<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

飯塚さんのアトリエにおじゃましました。

a0310535_1728345.jpg


先日 ブログでロンボク在住 日本人アーティストの飯塚さんの起上り小法師の話を紹介したら 
それを見ていたお客さんが飯塚さんのアトリエに行きたいとおっしゃるので ダイビングのあとにご案内してきました。

a0310535_17302378.jpg


ジャカルタに単身赴任している方ですが 娘さんが今中3で来年受験、、、、今度日本に帰る時のお土産に 験担ぎになる 起上り小法師がぴったり!じゃないかー、飯塚さんの絵も見てみたかったんだそうです。

上の画像は去年の年末にうちに来た 起上り小法師のお猿さん、 

a0310535_17341975.jpg


そしてこちらが飯塚さんのところにいた 過去(右)と現在、
初めてこの起上り小法師を作った時 球体に絵を描くのがこんなに難しかったのかーとご本人びっくりされたそうで 記念に、、と第一作目のお猿さんを大事に置いてるんだそうです(笑) 
やっぱり作れば作るほど手慣れた感ありますよね^^ 最新作のは 尻尾が立体でついていました、以前のは描いた尻尾で平面

a0310535_1737473.jpg


お手製のテーブルをおもむろに上げると 中に小法師ちゃんがいっぱいいました(この下にもまだいます!)
一個一個手作りなので すべてちょっとずつ変化があって 見てて飽きません。

a0310535_17393752.jpg


絵も色々見せていただきました、 こちらも ずーーっと飯塚さんの絵を見ているのでわかるんですけど 描き方とかも旬があるようで 最近はアクリル絵の具べったりの濃い~感じの作風ではなく 軽い色の乗せ方だけど ディティールが細かいものが多い感じです。

a0310535_17395041.jpg


↑ これはけっこう昔に見せてもらった絵、昔は可愛い女の子の絵とか 村の風景まるごと、、、今回そのような絵は画像にはないですが たとえば川で選択する女達の横に素っ裸で泳ぐ子供たち その近くで闘鶏してるオッサン、お祈りに行く人 屋台のお兄さん、、、いろんな人の描写がキャンバス一枚にひしめいてるような絵(笑) これぞ飯塚さんの絵というイメージでしたが 最近はそういうのは描いてないみたい。

a0310535_17475869.jpg


けっこうあっさりしています(笑)風景画、、、でも牛を引く人や なにやら語らってる恋人??の飯塚節がちらちら

a0310535_17491391.jpg


地図シリーズも バリ、ロンボク もう何枚も描いているようで こちらも書く度に違う味で面白いです。
こちらは原本は売らず 小さくしてプリントしたものを スンギギのバヤンで買うことができます。

a0310535_17505125.jpg


うぅぅ でもやっぱりこの原本の色使いがいいんですよね、ほしいなぁー

a0310535_17514029.jpg


こちらはロンボクの地図、空港が中部に移ったからと描いたものだそうです(笑) もっと大きい物は スンギギのバヤン(土産物屋)の隣の両替所の壁にやはり非売品ですがかかっていますので ぜひ見てください これは昔の空港バージョンです (両替はしなくてもいいですよ・笑)

a0310535_1753162.jpg


a0310535_17532786.jpg


地図に描かれている生き物、、、、かわいい~~

a0310535_17545215.jpg


ツバメもよく絵の中に登場しています(笑) これは今回お客さんがお買い上げの リンジャニ山の絵の中で飛んでいた子です。

a0310535_17565159.jpg


ツバメの背景も この砂浜のつぶつぶも 一粒一粒こんもり盛り上がってる、、、、細かいです。

飯塚さんと言えば前にも書きましたが 子供の送り迎えとか ちょっとした待ち時間でも スケッチブックを持ちあるき ヒマさえあれば 何か描いてられるイメージです。。。そんなに打ち込める事がない私には 羨ましい限り、絵描いてみたいんですけど 何描いていいのかがさっぱりわからない(笑)

a0310535_17595097.jpg


心から楽しんで描いてるから 見てるこっちもウキウキするんですよね♪

a0310535_1803254.jpg


絵談義に花が咲きまして 最近 遊びで描いてみたという 軍艦シリーズも裏から出てきて(笑) 私は一番下のくじらの潜水艦??がお気に入り

クニンガン(バリヒンドゥのお祭り、日本で言う送り盆みたいな行事)前で 奥さんがお供えものつくりでお忙しい中おじゃましちゃって^^;; 
でも いろんなお話を聞かせてもらって 楽しい時間を過ごしました。

飯塚さんも「ロンボクで描く、飯塚正彦」というブログをされているのですが ロンボクの地図を 他のサイトで勝手に使われてしまい 安易に作品をブログに載せるのもどうなんだろうと疑問を感じ 今まで載せたものをけっこうな数削除してしまったそうです。

今回の私の画像は ちょっと斜めから撮ったりとか 真正面まるまま写らないようにして 許可をいただいて掲載しています、私も以前 すごくがんばって撮ったカメや魚の画像を断りなく使われて いい気はしなかったので お気持ちよくわかります。。。

a0310535_1822299.jpg


しかし 自分はこういう絵を描いています!と世界中の人に知ってもらいたい、という気持ちもあるのも事実、、、このあたりのさじ加減がとても難しいところかな?と思います。

私も飯塚さんの素敵な絵 沢山の人に知ってほしいですからねー!

飯塚さんの絵は スンギギのサントサホテル入口横にある バヤンというお土産物屋さんに お手頃な大きさとお値段のものがあり 気軽に見ていただけます、起上り小法師も良心価格で置いてますので ぜひスンギギにお立ち寄りの際はご覧になってください。夜10時くらいまで開いていますよ。
ご自宅に置いてあるものは サイズも大きく お値段もご相談(非売品も多い)のもの多し、、です。



ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
by bagus_lombok | 2015-07-25 18:36 | その他

ロンボクの中のバリの村にて

a0310535_23495015.jpg


ロンボクの西部には バリ人もたくさん住んでます、今日はクディリって マタラムから少し南部のバリ人の村の結婚式に行って来ました。
バリ人の結婚式って日本人の友人以来!しかもロンボクのバリ人の結婚式は初めてなんで ちょっとワクワク~♪

a0310535_23532716.jpg


a0310535_23535328.jpg


招待状には 12時からとあったので いつもの調子で 少し遅れて(20分くらい)行くと 会場では生ガムランの演奏ががんがん流れていて 会場はもう人でいっぱい!
イスラムの結婚式って 招待状に12時ってあったら お客がそこそこ揃うのがその1時間後(笑) やっぱり違うんだ!
あとで聞いたら バリ人って こういう結婚式で ポトンギギ(犬歯を削る儀式、成人式みたいなもの?)もやるので そういうのが朝からやってたそうで ご近所さんは けっこう早くから来てたらしい・・・

a0310535_23575661.jpg


バリ ヒンドゥの文化は個人的に大好きで 憧れたこともあったけど やっぱり中に入ると こういうお供え物とか色々大変そう~、物価の高騰が止まらない昨今 バリの人たち この毎日のお供え物だけでもすごい出費だろうなぁ。

いろんなイスラム生活との違い、、、

a0310535_02138.jpg


家のお寺の中のぶーちゃんのお供え物、これは食べないんだそうです、、、ちょっとかわいそうやなぁ

a0310535_033125.jpg


ムスリムは犬の唾液がダメってことらしく 犬を嫌う人が多くて うちの周りは日中 野良犬ってほとんど見かけないけど(夜はけっこう出てつるんですので怖いです) ここでは放し飼いのワンコがうろうろ お供えものの食べ物あさりは日常の風景?(笑)

a0310535_052868.jpg


クバヤがスケスケ(笑) イスラムの人もクバヤ着ますけど 肌見せたらダメなのでレースの下にも透けない生地かましてる人が多いかな? 胸の開きとか 流行りとか やっぱり全然違ってます。

a0310535_07515.jpg


今回 ムスリムの招待客も多かったので ビュッフェの料理には何の肉なのか表示されていたのが印象的でした、ぶーちゃんは出てませんでした。

a0310535_09453.jpg


ご近所さんはご祝儀をこういう入れ物に入れて渡してましたが そこにお返しのお菓子を乗せてました。
ムスリムは 贈物もするけどそのまま渡すだけ、お菓子を帰り際に渡したりすることもあったかな?

a0310535_0114899.jpg


こちらのぶーちゃんも 家の寺の中のお供え物w これは食べるんだそうです、美味しそー(笑) 
豚肉は結婚してから食べたことないです、でも かつてはぶーちゃんは大好き やっぱり美味しいですもんね~なんでムスリム ぶーちゃんあかんの?^^;

a0310535_0133146.jpg


結婚式の飾りも年々変化してるんだなーと、なんかシンプルになってきました。

a0310535_0142990.jpg


a0310535_0142232.jpg


クバヤ姿のバリ人女性たち、クバヤも半袖とか 昔はなかったような気がしますけど たしかにこの方が涼しいよね。
少し前に FaceBookで ほんまのバリ島の結婚式の写真をアップしてる人がいたんですが、なんだかクバヤのスケスケ度がすごくで びっくりしました、それと比べると ロンボクのバリはまだまだ 田舎なのか?そんなケバイ クバヤ着てるような人もいなくて ほっとしました・笑 (そのバリの結婚式が特殊だったような気もしますが)

a0310535_0184086.jpg


今回の招待客は1000人だったそうで、、、13時すぎてから ムスリムのお客がどんどん入ってきていました やっぱりねぇ(笑)
ロンボクでもマタラムとかだと バリ人のコミュニティの中に 中国人の家があったり 混在してる感じですが 今日のバリの村は 全部がバリ人で ちょっとよそ者が移住できるような感じはなくて ここがバリですと言われてもわからないくらいの バリ集落でした。 観光者気分になりましたよ。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
by bagus_lombok | 2015-07-22 00:26 | イベント

乾季の観光シーズン到来 透明度はサイコ~!

a0310535_23184530.jpg


7/16に1ヶ月の断食月 ラマダン終了ー!
子供の学年末も重なって 今年は1ヶ月学校がお休みです、しかし断食中は「我慢」がテーマ
飲食はもとより 喫煙などもX レジャーで楽しむというのも(お腹へってるし 食べれないし)自粛でどこにも行ってなかったんですが。
(あっ国際ヨガデデーは末娘と 南部ロンボクのビーチでママ友とヨガやっちゃいました・・^^;)
やっと終わったので 昨日はひさびさにギリに行ってきました、相変わらず海の色はきれいでしたー。

a0310535_23235593.jpg


7月ももう半ば ギリは今や年中賑わってますが 更に観光客が押し寄せる季節に突入していましたよ。
上の画像はランチで上陸したギリメノの西側のビーチ、20年前はなーんにもなかったこのエリアも ランチともなると スノーケルに来たお客でレストランも満杯。
まだちゃんと茹で上がってない普通の「インスタント」のミゴレン 野菜が入ってたとはいえ正直全然美味しくなくて Rp35.000って、、、なんだかすごいことになってきましたよ(笑)
(マタラムなんかのローカルエリアで「美味しい」ナシゴレンがRp12.000くらいで食べれます・笑)

a0310535_23292840.jpg


ランチ後のスノーケルポイントは カメがワンサカのはず、、のメノー・スロープでしたが、、、このポイントだけでも ↑のような 大量のスノーケラーを乗せたボートが何隻もきていて カメも圧倒されたのか?
昨日はこのポイントではカメ見れず、、、1本目のトラワンガンの南側では3匹見れたそうです。(ここはカメの少ないポイントなんだけど)
向かいにいた アウトリガーのない船 てんこ盛りのお客さんです、、、おそらく10-15万ルピアくらいで でギリ3島の何箇所かのスノーケルポイントをまわるツアーの船ですが 明らかに乗せすぎですよね。。波のある日なんてひっくり返らないか?心配してしまう。

a0310535_2329853.jpg


オットもガイド業、これからがピーク、、、老体になってきましたが^^; がんばれー。

a0310535_232929.jpg


ボートキャプテンも スノーケラーのガイドになっています よく働いてくれるスタッフに恵まれてます ありがたや~~。

a0310535_2334164.jpg


南部のサーフポイントでも 制限なく サーファーがひとつの波に押し寄せて けっこう危険な場面もあったりするという話があったりしますが 昨日のメノーのポイントも あまりに船が集中すると スノーケラーを巻き込んだりしないか? 増え続ける観光客の安全対策を考えないとダメなんじゃないかなーと思ったりしました。

とにかく自己責任の国、 自分の安全は自分で守る、、、が鉄則です、ムリは禁物、周りの情況見て 自分で判断することが大事です!

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
by bagus_lombok | 2015-07-19 23:47 | ダイビング

定番 タナロットの夕日 初めて撮った

ひさしぶりにタナロットに行って来ました! タナロットまでは クロボカンの北側から チャングーをを抜けて行くんですが こちらもずいぶん様変わりして チャングーはおしゃれなお店がどんどん増え タナロットは観光客が更に増えて 昔ながらの対面二車線の Jl Raya Cangguは 夕日前の時間になると慢性渋滞で毎日大変だそうで、、、わたしも泊まってた クロボカンの北から ウブド方面に向かう際 この大渋滞経験しました。。。
いつも10分かからない距離に1時間、、、ジャカルタみたいになってきましたよーーひー

タナロットに行ったのは その大渋滞経験の翌日 早め早めだったんで サイワイ 往路は渋滞には巻き込まれませんでした^^;

a0310535_23115161.jpg


今回のタナロット 来ていた友人ご一行様に 写真の先生がおられて 興味津々で撮影について行きました。
(仕事とかではなく 単に旅の途中の風景を切り取るための写真撮影です)
サンセットの前に 太陽の位置を確認しながら 撮影場所探し 
上の画像は 潮が引いたあとの水たまりに反射する光を入れてみると面白いのが撮れるかも?とアドバイスもらった一枚
カメラは Canon G11なのでコンデジ どの辺に焦点を合わしたらいいとか教えてもらいながら撮りましたー!(この画像は先生には見せてませんけど・笑) プログラムで撮ったらと(G11はマニュアルモードが細かく指定できます)言われたんですけど 写真のことはまったくわからず(何度聞いても覚えられません・笑)
結局 Pモードとオートで適当に撮りました、オートにすると ちゃんと夕日モードになる!カメラ賢い(笑)

a0310535_23215464.jpg


夕日沈みかけ! 乾季って夕日がばっちりなように思いますが サンセットの水平線あたりにくると かすむ事もけっこうあったりですが この日はまん丸お日様がほぼ最後まで見れました。

a0310535_23232447.jpg


タナロット寺院の向かって左の人だかり、、、シルエットが面白かった。皆同じ夕日を見てるんだよね~

a0310535_0423547.jpg


日が明るいうちは うじゃうじゃいる人もしっかり写ってる、

a0310535_23241413.jpg


サンセット後の空もまたすばらしいですね!
同じ夕日を見るのも こうして 大先生にレクチャーしてもらいながら見るのと ぼーーっと見るのでは見方も変わります、教えてもらうのはやっぱり いくつになっても楽しい経験でした。

a0310535_23242416.jpg


こちらは別角度、崖の上にある ビューポイントのレストランからの風景、ビール飲みながら のんびり夕日鑑賞ができますが 乾季jの今 夕日はこのポイントだともっと右側にあるので もっと南側のニルワナのゴルフ場側からしか、寺院と夕日ののコラボショットは撮れません
ここ(崖の上のビューポイント)からの寺院&夕日は 日本の冬至あたりがキレイなのかな?

今回は人の多さもさることながら 車を停めた駐車場から この崖の上のポイントまで ず~~っとあった 土産物屋の多さにうんざりでした(笑) けど同じものなら クタの中心地よりけっこう安いもの多かったかも?(笑)
昔のもうちょっとのんびりとしてた時代が懐かしいです。

これは7/4の夕日 今回ここに一緒に行った友人御一行様 7/9に空港にチェックインして 日が変わった12:00すぎの飛行機で関空に帰るはずが 突然の空港閉鎖で今もバリに滞在中^^;;
この日すでに 空港閉鎖の原因となっていた ジャワ島東部のラウン山は噴火して噴煙を上げていました。。。この太陽の少し右側あたりにその山があるはずですが さすがにここからでは見ることはできません。、 そんなことも知らずに脳天気にバリ観光してたご一行、、、、こんな目にあうとは、、とほほ。
彼らはあと2日バリでバカンスを楽しんでます♪ もう噴煙上げないでー


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
by bagus_lombok | 2015-07-12 23:42 | お隣りのバリ島

ロンボク-バリ スピードボート体験(Scoot 編)

a0310535_22271741.jpg


バリ~ギリを結ぶ高速船は年々増え続けて もう何がなんだかワケわからなくなっちゃってます。
うちがオススメしているのは ブルーウォーターなんですが そこで以前仕事してた方が 新しいところにうつりました!と別の会社のボートの営業に来てくれました。
Scoot (スクート)はサヌールにあるボート会社です、サヌール~レンボンガン~スンギギ~ギリを結ぶ ちょっと今までのボートとは毛色(経路・笑)が違うのに興味を持ちました。

a0310535_2225773.jpg


今回の乗船はスンギギから!去年くらいでしょうか?スンギギビーチホテルとサントサの近くに高速船の専用乗り場ができていました。

a0310535_22274319.jpg


建物向かって左がこのチケットカウンター、右は待合のイスが置かれています。
日差しは強烈だけど 建物の日陰では風がぬけて気持ちよかったー!

タイムスケジュールでは スンギギを12:30出発 サヌールに着くには途中 ギリ・アイル、ギリ・トラワンガンと バリ島のレンボンガン島を経由して サヌール到着16:30、、、なんと4時間もかかります。
たとえば ブルーウォーターだと ギリ・トラワンガンからスランガンまで パダンバイ経由の場合2.5時間
Scootは 13:45ギリ発 レンボンガン経由で 16:30 若干ブルーウォーターより時間かかるけど ってことでしたが・・・

a0310535_2237362.jpg


船の到着は 12:40くらい、、、ウェブでは 12:30にスンギギ出発となってたので 実はもう少し早くつかないとダメなんでしょうか? 船が見えたら係員が誘導してくれて 荷物も運んでくれます。
スンギギから10人くらい乘りましたが 降りる人も同じくらいだったかな?ボートは朝10:30バリのサヌール出発 途中レンボンガンによって こちらに来てるはずで サヌールからスンギギは約2時間ってことになります。

a0310535_22411114.jpg


桟橋から直接乗れるんですが お客さんの通るところにエンジンがあったり(これは仕方ない) 係留用のロープがあったり 若干乗り降りしずらい感じです、ギリで降りるお客さんは船に乗ったままなので その人達もよけながら、、って感じ。

それでもまぁまぁてきぱきと荷物も運び 12:50に出発ー!
船内は土禁!(笑)目的地別に入れ物が用意されてて そこに自分の履物をいれます、、が ビニールに入れるでもなく そのまま入れていく=ギリなどで どんどん人が乗ってくる=私のんは一番下のはず、おニューのサンダルだったので自分で持つことに、、、だってギリから乗る人のって砂だらけのはずだもん。

a0310535_2244189.jpg


a0310535_22442532.jpg


船内もお初の対面式でした、スンギギから乗ると ギリで降りる人がいっぱいなので ほぼ満席状態で 座れるのか?と思ったんですが ちゃんと人数分確保されていました(当たり前ですが・笑) 
向かい合わせで6人(3人3人)なんで 窓際のほうが眺めがいいからーと座ったら もうそこから身動きとれません。。。テーブルと座席の間も究極の狭さ、、、テーブルにはドリンクホルダーもあるけど うーんちょっときゅうくつかなー隣の人との距離も 今まで乗ったボートの中で一番狭かったです。
あとは向かい合わせなんで 進行方向に座る人はいいけど 反対側の人は、、、6人グループだったら ワイワイ楽しそうですけどね、周り白人ばっかりやしーー

a0310535_2256423.jpg


と、色々考えてるうちに ギリ・アイルに到着 13:20 スンギギからわずか30分!早い。 陸路+ボートだと なんだかんだ 1時間くらいかかりますからね。
ここで何人かが降りて そして新しい人が乗ってくる、、、今までのボートはすべてのお客を先におろしてからお客さんを乗せていたので こういう巡回乗り合いバスのような お客さんの乗せ方も初めてです、効率はいいんでしょうね、 ギリ・アイル 13:35出発。(15分の昇降タイム)

ギリ・トラワンガンには 13:45 ここでも降りる人 乗る人 それぞれの荷物の移動で 20分間の停泊 14:05 レンボンガンにむけて出発ー!

エンジンは250馬力を4つ搭載、スンギギ~ギリはまだましでしたが・・・ギリから外海に出ると 波が高くなります。
んーーー波の上にたたきつけられる度、衝撃がけっこうきます、材質の問題なのか? Scootの船は 普通の船とちょっと形が違ってます カタマランという形なんですが これは調べてみると アウトリガーの船と一緒で転倒しにくい形なんだとか。 
普通の船は 船底のとんがったところが中央に一本だけですけど カタマランはそれが左右2本、、(意味わかるかな?) 接する部分がふたつあるから 衝撃が伝わりやすいのか? 乗り心地もすみませんが 今までで一番よくなかった^^;

a0310535_17233.jpg


ギリからレンボンガンまで2時間  15:55に到着、海の透明度すごーいきれいーーー♪

a0310535_1121144.jpg


以前ダイビングでちょこっと通ったことがあったレンボンガン、最近はヴィララッシュらしく 低い山の斜面に ぎゅーっとかさなるように屋根がたくさん見えてました。
レンボンガンもギリと同じく 船をつけられるところが限られているようで お客は島にダイレクトではなく 途中の浮き桟橋のようなところにおろされていましたよ、ここから小さい船に乗り換えて島に上陸する模様。
けっこうな人が レンボンガンで降りていましたよ。=荷物の上げ下ろしでまたもや 待ち時間

a0310535_1124266.jpg


目の前に停まってた船から 男性たちが次々海に飛び込んで盛り上がっていました(笑)

a0310535_1145188.jpg

 
碇泊時間 やることないボートキャプテンも船外に出てきてました。

a0310535_11689.jpg


皆 降りてしまったので このスキにと アッパーデッキにある 運転席見せてもらいました!ここが一番いい席かも?

レンボンガンから乗ってきたお客で 結局船はつねに満席で 16:45にサヌールに到着ー!が ここからがすごいことに。。。
サヌールって 飛行機の上から見ても遠浅で 船をつけるのがかなり難しそうな場所なので 今までサヌールに行くスピードボートって聞いたことなかったんです、どうやって船をつけるのかと思ってたら・。。。。

a0310535_1281117.jpg


ま、、まさかの ビーチ横付け?(笑) 桟橋は皆無で サヌールのかなり北側のはずれ(Jl.Segara Ayuよりもう少し北の方向 )に到着しました、この日は大潮の干潮からまた潮が満ちはじめるタイミングだったのでこの場所だったのかもしれません。
Scootのカウンターは Jl Pantai Sindu よりもう少し南 グランドサヌールビーチホテルのあたりにカウンターがあるので 潮の具合がいい時はこのあたりまで入るのかもしれません。

a0310535_1362035.jpg


船は人間様がぬれないような場所まで上げると 今度は船が動かなくなるので お客さん ひざ上までどっぷり水に浸かって、波のタイミングみはからって 一人一人降りました、これはもう最低ー!

a0310535_1382446.jpg


一緒にお試し参加してくれていたお友達、、、膝どころか ほぼ足の付根まで浸水、、、真っ白のパンツが~~!

下で待ってると 別でも持ってたかばんも濡れてしまいそうだったので スタッフに聞いて ビーチ沿いの道まで先に2人で上がってしゃべってたら さっきまでビーチにいた乗客はどっかにいっちゃって!!
どうやら上がる場所を聞いた時 スタッフが適当に返事したようで 送迎の車をチェックするはずがおいていかれてしまいました! がーーん!点呼なしだったんでしょうかね?
仕方がないので 2人でバイパスまで歩いて タクシー拾って宿までたどり着きました(これにけっこう時間を食いましたっ)

当初から時間がかかりそうだというのは予想していたのですが 本当に4時間近くかかって あげく びしょ濡れになるような降り方しかできない(スタッフに聞いたら毎回このような降り方だと!)ということで
値段も他のボートと変わらないですし バリ~ギリ間での利用は正直ちょっと薦めにくいjなぁと思いました。

ただ ギリ~レンボンガンっていうルートはなかなかないので バリとロンボク それぞれの離島のアイランドホッピング用の移動手段としては使えるのではないかと思いました。

ブルーウォーターのバリ~ギリ のダイレクト便(4-9月の繁忙期のみ)が特急なら
スクートのバリ~レンボンガン~スンギギ~ギリは各駅停車の電車と考えれば納得???

コントラももらいました ママハナのランガウィサタでも手配できますのでお問い合わせくださいねー♪

Scootのウェブサイトはこちら


a0310535_1411420.jpg



ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
by bagus_lombok | 2015-07-12 02:02 | 移動

極楽ねこカレンダー フォトコンテスト2016

カレンダーのコンテストに応募中ー!
ご協力お願いいたしまーす!

a0310535_2218618.jpg

http://bit.ly/1SaQHWb
こちらから入って ぽちっと、、お願いします。
数年前に屋根からおっこちて 死んじゃったトラキチ まだチビの時のあくびの瞬間・・・・
これ見ると すぐあくびがうつります、、、

a0310535_22221099.jpg


もう一枚・・・・これもトラキチです。
http://bit.ly/1UEGiWZ
こちらも応援よろしくお願いしまーす♪

過去には 「いぬめくり」の表紙から2枚目(笑) 去年は 「しあわせのねこまじない」にも(めっちゃ小さいけど)にも 掲載してもらいましたー!




かわいいニャンコちゃんがいっぱい載ってます♪ 

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
by bagus_lombok | 2015-07-09 22:37 | その他

断食真っ最中

6/18から始まったイスラム教の断食月ラマダン やっと中盤になってきました。

ロンボクの断食時間は 朝5時に開始のアザーン(モスクから聞こえるアナウンス)から18時 15分ごろのアザーンまで約13時間程度。
断食を初めて経験した時は 雨季の1月とかで もう1時間近く長かったんです、雨季はムシムシして汗をかくし 時間も長いので 初心者というのもあって ものすごくきつかった記憶あるんですが・・・
今は 乾季真っ盛り しかも夏至?冬至?が近いので時間が短いーカラッとしてるので 汗かかない=それほど喉が渇かないで けっこう楽ちんなんです。 慣れなんでしょうかね?

a0310535_2174132.jpg


レストランも多数を占めるムスリムに配慮して(条例のようなものがでてる模様)日中は営業してても 表向きはシャッターしめて 断食する人たちに配慮しています。
日中なんて道もがらがらだし 皆寝てるんじゃないのか?って思ったりしますが(笑)

a0310535_21152178.jpg


モールに行ったら すでにレバラン用のセールが始まっていて 日本の年末セールのような雰囲気がぷんぷんしています。
しかし 経済成長と最近のルピア安で もうほんと なんでも高くって困っちゃう~

a0310535_2116579.jpg


高い高いと言いながらも 買い物に来てる人たち けっこうバンバン買っている人もいてます、、経済成長の波に乗れば こんなふうにボヤク事もないのかなぁ?

a0310535_21181982.jpg


牛乳始め乳製品は ひどいものは5-6倍 このロングライフの牛乳はそうべらぼうな値段でもないけど 数年前は半額で買えてた気がする、、、フレッシュ牛乳に至っては Rp25.000とかって もう日本の安売り牛乳より高いぞ!

a0310535_21194435.jpg


くまもんがいた(笑) うどん1食 Rp25.000-(250円)、、、うむー これは輸入品だから仕方なしか・・・

a0310535_21242072.jpg


百均の商品も特設コーナー小さく設けてるけど 値段は3倍! 買う気になれません、、

a0310535_2126824.jpg


これも日本の百均で売ってそうなキッチンツール達、、、セール!と書いて Rp45.000!(450円)
しかも三段になってディスプレイされてて 買ってくれー状態だけど Rp5.000(50円)しか値引きされてないから全然売れてなさそう(笑) 

こんなんなんで 日本に帰ると 百均が天国状態です。(笑)

もうすぐ レバランボーナスが出る時期なので そうなると どこのお店も バンバン売れるんでしょうかね?

とにかく ルピアどんどん安くなると この間ニュースにでてた ジンバブエみたいになっちゃうんじゃないかと 心配するほどの 万年インフレ インドネシアです。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
by bagus_lombok | 2015-07-01 09:00 | 日記