535_01583179.jpg
3階 の差なので正直 どう風景が違うのかよくわからないので 9階だけで ゆっくりさせてくれたらよいのになーという感想です。
a0310535_01583999.jpg
a0310535_01584359.jpg
東方向には午前中早めにいけばリンジャニ山などが見えそう(この日は11時ですでに見えず) 
とりあえず マタラム市内では一番高い塔 上ってみる価値はありますよ。
次回は初めて入ったモスクの中 つづく、、


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。

インドネシアランキングインドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら 

ロンボク島で潜るなら

ママハナがご相談におこたえします! (サイトに移動するには↑この文字をクリックしてください)


by bagus_lombok | 2019-06-07 02:11 | ツアー

めっちゃロマンチックな海のブランコ@南ロンボク

2016年に書いた記事のリブログです(下に追記してます)

南ロンボクにある 観光地としても有名なタンジュンアン・ビーチ
こちらのビーチ 星の砂のイガイガを取ったような まん丸の1ミリくらいのまん丸い砂と超きれいな海の色が名物。
けっこう広いビーチですが ビーチの真ん中にある 丘のようなところを境に 海側に向かって左がそのまん丸砂 右が真っ白のパウダーサンドビーチ
この丘に上がって 左右を見ると明らかに砂の色が違ってて 不思議で面白い場所です。
その白いパウダーサンドビーチほうに最近???現れた 海の中にあるブランコが とっても素敵

a0310535_00375977.jpg
写真撮った時そんなに潮も入ってきていなかったんで ちょっと海の中って感じでもないんですが。
素敵な水着の美女が乗ってくれて ここぞとばかりに写真撮らせてもらいました(笑)彼女の前は野郎2人組、やっぱり若いお姉さんのほうが絵になるな

a0310535_00384669.jpg
今までこっちのパウダーサンドのほうにはほとんど来た事なかったんですが しばらくこちらのビーチも人気者でしょうね!

2019年5月追記
この記事から2年半たっての現状 これを書いた時点では ブランコは1つしかなく そのうち朽ち果ててしまうのだろうなー
、、、と思ってたら、、、なんの、現在ホワイトサンドビーチ側は 等間隔でブランコが ずーっと先のメレセの丘の方面まで
並んでおります、、、そして以前は何もなかったビーチに びっしり海の家が! ちょっとエライことになっています。105.png
a0310535_00315402.jpg
a0310535_00350246.jpg
この場所は 現在進んでいる一大プロジェクトの中に入っているので そのうちなくなってしまうので(無許可で勝手に立ててる) ある意味期間限定の風景
しかしすごいですよ~ あの静かだった タンジュンアンはいづこへ(笑)


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシアランキングインドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら 
ロンボク島で潜るなら
ママハナがご相談におこたえします! (サイトに移動するには↑この文字をクリックしてください)


by bagus_lombok | 2019-05-28 00:37 | ツアー

THE ササックのサデ村に行ってきました

クタに行った帰りに ものすごく久しぶりにサデ村に行ってきました。
a0310535_14141856.jpg
サデ村はロンボクの空港から車で10分くらい、ロンボクの原住民のササック族の
昔ながらの家屋がそのまま残っている今や貴重な場所です。
a0310535_14151346.jpg
高低差のある土地にせせこましく寄り添うように茅葺の屋根が軒を連ねる風景
10数年前までは道路から見えたけど今はそのビューポイントには建物が建ってしまい今はこの風景は見れないかも、、残念。
そしてその後 観光客が押し寄せるようになり 村全体が土産物屋さんのようになっていくのを見て すっかり足が遠のいていました。

今回はロンボクは初めてではないけど ササック文化はまだ未体験という女性と一緒に偵察かねて(笑)村に潜入開始!
a0310535_14170915.jpg
駐車場にはこんな村マップまでできていて 村の横手にでデカ文字看板まで、、、
a0310535_14153096.jpg

門をくぐると村の受付があり 観光客はここで記帳と村への寄付をします 
a0310535_14180283.jpg
金額は任意 できる人はなんぼでも(笑)貧乏人はそれなりに、、、日本人なら1名1-2万ルピア程度?(2名だったら5万ルピア札1枚=400円程度)とか。
最低でも5000ルピア/1名は寄付しましょう(日本人の威厳を保つためにはやや少ないか?笑)
a0310535_14171560.jpg
入り口では村人のガイドが待機しており ツアーなどで自前のガイドがいても 村にお金を落とすという意味でも断れません^^; 
この日は3名で5万ルピア渡しましたよ。
a0310535_14195512.jpg
a0310535_14315202.jpg
a0310535_14412062.jpg

目の前にはもう土産物の布やアクセサリーを売るお店が、、、あはは
相変わらず各家で店出してる数の多いこと!どこも同じ店ばっかり、、、もうちょい工夫してもよいのでは?と思う観光客1名
a0310535_14203643.jpg
断食の真っただ中の午後1-2時 みんな一番眠気が襲う時間帯、店にも人影ほぼなく(笑)
観光客もローカルは断食してる人が多いので ほんと静かでしたよ!
この時期 昼のお食事がちょっと大変なんで 田舎には行けないけど ある程度観光化されてる場所なら食事できるところはどこかにあるはずなのでお勧めです。
a0310535_14204781.jpg
a0310535_14205718.jpg
村の中にあるモスクも村の雰囲気を壊さないようなデザイン 
親たちは昼寝してるのに 子供たち しっかりイスラムのお勉強中、、、えらいなぁ!
a0310535_14354953.jpg
村のてっぺん近く?にあるポホン チンタ すっかり枯れてしまっていますが、、、、ご利益あるようですよ(何に?は???)

ひさしぶりのサデ そう悪くもないかも?と思った訪問でした。
a0310535_14221679.jpg

今回一緒に歩いたのが モルディブでクルーズツアーのダイブガイドをしている日本人女性のサキさん
めちゃめちゃオトコマエでおちゃめな女性です、インドネシアにJICAの青年協力隊員(看護師)として2年住んでいたこともあり
モルジブ ダイブクルーズ BLUE K SAFARI のサイトへ

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシアランキングインドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら 
ママハナがご相談におこたえしますよ (サイトに移動するには↑この文字をクリックしてください)


by bagus_lombok | 2019-05-23 14:41 | ツアー

南部クタエリア コウモリさんの洞窟、、、しかし

a0310535_15340923.jpg
去年の11月のお話です、仲良しの友人とスイッチが入って 時間があれば あちこち散策していました。


この日は南のクタ方面のアレグリンあたりに行こうかと おおよその目標を決めて出発しました。
a0310535_15332541.jpg
クタエリアは空港から南に下って30分程度 そこから左(東方面)は 2016年?から始まったマンダリカプロジェクトが大々的に進行中で
このエリアは(2018年現在)どこもかしこも工事ばかり 2017年11月はもともとあったところを全部掘り返して整地していました。
もともと1980年代のスハルト時代に南部を開発プロジェクトは予定されていたのですが 
その後起こった1997年からの学生運動によるスハルト政権崩壊でその計画も長らく眠ったままでした、、、
新しい空港ができ インドネシアの経済も好調なので 再び開発計画が出て、、、
数年後にはヌサドゥアも真っ青の一大リゾート地になるということですが。 
のどかなロンボクの風景が好きな私にはちょいと寂しい気分
a0310535_15331162.jpg
そんなほこりっぽいエリアを避けて 車はクタの町から西方面にターン!
といってもこちらも開発の余波あり 小高い丘の上の土地を削ってるブルドーザーやユンボの姿があります。
a0310535_15353459.jpg
その長めのよいところで車を停めると コウモリの洞窟なる看板があります。
最近インスタで洞窟の上から降り注ぐ光の下で ヨガのポーズを決めるかっこいいお姉さんの画像があったり ちょっと気になってた洞窟
a0310535_15331977.jpg
誰かのインスタ画像、、、貸してくださいね。(別窓で元画像開きます)
a0310535_15334497.jpg
a0310535_15333346.jpg
ちょっと見に行ってみようかと 車から降りて 進んでいきました。
途中木の上に乗れるように足場もあったり ここもローカルのインスタスポットなのか?
友人が登ってましたが 足腰アヤシイ50代の私はパス!落ちたら終わりやしね

a0310535_15340145.jpg
その先に 光が差し込むと 上から光のカーテンのようになる洞窟のある場所が見えてきた
聞いたらこのあたり あちこち洞窟があるらしいです。。。うかつに大きな建物とか建てられないね。
a0310535_15335237.jpg
公共の場所ではなく 一応個人の土地のようです、下に下りるには入場料を払うようでした。

けっこう深い、、、下りるのは竹のはしごがあるだけやしーーーーこれも足滑らせたら終わりな感じ、、、
そして 何より強烈だったのが 「コウモリのおしっこくさい」 ということでした、、、
洞窟の上でこんだけ強烈って 中はどうよ?と想像した 友人と私、、、
んーーーちょっと違うよね。ということになり 結局洞窟の下にはおりませんでした、さっさと ビーチ行こうと(笑)
a0310535_15341714.jpg
インスタの光のカーテンには そういうニオイは写ってなかったしねー(笑)
a0310535_18254709.jpg
こちらインスタの画像(別窓で開きます)、、、素敵ですがーーー ふふふ

このあたり ここだけでなく 何か所かこういう洞窟ありますので 興味あったら是非行ってみてくださいね。

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。



by bagus_lombok | 2018-07-23 15:46 | ツアー

一年中見学できる東ロンボクの塩工場

a0310535_16382551.jpg
前回の塩田は乾季限定、でもそれじゃ 島の需要を賄えない?
以前は市場で塩を見ると 茶色っぽいのごつごつした塩(これが塩田の塩か?)か ゴミのまじったようななんだか汚い塩しかなくて 
スーパーのきれいにパッケージされたスラバヤ産のイルカ印の塩を使っていました。
スラバヤ在住のお客様に聞くと スラバヤにも塩田があったらしいです はて?

塩の原料になる東ロンボクの海水は 何度かブログでもご紹介したとおり 
西の海にくらべ透き通ってとてもきれいなイメージ、たしかに塩作りには適してるかもと思いつつ 
表の通りで塩を買って 作ってるところを聞いてたずねたわけです。(買ったところからすぐのところでした)
a0310535_16390685.jpg
塩工場ーーーー
ぼろぼろのバラック小屋の軒下に巨大なアイスクリームのような塊が並んでました、いやーなんかいい感じじゃないですか。
a0310535_16403244.jpg
一歩作業場におじゃますると 3つの釜が並んでおり 釜口からは赤い炎がもうもうと、、、、
灼熱の空間です!燃料は最初訪ねたと時はもみ殻、次行ったときはトウモロコシの芯 
その時々により農産物から出たものを引き取っているようです! すばらしい二次利用。 
最初の時はもみ殻だったので 畑の土用にズタ袋満杯燻炭をもらって帰りました!
豆腐を作るときに使うにがりも副産物でできるんだけど これももらって帰りました。
これで美味しいロンボクの豆腐ができるんやね!
a0310535_16393466.jpg
工場は家族経営 両親と 息子夫婦や弟君 みんなで24時間休まず火をいれているような話でした、交代でね。 
孫も釜の近くでおとなしく遊んでいました(ひえー)
a0310535_16400247.jpg
主に女衆が結晶化した塩をすくって すくってーすくって~ って 
男衆は何してるんやろ?というくらい お母さんと 息子の嫁?の2名 せっせと働いていました。
すごい汗!乾季の時はましだろうけど 雨季のムシムシの時なんか大変だろうなー

a0310535_16401382.jpg
マタラムではこの釜炊きの塩が1キロ5000ルピア、40円くらい?
ここに来る前は塩だからそんなもんでしょと思ってたけど 彼らが仕事をしている姿見て なんだか申訳なくなりました、、、
この日 アイスクリーム1個分を買いましたが もちろんですが市場価格より もっと安かったです、
重さははからず1個なんぼ、、、だいたい10キロ計算くらいでやってるのか?この辺のアバウトさがすばらしい。
帰って計ったら11キロくらいありました(笑)
a0310535_16411287.jpg
こんな素朴な塩工場 日本にあるかな~?東ロンボクの島めぐりのあと 時間があるようでしたら 
ぜひ ここも見学しましょう!


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシアランキングインドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら 
ママハナがご相談におこたえしますよ (サイトに移動するには↑この文字をクリックしてください)


by bagus_lombok | 2017-11-17 16:43 | ツアー

乾季限定 東ロンボクの塩田

a0310535_17484975.jpg
東ロンボク 南東の島々やビーチに行く船が出ている タンジュン・ルアールは
インド洋の大きな回遊魚があがる町としても有名ですが 塩も有名
港の手前の道沿いに昔からある塩田と釜炊きの作業場があります。
以前は塩田が多かったようですが 作業が大変なこともあり 徐々に数が減っているようです。
a0310535_17493488.jpg
8月にも 島々を見ようと お友達とこちらを訪ねた際に 2月に来た時にはなかった塩田に人がいて 
結晶化した塩を集めていました!なるほど雨の降らない乾季限定なんだねー
a0310535_17514659.jpg
しかしこの日は海は季節風が吹き荒れ 海は冬の日本海のような鉛色、、、白波もたってるし^^;
さすがにこの状況で船を出しても 絶対楽しめないってことで急遽島めぐりはとりやめ 
塩を作ってるところ見に行こうということに。
a0310535_17502733.jpg
塩田は近くまでは近づけなくて 遠目に眺めるだけでした。。。

太陽の熱で蒸発してきた塩田の表面の塩をなるべく上澄みだけ 土
混ぜないようにそろーーっとあつめていました、集中力が必要な仕事ですね。

日本の塩田のように 塩水をまいたりしているような感じはなかったです、どうやってこの海水ためたのかな?
a0310535_17504440.jpg
しかし周囲はなんだかドロドロの田んぼみたいだし すぐ横には車やバイクが往来してるし、、、
ゴミもういてる、、うーーーむ な環境でした。
a0310535_17512997.jpg
この目の前で売ってた塩、 以前は市場の塩って なんか汚いなと思ってたんですが 
いつのころからか 綺麗な塩が手に入るようになってたんです。
汚かったのはこの塩田の天然塩だったんでしょうねー

この釜炊きの塩作る作業場もこの近くにあります、次回はこちらのご紹介!
a0310535_17513984.jpg
この塩田の前にある家の子供、、、なんか ほっこりする風景ですよね


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシアランキングインドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら 
ママハナがご相談におこたえしますよ (サイトに移動するには↑この文字をクリックしてください)



by bagus_lombok | 2017-11-14 17:56 | ツアー

ウワサのピンクビーチは遠かった

a0310535_18252288.jpg
電柱のある島からの続き
タンジュン・ルアールで船をチャーターすると 砂の道ができる島、海の電柱がある島と 
東ロンボクで数年前に話題になっていた ピンクビーチなるものをめぐるのがセットになっています。

a0310535_17215845.jpg
この日も電柱は見たから じゃ次はピンクビーチに、、、、のはずでしたが 娘たちが 「宿題まだやってへん!」と言い出しました 
海の電柱の島から ピンクビーチはけっこう離れていまして、、、そこまで行くと時間がかかりずぎ!
ボートキャプテンが 皆が行くピンクビーチじゃないけど 近いところにも同じようなところがあるよ、というので 
船で20分くらい行ったところの ピンクビーチかも?に行くことにしたのでした。
a0310535_21451973.jpg
グーグルアースで見ると なるほど同じ海に向かって いくつかビーチが並んでいますよね。
通常皆が行くのが タンジュン・リンギットという東ロンボクの端っこにある岬の近くのが 
ザ・ピンクビーチということになるらしいのですが
以前行った友人がウキウキして出かけたのに どこがピンクビーチやねん(インドネシア語です・笑)
といって帰ってきていたので まぁまぁ状況は分かっておりました。
a0310535_21320541.jpg
ま、こんなもんでしょう 
a0310535_21323445.jpg
綺麗なパウダーサンドに 赤いつぶが少しだけまじってるのが見えました、これが太陽の加減なんかで ピンク?に見えたりするのかな?
a0310535_21331809.jpg
ピンクというよりは サーモンピンクのような感じかな?ちょっとエアブラシで色つけてみましたw

隣のビーチの間が小高い丘になっていたので ちょっと上って見下ろしてみましたけど 
あたり一帯ほんまになーーーーんにもない荒野が広がっております、
ここまではリンジャニ山の水の恵みもないので作物もできないような土地なんだけど 昨今の投資ブームで オンザビーチっていうだけで
a0310535_21350442.jpg
けっこうな値段がついているようです。
将来はクタのような大規模開発が、、、、ないな(笑)

いまだにこんなに何もない土地なんですけど 第二次世界大戦のころ 日本軍が
一時こちらに進駐?していた時期があり(敗戦前の数年間は日本のものだったというお話)
その際に東のこの端っこに日本軍が大砲 をそなえつけていたものが いまだに残っている!んだそうです。
先日お友達のFBでも見てびっくり!すごいな日本人
a0310535_00531064.jpg
次回はゆっくり時間をとって このタンジュン・リンギットの大砲を見に行きたいと思っています。
ついでに ご本家のザ・ピンクビーチも!


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシアランキングインドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら 
ママハナがご相談におこたえしますよ (サイトに移動するには↑この文字をクリックしてください)


by bagus_lombok | 2017-11-12 21:51 | ツアー

電柱はどこからきてる?

10/15にアップしたお話し 上に持ってきました。

10/1に家族で行った東ロンボクの島のひとつ 満潮時は海に続く電柱が話題?です。
本島から1キロ???くらい先に浮かんだ 住民がいるMaringkik 島に供給しています。
a0310535_00200880.jpg
写真撮った時は供給先しか見てなかったけど これって本島から供給されているんですよね・・・
どこから来ているんだろう?と もう半月もたって はたと気がついた!
a0310535_00203377.jpg
本島にたどりつくまでには 2つのそこそこ深い場所があるのがグーグルアース見てもわかる


次回はこの大元がどこから来てるか見に行こう


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。




by bagus_lombok | 2017-11-12 12:16 | ツアー

海に続く電柱を見に! 

a0310535_16251343.jpg
念願のギリ パシールのあとは 海の中にある???という電柱を見に!
a0310535_16262795.jpg
衛星画像から見ても けっこうすぐのところにあります。
a0310535_16261988.jpg
まさかの海の中の電柱群 ほんまにありましたーーーこんな砂地にどうやって建てたんだろう?

さっきの島は干潮だったけど こちら これから潮が満ちてくるよーって するすると水が入ってきていました、
でもまだまだ序の口なんで Gili Bembek まで じゃぶじゃぶ歩きましたよー
いやー東ロンボクは本当に水がきれいだな~
近くには人が住んでる島もあるし もう少し汚れてるかな?と思ってたけど なんのなんの 
清らかで 透き通っていて くたびれていた心の洗濯ができたような?(笑)
a0310535_16293171.jpg
これが電柱が送ってる電力を使っている島 別の場所にある桟橋から 上陸してみました。

この島の話を書かず 少し前に 「電柱はどこから来てる?」ってのを投稿してしまいました。 
Facebook 見ていただいた人は わかるかもしれませんが ブログだけ見ていただいてる方にはなんのこっちゃ?ですよね 
この島のことなんです。へへへ

まだこちらには再訪できてません これから雨季になるので 東側はなかなか厳しそうです 来年の乾季になってからかな?
a0310535_16280600.jpg



ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシアランキングインドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら 
ママハナがご相談におこたえしますよ (サイトに移動するには↑この文字をクリックしてください)


by bagus_lombok | 2017-11-06 16:32 | ツアー