タグ:リンジャニ山 ( 11 ) タグの人気記事

ロンボク島で地震発生

a0310535_13022317.jpg
7/29 日曜日の朝 ロンボクで地震が発生したと ヤフーニュースで報道されました。

朝7時すぎ???その前にも6時前に小さな地震はあったようですが。。。

私と言えば その大きな地震発生時は子供を送ったあとのバイクに乗っており
大通りを走っていると 日曜日の朝なのにたくさん道沿いに人がいるなーと不思議に思いながら家に帰ったのでした。
家についたら子供が 「ママ 今の地震 怖かったーーーー!」と
えぇぇぇ????
それで皆家の外に出ていたのかー、、、

私が住むマタラム市やスンギギなどは 震源地から少し離れていたので 被害はないような感じですが
震源地の東部 リンジャニ山の山麓(上の写真はスンバルンから撮ったもの:友人撮影)
こちらのふもとにある村では建物の倒壊や 亡くなった方もおられるとの情報入っています。

火山性のものなのか?調査中です。

このあとも小さな余震が続いています。
このままおさまってくれますように。。。



[PR]
by bagus_lombok | 2018-07-29 13:08 | その他 | Comments(0)

ここも秘境 Tiu Umbak の滝 

ひさしぶりのブログです。
a0310535_16065041.jpg
去年から滝好きの友人と滝巡りをすることが多くなっています。
そのメンバーの1名がここのところ体の調子があまりよくないというので
ふっとここに行けばいいんじゃないか?と思いついた前から行きたかった滝
北ロンボク リンジャニ山の裾野にあるTiu Umbak という滝です。
a0310535_15034291.jpg
自宅からは車で2時間 だいたいここらへん?ってくらいの検討しかつけず3名+いつものドライバー マッスンと4名で出発!
グーグルマップの指示通り 大通りから村への道を曲がると 一体とうもろこし畑延々広がっていました、バイオ燃料用なんでしょうかね?
a0310535_15044563.jpg
村に着くと 普通の家と 特別美観地区?のような昔ながらの集落がありました。
実際人が生活しているようだけど 観光地としてがんばっているようです。
a0310535_15050541.jpg
村の入口まで来て まだ滝は先だよねと進も 行く手はオフロード車しかムリそうな悪路がどーん。
看板もあることだし そんな遠くないよねと 歩きだしました。
が、甘かった 通りかかった家の前にいる人らにきいても 声をそろえてジャーウー(遠いよー)あちゃーー
a0310535_15045937.jpg
こんな道ばっかじゃないけど ほんまひどい悪路!

滝によっては バイクタクシーがいたりするのに この村の入口には誰もいなかったんです。油断した!
誰か滝まで乗せてってと言ってみたものの 反応薄く
とりあえず 行けるところまで行ってみようということで歩き出した4名
先が見えないのって なかなか厳しいもんですよね 
a0310535_15101858.jpg
滝の音は聞こえてきたのに それははるか下のほうから聞こえてくるし、、、
どこから下りればよいの?雨は降ってくるし どうしようって困ってたところに
絶妙のタイミングで下で声をかけておいた男性が友人と2台のバイクで登場!(上の画像は帰りに撮ったものです)
インドネシアの不思議なところって 寸でのところでなんとかなる事が多い(笑)
a0310535_15101727.jpg
すごい急斜面でしょ!雨も降ってるし すべるしほんま危なかった。

具合の悪かった友人はもう一人の子と先に帰ることになり 残った3名+ガイドで滝へ!
正直これはお勧めできない急傾斜の悪路を下りていくこと30分 
ちらっと見えた!
a0310535_15101714.jpg
やーっと念願のTiu Umbak に到着です。 あーしんど
a0310535_15101855.jpg
念願の滝は 勢いよく水が流れる滝の横に 水のカーテンのような可憐な滝のコラボ
この画像の左下 黄色の点々で囲っているのが私です、身長163cm
指当てて計ってみると 100mくらいは軽くありそうでしょう?けっこうな高さでした。
a0310535_15101928.jpg
右の滝の下はかなり深そうで 危なげだったので この優しい滝の水でうたれました。
スコールの雨粒にうたれるような感じ、、、そのうち空が明るくなってきて お日様が真上から差し込んできたんです、
そして ふっと自分の足元を見ると、、なんと自分の周りに1.5mくらいの虹 しかも二重でできてるじゃないですか!
残念ながら 携帯しか持ってなくて 防水ケースにも入れてなかったんで証拠写真はないんですが、、、
なんだかいいことありそうな~瞬間。
a0310535_15101826.jpg
これは いつも一緒に滝に行く友人がやはり去年滝にうたれてたら 突然現れた虹、、、
私のはもっと小さかったんですが 同じような感じだったのでお借りしました。
a0310535_15215477.jpg
下にもう一つ滝がありました、けっこうな迫力のある滝なんです Tiu Umbak。

滝に行った4名で記念撮影して あの道を今度は登らねばなりません。
ひーひー言いながら上り 翌日以降は激しい筋肉痛で ひーひーゆうてました。
a0310535_15101881.jpg
そして 不思議だったのが この滝に行くまで 2か月くらい右の膝が痛くてうまく曲がらなくなっていたのですが 
筋肉痛が引いたのと同時に膝の痛みもなくなり 元のように曲がるようになっていたのでした!びっくり。 
ガイドの子に聞くと この滝の水 地元では薬にもなると信じられているとのこと!

上に上がると リタイアした友人を送ったあとに引き返してきてくれた子と
最初に数百メートル乗せてくれた男性もバイクで待っててくれて
帰りはらくらく(でもなかったけど)片道3キロ あっという間に帰ることができました。
a0310535_15101843.jpg
行きの途中に出会った村長さんが言うことには 来年には滝までの道が整備されるとのこと 
それは行きやすくなってとってもいいことなのかもですが 
そんなに簡単にいけちゃったら またローカルがどかどか押し寄せて あっという間に滝がゴミだらけになりそうな予感で、、、
できればこのままそっとしてほしい気がしました。
a0310535_15220760.jpg
この滝行ったん 日本人はうちらが初めてでしょ!?って聞いてみましたが
ほんまかうそか知らないけど すでに日本人数名この滝に行っているそうです。残念
a0310535_15101923.jpg
ご一緒した仲間と!
またロンボクの好きな滝が増えました。
次回はどこにいこうかな~

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。




[PR]
by bagus_lombok | 2018-05-21 15:28 | | Comments(0)

秘境の滝 Mangku Sakti その2

a0310535_17402627.jpg
昨日の続き、、、、悪路をバイク そのあとはハイキング 小一時間かかってやっ
とこさ つきました~~~ 3つある滝のうち一番下流の Kuda Sembrani
周りは人まったくいません 貸し切り状態、今回ここが3度目の友人はじゃぶじゃぶ川に入り滝のそばへ(笑)
私はまだ2番目3番目あるぞと足だけ~~。

a0310535_17404866.jpg

川まで出て 気が付いたのが この川 全体的にクリーム色なんですよね。
リンジャニ山から流れてくるこの水 温泉成分の硫黄がまざっているようです。

 
a0310535_17445498.jpg
もと来た道を少し戻って 次 2番目の滝 Mangku Kodek の滝、、、、岩の向こ
うにあるらしく 滝はここからは見えない、、、、こっからぬれちゃうよ~
a0310535_17451702.jpg
3度目の友人は防水カバーもつけず スマホをもってじゃぶじゃぶ、、、
ここでというところで そういうのを見事に水没させそうな私はスマホもってなかったんで
画像はすべて彼女のスマホで撮ってもらったのがこの画像、
岩が水の流れで長い間かけて浸食されたトンネルのようなところを腰までつかって 進むと、、、
a0310535_17454103.jpg
第二の滝に到達ー!なんとも神秘的な場所です。

a0310535_17460794.jpg
もと来たところ戻って 上に上がると 上からこの滝が落ちていくのが見えます、、、
でもとってもきわどい感じで、、腰引け引けになりながら 写真撮ってるところを撮られた(笑)
a0310535_18094420.jpg
この二番目の滝のすぐそばにも ミニ滝ぽい流れが急になってるところもありま
した、直前おさるさんが2匹 倒木の橋渡って山に逃げて行った!
a0310535_18104607.jpg
a0310535_18111756.jpg
そしてその先にいよいよ 一番目の Mangku Sakti (マンク・サクティ)の滝が ちらりと、、、、

a0310535_18113919.jpg
やっとたどり着きましたよー!

a0310535_18123661.jpg
この滝の名前 Mangku Sakti のマンクーって お坊さん?のような人の事で 
滝の向かって左の岩が横を向いた マンクーの顔に見えるってことからこの名が
ついたらしい、横顔が見つめる滝の右側は ちょっと骸骨が転がっているような
感じの岩に見える、、、(見えるかな?)らしいです。

ここはさすがに肩までどっぷりつからせていただきましたよ~~水はめっちゃ冷
たかったけど 気持ちよかったなーーー!


この周辺もインスタのおかげ?でローカルも来るらしく 二番目の滝壺は実はペットボトルが何本もプカプカ、、、
一番目の滝(マンクサクティ)は一回だけ使ったんだろう石鹸がおいてあった、、、
ローカルってムスリムでも どこかでアミニズム的な考えも持っていると思うんだけど(すべての人ではないです) 
どうしてこういうことをしちゃうのかな~~本当に残念。
ローカルは入場料もローカル価格で Rp5.000 バイクで来るので バイクタクシーも使わず 
ここでもやはり金は落とさず ゴミだけを落としていくのでした、、、

しかし 難易度が高いので ゴミの量はそれほど大したことなかった?(もしかして掃除してくれた直後だった?)
私たちが使う命のお水 いつまでも綺麗な環境にしたいですもんねー
a0310535_18130482.jpg
とりあえず心配していた雨もまったく降らず 曇ってたおかげで 涼しくハイキングさせてもらえて最高~でした!

マンクサクティの滝の人のいない度、神秘的な感じ どれも最高だけど 日本から来たお客さんには かなり危険なので 
あえてお勧めはできないなというのが今回行ってみた感想。入場料金も高いですしねー
行くなら もろもろ覚悟のうえで、という感じです。

a0310535_18211763.jpg
↑一番有名?なスナルの滝
滝はスナルにも有名な滝があり そこは車で行って 滝に行く道も整備されて快適なので まずはそちらをお勧めします。
そのスナルの滝のブログ記事は こちらです!(別窓で開きます)

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-13 18:26 | | Comments(0)

秘境の滝 Mangku Sakti その1

a0310535_23054976.jpg
リンジャニ山絶景ポイントのあとは お楽しみの滝!

a0310535_23060068.jpg
車で30分くらい移動して そこからバイクタクシー(通称オジェック)に乗り換え
車はオフロードなので行けません(4WDならきっと大丈夫)歩くとおそらく1時間くらいはかかるんじゃないだろうか、、、
a0310535_23061152.jpg
国立公園内だから?か こちらのゲートで入山料?を払います。
外国人の場合 1名 Rp150.000!(約1300円)インドネシアではけっこうな値段
これにバイクタクシーを使う場合は 現地ガイド料を含めて Rp100.000。
国立公園内というなら スナルの滝もそうですが こちらはたしか Rp10.000/名(80円) なんなんでしょう???この差は(笑)

ちなみに トレッキングの場合は今年から Rp310.000/1回になりました、去年までは Rp150.000- 一気に倍(笑)
ローカル価格はびっくりするくらい安いのですが(Rp10.000)正直山にゴミをまき散らしているのがローカル!
ポーターも使わず お金は落とさず ゴミばかり落としていく ローカルに高額入場料金を払わせるべき、と思うのは私だけ?
最近SNS大好きなインドネシア人 あちこちできれいな写真撮るのはいいけど 
おかげでそれ見て押し寄せるローカルがすごい量のゴミを捨てていくので 景色のよいところはどこもゴミだらけで辟易しています、、、
どうにかしてよ政府!話がそれちゃった、、、うーーー血圧あがりますわ^^;

上の画像 一番手前のバイクの子 覆面しています、これ見て どんな道かだいたお想像できてしまった。
もう行くしかないし!!Let's GoGoGo~~106.png
a0310535_23235517.jpg
とりあえず 滝を目指して バイクに乗せてもらい出発したのはいいけど 道、、、予想以上の悪路、
坂道もぼこぼこなので とっさにどこを通るか判断しながら走らないとあきません 乗せてもらうほうも怖い!と体に力が入ると運転する人もバランスとるのが大変、、力を抜いて~~~自分は荷物だと思えと(笑)友人のアドバイス、た、たしかにー 
なんだかんだで30分近く走りました!(スピードが出ませんから)
a0310535_23261478.jpg
途中に景色が眼下に広がるところがあり そこにはツリーハウスもできていて しばし休憩~169.png

やっとこさ到着と思ったら 滝まで行く道はこれ以上バイクでも行けない場所なので ガイド1名といざ ハイキングタイムです。
a0310535_23264316.jpg
山道を下がって下がって~~~なんだかんだまた20分以上歩いて??? 看板が出たー101.png
a0310535_23271162.jpg
滝は3つあり まず一番下にある クダ・スンブラニを目指します(この看板の裏すぐに実は2番目の滝があったのだった)
a0310535_23295268.jpg
 
ここからまた少し歩いて

とうちゃ~~~く 105.png (つづく)

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-12 23:34 | | Comments(0)

スバルン側のリンジャニ山の絶景ポイント

a0310535_11133160.gif
ブキット・セロンのあとは 今晩月を見る(この日は十五夜、中秋の名月)リンジャニ山がどーんと見れる場所のチェック
a0310535_11130564.gif
スンバルンのトレッキングの際に届を出す トレックセンターの横のゲートを入った先、
トレッカーはここから登っていく場所の途中にあります。
私は過去2度スンバルンからリンジャニ山に上がっていますが この道は 初めてでした^^;
リンジャニ山はカルデラ湖がある山なので 見る場所によって まったく形が違っていますが 
スンバルンの登山口から見る形は富士山のような円錐形(に見える)

a0310535_11131428.gif
朝はめずらしい 笠をかぶったリンジャニ山でしたが ブキット・セロン~ホテルでお茶タイムのあとは すっかり笠も消えてしまって しばし雲もほとんどない快晴の青空をバックに 雄大な姿を見せてくれました!
a0310535_11133913.gif
この1時間後にはもう雲がもくもくだったので このような姿を見るなら朝早くに行くのがポイントです。
リンジャニ山 この登山口、ブキット・セロン どちらから見ても素敵です。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村


a0310535_11163808.gif
ロンボク島内のツアーのコーディネイトなら じゃらんじゃらんロンボク(PT RanggaWisata)ママハナがご相談に乗りますよ。


[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-11 11:22 | ツアー | Comments(0)

お気軽パノラマ風景が楽しめる丘 BukitSelong

a0310535_16313757.gif
ひさしぶりすぎる投稿です、9-10月とめずらしく頻繁に外に出ていたので その時の様子をのんびりつづります。

まずは冒険好きな友人がアップしてた画像を見ていきたいなと思っていた 東ロンボク?リンジャニ山のおひざ元 
スンバルンにあるブキット・セロンに行ってきました。

a0310535_16310791.gif
マタラムからは東周りのルートで2.5時間 SNSで画像アップした友人が案内役 
あそこに行くなら 早朝に出発しないとダメ!ということで 朝4時に我家を出発 
こちらの日の出は6時なんで まだ真っ暗な中 でも車は少ないのでスイスイです。
スンバルンで若干道に迷いながらも 7時前には到着です、はやっw
a0310535_16341452.gif
ブキット=丘 最近ローカルのインスタでもよく見かけてて けっこう高いところから撮っているような感じだったので 
上るのに1時間はかかるのか?と思ってたんですが あっという間に上れました、
入場料はきっちりとるくせに 上り道はまったく整備されていないので 足元見ながら~
a0310535_16441113.gif
インスタではこの星形のステージの上に乗ってが定番(笑)くずれても保証ないですからこちらも慎重に、、、
こちら完全に日が上がってから撮りました。
a0310535_16455844.gif
7時前はあまりに早朝すぎて 東側には少し高い山もあるため 眼下の畑がまだ日が当たらず暗かったのです。
7時半ごろからはずいぶん明るかったので 5時すぎに出発でもいいのかも?
a0310535_16342305.gif
しかし早朝なら東から上る位置の低いおひさまをバックにこんな画像も撮れます!

友人がなぜこんな早く出発、といったのには理由があり それはこれ

a0310535_16340030.gif
西方面にそびえる ロンボク最高峰のリンジャニ山(3726m)全然高く見えないのですが 
そもそもこのスンバルンエリアがけっこうな標高があるんですよね(1100mくらい)

10月になって 雨が降る日もあったりで この日も9時過ぎには山には雲がかかってしまって お姿を拝むことができないんです
、ブキット・セロンは眼下の畑の模様が乾季、雨季によっても変わる(作物の色)んですが 
こちらのリンジャニ山もみなくっちゃね ということでの早起きでもありました。

a0310535_16564888.gif
平日の早朝だと ほぼローカルはいないし こちらで持参したおにぎりをほおば
りました! 土日、祝日はローカルがけっこう来るので 平日がおすすめです。
注:ローカルがダメということではなく 週末はローカルで混雑することが多いのでということです。
わかりますよね??? 「私日本で仕事してました!」「写真一緒に撮って」とか 
ひとなつこいローカルと戯れたい場合は週末狙いで(笑)
在住19年(2017年現在)の私は、、、ローカルのいない 静かな環境が好きです。
彼らが悪気なく ぽいっとゴミ捨てるの見たくないからーーー!(ストレスなんです)

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ


[PR]
by bagus_lombok | 2017-10-10 17:10 | ツアー | Comments(0)

おぉーこんなんあります、北ロンボクの農産物

a0310535_01400154.jpg
↑ 下りトレエアンルートで見た 渓谷のV字の真ん中に1本の大木と その後ろにはまっすぐの雲がひとつ!絵のような風景でした。
a0310535_01414245.jpg
ところで リンジャニ トレッキングの出発地は リンジャニ山の北側にある スナルとスンバルン

このあたりは標高が高く 涼しいので 色んな野菜や果物などが作られてます。

今回 トレッキングのスタートとゴール間際にも 山で作られてる作物に出会いました。

スナルは歩き始めてまもなく ジャスミンの花のような けっこうキョーレツなカオリがプンプンしてて なんだろうなーと思ってたら・・・
a0310535_01430836.jpg
なんと道の両脇の農園では コーヒーの花が満開を迎えていて その花の香でした! 

a0310535_01441204.jpg
実をつけてる枝も、、、コーヒーって コーヒー豆っていうくらいやから この果肉の中にあのコーヒー豆の形をしたものが2つ対で入ってるんですよね
以前生の実から豆取り出して口に入れてみたけど、、、お腹痛くなりました(苦笑)でもちゃんとコーヒーの味してた!
スナルでは花が満開でしたけど トレアンのふもとの村では コーヒー豆がたわわに実ってたり、、、コーヒーって季節ないのかな?

3日目の最終日 麓の村の手前に農園があって、、、カカオがあっちにもこっちにも こちらも収穫の季節みたいでした。

a0310535_01480010.jpg
これもこの果物みたいなんの中にカカオ豆がいっぱいつまってて、、、周りの黄色くなった果物の部分も食べれます。
これ取り出して発酵させてからチョコレートの原料になっていくんですねぇ。。。



a0310535_01495810.jpg
カカオの実 はこれまで何度も見たことがあるんだけど お花はまだ見たことなくて、一緒に歩いた友人が教えてくれました、
上の実がなってる木と同じ枝に 小さな花が この実が並んでるのと同じように一つの枝に3つ咲いてて。。。
おしえてもらわなかったら 見逃してしまうところでした。

以前のトレッキングではこんな木の下にバニラの花が咲いてたり、、、 とにかくロンボクの北側は豊かな感じです。

スナルやスンバルンに行く道の途中にいっぱいあるのが・・・・

a0310535_02021587.jpg
大きな木にこんな実がいっぱいぶら下がってます、こちらは1年でこの時期に実がなるようです。

このカシューナッツがロンボクのお勧めのお土産でもありますよ~マタラムでは Fhoenix food という会社が土産用に
5種の味 (インドネシアの味って感じのスパイシー味=お勧め 塩味、はちみつ味、ロースト、甘い味のもの)があって
大きさも 飛行機の機内で配られるような バラマキ用のサイズから ちょっとお徳用復路、箱入りと 大きさもいろいろあってGOOD
スンギギの最近できてきた大型の土産物の店でも必ずこの会社のカシューナッツ(ほかピーナツとかいろいろ)おいてますが
マタラムの工場直営店は 土産物屋の半額くらいで購入することができます。 大量に買うなら直営店がお得です。
a0310535_02141080.jpg
肝心の商品の画像が、、、ないです(笑) 食感はクリスピーで もりもり食べれちゃいます^^; 

ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。



インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-12 02:22 | ツアー | Comments(0)

2年ぶり 3度目のリジャニ山歩き その4

3度目のリンジャニの山歩き最終日 3日目早朝 西の空の満月をまた見ることができました。

a0310535_18445392.jpg

今日も早朝からの出発 今回はスナルとスンバルンの間にある トレアン・ルートを行きます。
こちらのルートは主にローカルが湯治やお祈り用に利用するルート

a0310535_18451425.jpg

今回ガイドを兼任してくれた ポーター頭、毎回お世話になって 今回で3回目
20キロくらいの荷物をかついで一緒に歩いてくれました、おかげで通常の荷物抱えては到底歩けない私もマイペースで歩かせてもらうことができます。
これ日本でやると かなりの費用になりますが リンジャニは1日20ドルx日数+チップでこんな殿様トレッキングができます ^^;本当にありがたい存在です。

a0310535_18453200.jpg

山歩きの途中では けっこうな数のローカルと出会いましたが ほとんどが湯治のための山登り、下り出して 少ししたところにも いくつも温泉がありました。

a0310535_18455060.jpg

いつもは のほほんとしたポーターさんたち いつもと違うルートというのもあるんだけど このルート 渓谷沿いを歩くので 足を滑らせたら最後、、、、というような箇所がいくつもあるので 「写真は撮らないで、歩くことに集中してー!」と何度も言われてしまって^^;

a0310535_18460657.jpg
a0310535_18463692.jpg
中間地点のところは あーーほんま危ないなぁってところがあって いったん止まって 写真撮ってからは 集中して歩いてました。
↑この画像のあと 一歩足を進めると

a0310535_18464367.jpg
こんな感じ、、、もちろん手すりなんてないです(あっても怖いから使いませんが) 
バリのヒンドゥー教の聖地でもあるこの山 たまに大人数で湖まで登ってお祈りしたりするらしいんだけど ここから落ちちゃう人っていないのかなーと思います。

そんな地形なので 実は見晴らしもとてもよく 途中 3つの滝も見ることができました!

a0310535_18584356.jpg

一番目は細~~い水が可憐に流れる女神のような滝、そこそこ高さがありました。 パンチョルマスの滝

a0310535_18585917.jpg
2番目はプニンブン

a0310535_18592584.jpg

3番目は真打! プロポッの滝 すばらしい滝でした、神様絶対いてるーーー!
高さも100mはあるんじゃないでしょうか? 上から見下ろすような角度で見ておりました。
この滝 以前空港に飾っている写真で見たことがあり この滝見てきたい、どこにあるんだろうと思ってたところだったんで 感動100倍! この滝つぼに行くにはきっと何時間もかかりそうで 人間を寄せ付けない荘厳さがまた魅力、、、、いつか下の道(あるのか?)で滝つぼに行ってみたいけど、、、、


このあとは 熱帯雨林に入って行って ここの中をまた3時間ほど歩き、、、、結局ふもとの村まで8時間くらいかかってしまった。。。足が遅いのもあるんだけど 予想よりはるかに距離があってびっくりでした。。。。

森の中でもこれから上に上がるローカルにたくさん出会いました、下で会う人は軽装の人が多かったんだけど、、、どこまで行くのだろう?


a0310535_19072741.jpg
変な話ですが このローカルルートは 途中ラーメンやお菓子の袋が散乱してる箇所があちこちあったんですが 普通のルートの道脇にあるトイレットペーパーが皆無(笑) ローカルも外国人トレッカー(主に女子か?)もそれぞれ ゴミを減らすことを考えないとですねーー。
a0310535_00545793.jpg
無事3日間の山歩きを終えることができました! 次はいつかな~?


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。




インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-09 19:17 | ツアー | Comments(0)

2年ぶり 3度目のリジャニ山歩き その3

a0310535_17224017.jpg
今年は8月初旬と 私たちが登ったあと10日後 27日に噴火したカルデラ湖にある新山(Gunung Barujari)
活火山なので ずっと噴煙をあげてます、2年前は山肌の横に穴が開いてたのが 8月の噴火で大きくなってました。

a0310535_17224993.jpg

2日目 スナル側のクレーター上に9時ごろ到着
ここでちょっと休憩したあと 湖に降りていきます、去年 GeoPark指定になったので その審査前に整備したのか 下りのちょっと危険そうな箇所には鉄柵が設置されたりして 整備されていました。
でも色んな人がすごい負荷をかけて 手すりをつかむのを想定していなかったからか あちこち鉄柵が壊れてたんで あんまり信用しないほうがよさそう。

2時間半くらいで湖に到着

a0310535_17231216.jpg

ランチをいただいて 向かったのが今回のお楽しみの温泉

a0310535_17230216.jpg
キャンプ場から5分ほど下ったところにあります。

a0310535_17231970.jpg
2年前はスンバルン側の往復のみで 湖には下りなかったので 6年ぶりの温泉でした。
6年前は乾季の最後の時期ということもあり 通常は雨がないので 温泉も水が全然なくてへ入れるところが一か所しかなかったんだけど、、、ほかにもあったけど熱湯状態でとても入れたもんじゃなかった
a0310535_17241128.jpg
6年前の場所は ローカルの湯治場になっていて テントが張られ 湖で釣ったんだろう魚が開きにされて岩の上で干物状態に・・・(笑)6年前には全然見かけなかった=お湯がなかったからかな?
午後3時すぎだったので 岩場の隅でお祈りするお母さんの姿も(笑)
a0310535_17241657.jpg
今年は乾季らしくなく 雨が降る日もけっこうあったので 山でもけっこう雨があったんでしょうか?普通にたくさん入れるところがありました。


前に入ったところはそんな感じで ローカルが占拠状態だったので 今回もうひとつ下にあるというところに連れていってもらいましたよ。

a0310535_17250206.jpg
おぉぉぉーー温泉の滝の下には大きな温泉が!いやーこれはすごい
私たちのほかには ジャワから来たという 若い男子3人組だけで のんびりつかりました。
ただ足元が見えないし 入ってみるとけっこう、、深い!ひえーーー実は溺れた人もいるらしい、、、

a0310535_17250876.jpg
お湯加減は温水プールより 少しぬくいかな~ってレベルで ずっと入ってられそうだけど 
日本人としては やはり上のきゅっと熱いお湯に入りたかったな

温泉から帰ってほどなくすると今夜のお月さまが東の山の陰から登ってきました、月明りでクレーターの回りがてらされて幻想的な雰囲気でした。(写真暗すぎてムリ)
a0310535_17254331.jpg
今宵もありがとうございました!




おまけ:今回 悲しかったのが キャンプ場、
キャンプを張る場所は6年前もゴミがたくさんあって 汚かったんですが 今回のこの湖は最悪の汚さで びっくりしてしまった。

a0310535_17260990.jpg


原因は 6年前にはいなかったローカル(ジャワあたりから)のポーターをつけない個人客が増えたからか?この日もキャンプをあとにする ローカルの若いお兄ちゃんがゴミをそのまま置き去りにしようとしたので「ゴミ持って帰らんとあかんよー」って注意したんだけど 持って帰らず。
a0310535_17261525.jpg
そのほかには6年前にはなかったゴミ箱がある! きっとGeoParkの審査の時に設置したんだろうけど
ゴミ箱がある=ゴミおいていっていいよって意味ですよね? 回収に来るなら問題なしだけど 審査の頃は毎週のようんにあった回収人員が GeoParkに決まってからは1か月に1度くらいしかなく、、、 そりゃゴミだらけにもなりますわな、、、じゃぁゴミバコ撤去しろよと言いたくなります。
外国人からは Rp125.000/名もの入山料を払わせておきながら (1日何百人も入山しているはずです)そのお金は何に使ってるのか?って聞きたくなるような話です。

湖も食器を洗ったりするので 6年前に比べて水がとても汚くなっていて 魚も以前は入れ食いで釣れたのが ほとんどつれなくなってきてるらしく 早急に手を打たないと大変なことになるんじゃないかなと、、、
今年2度の噴火も この惨状を見たら 山の神様が怒っているようにしか思えないです。




ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。じわじわと順位が上がって毎日の楽しみになっています(笑) 


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

9/27の噴火についてのロシア?のウェブ記事 389人がミッシングとあるけど その記事の中に
Sutopo Purwo Nugroho @Sutopo_BNPB

Wisatawan banyak yang turun dari puncak Gunung Rinjani melalui pintu Semaru. Semua selamat dan baik kondisinya.
全員無事とインドネシア語で書かれています、見出しの修正しろーって言いたいです。
私も10/3にスナルとスンバルンのふもとに行きましたが 山からの噴煙は見えず(曇りでしたが)現場はいたって平常でした。

メディアが適当な事書いて困るのは 地元のポーター、ガイドです、、、こんな報道のおかげで1週間仕事がありません。


https://www.rt.com/news/360912-tourists-missing-volcano-indonesia/
こういう記事も不安をあおるだけ、、、削除 もしくは正しい情報に修正してほしい。





[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-05 17:47 | ツアー | Comments(0)

2年ぶり 3度目のリジャニ山歩き その2

a0310535_01015817.jpg

2日目 早めにクレーター上まで上がり 湖や山頂をスナルのクレーター側から見ようと朝6時前に出発

林の中をゆるゆると進んでいくと 西の空にはまだ満月さんがいました。

a0310535_14542851.jpg
ここから上は木もまばらな標高になってきたので 一気に視界が広がって はるか下に海も一望できるように
同時に太陽もサンサンとてりつけてくるから 暑いーーー(笑)やっぱり森の中は歩きやすかったよ。

a0310535_14545215.jpg

a0310535_14571441.jpg
写真じゃわかりずらいけど眼下には雲の下に海も見えます! 森の涼しさと森林浴もいいけど やっぱり絶景も捨てがたい

a0310535_14550327.jpg
こちらの画像はパノラマ、PCで見ていただいてる方は画像クリックでけっこう大きな画面になります、迫力あるよ!


そして黙々と歩いて2時間ちょっと やーっとスナルのクレーターリム(2600m)に到達

a0310535_14572095.jpg

早起きしたおかげで 湖にもまだ雲はかかっておらず はっきりくっきり美しい姿を見ることができました!

a0310535_14572619.jpg
この画像もパノラマ撮影 クリックで大きな画面が開きますよ。

スナルからは上がり坂がスンバルンに比べて傾斜がゆるく 熱帯雨林の中を歩くので 途中眺めは期待できないものの 太陽の日差しであちーーということもなく 鳥のさえずりや たまに聞こえてくる水の音などを聞きながら歩け 最後はぱーっとひらけた2500mあたりからの絶景も見れるので 最近はスナルのクレーター側の往復のお客さんも多いんだとか。
せっかくロンボクまではるばる来たんだったら 山頂もと思ったりもしますが 日程がそれほど長く取れない 山歩き初心者なら これでもいいかも?と思いました。

ちなみに うちの旅行社 ランガウィサタでは ほぼ希望がないのでウェブサイトには スナルのクレーターリムの往復1泊2日の文字はありません。
行ってみたいかも?という方は http://jalan2lombok.com/Inquiry.html に ブログで見ましたよ!とお問合せくださいねー。

a0310535_14582100.jpg

ここから カルデラ湖のあるクレーターの中を下っていきます。


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。
インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by bagus_lombok | 2016-10-04 15:07 | ツアー | Comments(0)